Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月25日

看護師が夜勤をつらいと思う理由・看護師におすすめの転職サイト

看護師の仕事についてどのくらい知っていますか。シフト勤務で夜勤がある、重労働である、需要があるということは多くの人が知っていることでしょう。この記事では、看護師が夜勤をつらいと思う理由や看護師におすすめの転職サイトについて紹介していきます。

看護師が夜勤をつらいと思う理由・看護師におすすめの転職サイト

看護師の仕事について

看護師が夜勤をつらいと思う理由・看護師におすすめの転職サイト

看護師の仕事についてどのくらい知っていますか。シフト勤務で夜勤がある、重労働である、需要があるということは多くの人が知っていることでしょう。この記事では、看護師が夜勤をつらいと思う理由や看護師におすすめの転職サイトについて紹介していきます。

看護師の仕事は患者の命を預かる重要な仕事です。看護師になるには多くの技術や知識が必要で国家資格を取得する必要があります。

看護師はシフト勤務

看護師の多くはシフト勤務をして働いています。病院に入院する患者を24時間お世話するために夜間にもシフトを組んで働いています。

一般的な看護師のシフトは日中働く「日勤」、夕方から深夜にかけて働く「準夜勤」、深夜から朝方にかけて働く「深夜勤」の大きく3つです。看護師には技術や知識だけでなく、体力やシフトに適応できる能力が必要になります。

看護師にとって夜勤とは

看護師が夜勤をつらいと思う理由・看護師におすすめの転職サイト

看護師にとっての夜勤について考えていきましょう。多くの一般的な職業では夜勤はないため、看護師の夜勤というシフトは珍しいことです。そのような夜勤の制度に対し、看護師はどのように感じているのでしょうか。

患者の心や命に寄り添う宿命のある看護師は、責任感を持って働いています。誰もが一度はお世話になったことのある看護師の仕事についてさらに深く知っていきましょう。

夜勤手当の相場

夜勤の手当は通常勤務の25%増しの賃金になります。これは労働基準法によって定められており、22時~5時の時間帯は通常勤務よりも多くの賃金を稼ぐことができます。

体力的に厳しい看護師の仕事ですが、金銭的には裕福な人が多いです。そのため看護師の資格を取得したいと希望する人は大勢いますし、看護学校や看護専門の大学も多数存在しています。

夜勤以外につらいと思う業務

生活リズムの崩れてしまう夜勤の業務は看護師の仕事の中でつらいと感じることの1つです。しかし他にも看護師にとって夜勤以外につらいと思う業務も多数あります。

夜勤以外につらいと思う業務としては、立ち仕事であること、さまざまな性格の患者や医師と関わること、人の死に関わることなどが挙げられます。看護師の仕事は、精神的にも体力的にも大変でつらい仕事です。

看護師の夜勤がつらいと感じる理由

看護師が夜勤をつらいと思う理由・看護師におすすめの転職サイト

看護師の夜勤がつらいと感じる理由について確認していきましょう。看護師の夜勤のつらい詳しい理由を紹介していきます。

医師よりも患者のそばで寄り添って命と向き合う仕事である看護師の仕事は重要なことです。入院患者の対応や緊急搬送されてくる患者の対応に追われる夜勤の業務について詳しく知っていきましょう。8つの理由を確認していきます。

ハードな勤務体制

1つ目の看護師の夜勤がつらいと感じる理由は「ハードな勤務体制」です。夜勤勤務のある看護師は生活リズムが崩れるため、体力的につらいです。

普通、夜になると眠るところを昼のうちに仮眠をとって夜に働くのが夜勤です。そのため慣れていないと睡眠不足になってしまったり疲れが取れにくくなってしまったりして体力的に限界がきてしまうことがあります。

責任が重い

2つ目の看護師の夜勤がつらいと感じる理由は「責任が重い」です。夜勤では日中よりも少ない看護師の人数で患者の管理をするため、その分責任が重くなります。

夜になると不安定になる患者も多いため、看護師は一層の注意が必要です。昼とは違う緊張感や責任感がのしかかるため、夜勤で務めるということはそれなりの覚悟か必要となります。

休憩がしっかりとれない

看護師が夜勤をつらいと思う理由・看護師におすすめの転職サイト

3つ目の看護師の夜勤がつらいと感じる理由は「休憩がしっかりとれない」です。夜勤は少人数で行っているので休憩が取りにくくなっています。

日中働く場合に昼休みがあるように夜勤で働く場合も休憩の時間はあります。しかし、少人数で1人あたりのやることが多いため、ゆっくり休むことができにくいです。緊急で患者に呼ばれるイレギュラーも多い夜勤では休憩の取得が難しいことも多いです。

