Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月31日

看護師さんこそ看護が必要?|怖いと思った瞬間3つ

看護師さんを見ていると、看護師さんのほうが看護を必要としているのではと感じる時があります。看護師の仕事は、休みにくくてストレスを感じやすい仕事です。今回は、看護師さんこそ看護が必要と感じる瞬間や看護師さんが怖いと感じる瞬間についてご紹介していきます。

看護師さんこそ看護が必要?|怖いと思った瞬間3つ

看護師さんこそ看護が必要?

いつも病気を患っている人の看護を行っている看護師さんですが、患者から見て看護師さんのほうが看護を必要としているのではと感じる時があります。看護師さんは夢の多い職業ですが、さまざまな人と接しているためストレスを感じやすいです。

また、行うべき仕事が多くいつでも忙しそうですので、ちゃんと休んでいるのか心配になることがあります。今回は、看護師さんこそ看護が必要と感じる瞬間や看護師さんが怖いと感じる瞬間についてご紹介していきます。

いつ帰っているのか心配

昨日の朝から遅くまでお世話になった看護師さんが、深夜にまた勤務しているという場合があります。看護師さんはいつでも看護をしてくれるありがたい存在ですが、いつ家に帰っているのかわからないと感じることが多いです。

他の職業であれば、勤務時間がしっかりと定まっていますが、看護師の仕事は準夜勤や夜勤など勤務時間がバラバラとなっています。いつでも優しく看護をしてくれる看護師さんだからこそ、ちゃんと家に帰ってしっかりと休んで欲しいと心配になる患者さんも少なくありません。

おかしな医師の元で働くつらさ

病気を患っている時には頼りにしたいお医者さんですが、必ずしも良いお医者さんばかりとは限りません。お医者さんの中には高圧的で上から目線で物事を言う人や患者や看護師の話を聞きいれてくれないお医者さんもいます。

しかし、看護師さんはお医者さんに対して逆らうことはできません。個性的なお医者さんの下で勤務していかなければならない看護師さんは非常にストレスがたまるので、看護が必要と感じます。

無理して笑顔を作っている

看護師さんはどのような状況であったとしても、笑顔を心がける必要があります。看護を行うべき看護師さんが怖い表情をしていては、患者さんを不安にさせるので、患者さんの前ではいつでも笑顔でいることが看護師の務めです。

しかし、どのような人であっても辛いことがあった時や疲労が蓄積している時に笑顔を作ることは難しいです。無理して笑顔を作っている看護師さんを見ていると看護師さんにも看護が必要だと感じます。

わがままな患者さんでストレスが溜まってる

看護師さんやお医者さんに対して従順な患者さんばかりであれば、そこまで苦労はしませんが、病院に来る患者さんの中には、わがままな患者さんも少なくありません。

看護師さんはどのような患者さんにも適切な対応をしなければならないので、ストレスがたまってしまうことが多いです。

熟練した看護師さんは、患者さんにどのようなことを言われても丁寧な対応をすることができます。わがままな患者さんを相手にしている看護師さんを見ていると、癒しが必要だと感じます。

身体の疲れ

看護師さんは、横柄なお医者さんやわがままな患者さんに振り回されて精神的に疲れてしまうだけでなく、身体的に疲れてしまうことも多いです。

目にクマができていたり、疲労でふらふらしてしまっている看護師さんを見ていると、自分よりも看護師さんの看護をしてあげて欲しいと感じる患者さんも少なくありません。

仕事が忙しいので身体に疲れがたまってしまうのは仕方がないことですが、お休みの日はゆっくり休んで元気な顔を患者さんに見せてあげることも看護師の務めです。

看護師怖いと思った瞬間3選

看護師さんに対して心配することも多いですが、看護師さんを怖いと感じる患者さんも少なくありません。

看護師さんを怖いと感じる瞬間としては、新人の看護師さんに対して、ベテランの看護師さんが叱っている時や看護師さんを呼んでも返事がない時などがあげられます。看護師さんのことを怖いと感じる瞬間についてくわしくご紹介します。

怖い瞬間1:新人に怒るとき

ベテランの看護師さんが新人看護師さんを叱っている場面を見たことがある人は、意外に多いです。そこまで強く叱らなくても良いのにと感じる患者さんもいます。看護師さんの仕事は、気を抜いてしまうと人の命に関わってしまうことがあるので、強い口調で叱ってしまう看護師さんがいます。

しかし、患者さんがみている前で強く叱ってしまうと、新人看護師さんの意欲を削ぐだけでなく、患者さんの不安を煽ることにもなるので好ましくありません。新人看護師さんの指導をするのであれば、なるべく角が立たないように注意するのが良いでしょう。

怖い瞬間2:呼んでも返事がないとき

看護師さんを呼んでも返事をしてもらえなかった時に、看護師さんに無視されて怖いと感じる人がいます。看護師さんの中にはわざと無視をして返事をしないという人もいますが、忙しいので呼んでいること自体に気づいていないという可能性も高いです。

看護師さんを呼んでも返事がない時は、少し手が空いた状況になってからもう一度声をかけてみたり、他の看護師さんを呼んでみるようにしましょう。

怖い瞬間3:お薬が違った時

入院している患者さんの場合、看護師さんからお薬をもらうことがあります。薬の袋に違う人の名前が記載されていたり、明らかにいつもと違う薬を渡されると怖いと感じます。

看護師さんも人間ですので、全くミスをしないというわけではありません。しかし、薬によっては副作用によって症状が悪化してしまったり、命に関わることもありますので、いつもの薬と少しでも違うと感じる場合であれば、看護師さんやお医者さんなどに聞いてみるようにしましょう。

本当は優しい看護師さん

看護師さんは命に関わる仕事をしているので言い方がきつく、怖かったり厳しいと感じる時もありますが、優しい看護師さんも多いです。

患者さんのことを考えているからこそ言い方がきつくなってしまうともいえます。優しさだけでなく、強さも兼ね揃えている看護師さんだからこそ安心して身を任せることができます。

仕事が辛いと感じるのであれば転職も考えよう

看護師さんの仕事は、身体的にも精神的にも辛いことが多く、並大抵の覚悟ではこなすことができません。その中でも、仕事場自体に問題があったり、人間関係が悪い職場であればストレスが余計にたまってしまいます。

無理をしても身体を壊してしまうだけですので、職場の環境が悪いと感じるのであれば、転職を視野に入れて考えるようにしましょう。

Related