生活リズムを整えるのが難しい

4つ目の看護師の夜勤がつらいと感じる理由は「生活リズムを整えるのが難しい」です。夜勤のシフトが入ると生活リズムに慣れるまで時間がかかります。

看護師は毎回夜勤の勤務をするわけではなく、日勤や夜勤を混合させながらのシフト勤務を行っています。毎日の睡眠時間帯や勤務時間帯が異なるため、不規則な生活リズムに困惑することでしょう。

当直医師への連絡

5つ目の看護師の夜勤がつらいと感じる理由は「当直医師への連絡」です。緊急事態が起こったときに当直医師への連絡は精神的につらいと感じる人が多いです。

医師として緊急事態に対応することは当然の職務ですが、現状で急に呼び出されることに不機嫌を示す人も多いです。そのような医師に対して連絡をすることにストレスを感じている看護師もたくさんいます。

残業が多い

看護師が夜勤をつらいと思う理由・看護師におすすめの転職サイト

6つ目の看護師の夜勤がつらいと感じる理由は「残業が多い」です。夜勤では緊急事態も多いため業務が時間内に終わらず、残業が多くなってしまいます。

通常の業務に加えてイレギュラーなことも多い夜勤のため、日報の入力などの業務が残業となってしまいます。日勤の人に引き継ぎをしてから事務処理を行ったり資料を作成したりという人もいます。

夜勤を苦手な人とする時

7つ目の看護師の夜勤がつらいと感じる理由は「夜勤を苦手な人とするとき」です。苦手な人と夜勤勤務のシフトに入ったとき、仕事がやりにくかったりストレスが溜まったりしてしまいます。

少人数で行う夜勤のため苦手な人との組み合わせになってしまうと、仕事がはかどらなかったり意思疎通が取りにくかったりします。緊急事態も多い夜勤のため、苦手な人という意識を持たず同僚として付き合うことが大切です。

体力的な限界

8つ目の看護師の夜勤がつらいと感じる理由は「体力的な限界」です。生活リズムや体調にも影響の出る夜勤勤務は、体力的な限界を感じさせることもあります。

生活リズム慣れることができなかったり体調を崩したりしているときに夜勤勤務になると体力的な限界がきて辛いと感じてしまいます。しっかりと休息をしながら自分の体力とも相談して上司にシフトを決めてもらうようにしましょう。

つらい夜勤に悩む看護師におすすめ転職サイト

看護師が夜勤をつらいと思う理由・看護師におすすめの転職サイト

つらい夜勤に悩む看護師におすすめの転職サイトを紹介していきます。夜勤がつらく、体力的にも精神的にも厳しいと感じた人は転職をしたいと考える人も多いでしょう。

看護師を続けたまま自分の体力や生活環境にあった職場を多数ご紹介していきます。自分の経歴や自己PRを考えながら確認していきましょう。

転職サイト1.「看護プロ」

1つ目のつらい夜勤に悩む看護師におすすめの転職サイトは「看護プロ」です。「看護プロ」は看護師が選ぶ人材紹介会社利用満足度トップの評判がある転職サイトです。口コミや病院情報などが幅広く掲載されていて看護師として働くイメージが持ちやすいでしょう。

転職サイト2.「ジョブデポ」

2つ目のつらい夜勤に悩む看護師におすすめの転職サイトは「ジョブデポ」です。「ジョブデポ」は求人計数が多いことで有名の転職サイトです。多くの病院の中から自分の働き方や経歴にあった病院を見つけることができます。

転職サイト3.「キャリアプレゼント」

3つ目のつらい夜勤に悩む看護師におすすめの転職サイトは「キャリアプレゼント」です。「キャリアプレゼント」は美容外科・美容皮膚科専門の転職をサポートする転職サイトです。美容意識の高い人のために働きたいと考えている人は多いです。その手助けをしたいという人はぜひこのサイトに登録してみましょう。

看護師の仕事のつらい部分について知ろう

看護師が夜勤をつらいと思う理由・看護師におすすめの転職サイト

いかがでしたでしょうか。看護師が夜勤をつらいと思う理由や看護師におすすめの転職サイトについて紹介してきましたが、参考になったでしょうか。

看護師は責任感の必要な職業です。看護師の仕事のつらい部分についてよく知りましょう。

Related