Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月12日

看護師が合コンに行く理由や注意点・男性からみた看護師のイメージ

看護師はモテる職業ですが、勤務形態が不規則で、女性の職場であることから出会いが少ないので、合コンに行く人も少なくありません。しかし、看護師という職業柄合コンで誤解されることもあります。今回は、看護師が合コンに行く理由や注意点についてご紹介していきます。

看護師が合コンに行く理由や注意点・男性からみた看護師のイメージ

看護師は出会いがない?

看護師が合コンに行く理由や注意点・男性からみた看護師のイメージ

看護師は、モテ職と言われる職業の1つです。しかし、看護師という職業は勤務形態が不規則で、女性の職場であることから出会いが少ないというデメリットがあります。一般女性の平均的な結婚のピークは20代前半~20代後半にかけてですが、看護師の結婚のピークは30代前半からと少し遅めであることが特徴です。

看護師は出会いがないので、合コンに行くという人も少なくありません。今回は、看護師が合コンに行く理由や注意点についてご紹介していきます。

看護師が合コンに行く理由

看護師という職業は、夜勤や準夜勤など他の職業と比べて勤務形態が不規則ですので、デートの時間などが作りにくい職業です。また、他の職業であれば、職場恋愛などの出会いの場がありますが、看護師の場合周囲は女性だらけですので、職場恋愛をすることもできません。

看護師という職業柄どうしても恋人が作りにくい環境にあるので、看護師は合コンに行く人が多いです。看護師としての仕事が忙しく、出会いを見つける時間が無いので、合コンに行かなければならないという看護師の人も少なくありません。

看護師が合コンを行う曜日

看護師が合コンを行う曜日としては、明確には決まっていません。看護師の仕事はシフト制で休みが決まっていることが多く、何曜日が休みと固定されていないため、おすすめの曜日などは決めることができません。

反対にシフトを出す時に調整をすると、どのような曜日でも行くことができるということでもあります。一般的に合コンが行われる曜日としては、金曜日や土曜日が多いですので、金曜日や土曜日に休み希望を出しておくと良いでしょう。

合コンをする看護師の注意点

看護師が合コンに行く理由や注意点・男性からみた看護師のイメージ

看護師さんが合コンに行く時には、注意しなければならない点がいくつかあります。看護師さんが合コンに行く時の注意点としては、白衣の天使のイメージに合わせるようにきれいめな服装で行くことや、医療用語や患者さんの悪口などを言わないようにすることなどです。

自分では間違ったことをしていないと感じていても、男性から悪いイメージを持たれてしまうこともあります。合コンに行く前に看護師さんが合コンに行く時の注意点を見直してみましょう。

看護師であることは言わない

看護師が合コンに行く理由や注意点・男性からみた看護師のイメージ

男性の中には、看護師と聞いただけで勝手なイメージを作り出す人がいます。看護師は優しくて面倒見が良い白衣の天使というポジティブなイメージを持っている人もいれば、反対に気がきつくて怖いというネガティブなイメージを持っている人もいます。

職業だけで勝手なイメージを持たれて、印象が悪くなるとせっかくの合コンを楽しむことができませんので、最初から看護師ということを言うのではなく、自分のことを十分に知ってもらってから話すようにしましょう。

白衣の天使のイメージに合わせる

男性は看護師と聞くだけで、「白衣の天使」をイメージします。一般的に看護師と関わる時は、病気など体調が悪い時だけです。具合が悪い時に優しくしてくれる女性を「白衣の天使」と感じてしまうのは無理ありません。

合コンで看護師が「白衣の天使」とはかけ離れた行動をとってしまっては、男性ががっかりしてしまう原因となります。優しくて面倒見が良いという「白衣の天使」のイメージを崩さないように行動しましょう。

服装はきれいめ

看護師さんの中には、自分へのご褒美としてブランド物を購入する人も少なくありません。しかし、合コンの服装をブランド物で固めてしまっていては、男性が引いてしまう原因になります。

ブランド物で固めてしまうと、金銭感覚がずれているので、付き合ったらお金がかかりそうと勘違いされます。合コンの服装は、シンプルできれいめにまとめて、清楚なイメージを目指すようにしましょう。

病院内のネタを話さない

看護師同士で合コンに参加する時には、仕事の話をしてしまいがちになります。看護師だからこそ知っているような、ちょっとした医療の雑学程度であれば問題はありませんが、病院に勤務している人しか理解できないような話や医療用語を話すのは控えるようにしましょう。

病院内のネタや医療用語を話されたとしても男性側は理解できないので、会話についていけずに合コンに飽きてしまいます。中には「仲間外れにされてしまったのではないか」と不安を感じる男性もいますので、注意するようにしましょう。

患者の悪口を言わない

看護師は、非常にストレスが溜まる職業です。患者さんの中にも、看護師の言うことを聞いてくれずに反抗する人や酷い暴言を吐く人もいます。しかし、患者さんの悪口を合コンで言うのは、悪いイメージが付くので控えるようにしましょう。

困った患者さんの話などは、同じ看護師同士であれば盛り上がることもありますが、男性からすると、「自分も入院した時にはこんな風に言われてしまうのか」という不安材料を与えることにしかならないので注意しましょう。

収入の話をしない

夜勤手当を多く貰っている看護師さんであれば、一般的なサラリーマンよりも収入が多くなってしまうことも少なくありません。そのため、自分のイメージを良くしようと収入の話をしてしまう人もいますが、反対に男性の自信を無くさせてしまう原因になりますので注意するようにしましょう。

収入のことは自分から積極的に話すのではなく、聞かれても具体的には答えないようにすることをおすすめします。

男性からみた看護師のイメージ

看護師が合コンに行く理由や注意点・男性からみた看護師のイメージ

男性から見た看護師のイメージとしては、優しくて面倒見が良い性格で、誰にでも気配りができるということに加えて、収入も精神的にも安定しているというイメージが多いです。

看護師さんにもさまざまなタイプの人がいますが、合コンでは男性が抱く看護師のイメージを裏切ることのないように行動することをおすすめします。男性に好意を抱かせてから自分らしさを出していくようにしましょう。男性からみた看護師のイメージについてくわしくご紹介します。

優しい

病院などで看護師さんに優しくされたことのある男性は多いです。そのため、男性は合コンでも看護師さんは優しいというイメージを持っています。中にはなよっとした男性に対して、強い口調で話してしまう人もいますが、合コンの場では優しく振る舞うようにしましょう。

面倒見がいい

看護師さんのイメージとして、面倒見が良い人があげられます。男性の中でも、女性に甘えたいと感じている人は、看護師さんなどの面倒見が良さそうな職業についている女性に惹かれることが多いです。合コンの中であっても、男性のオーダーを聞いてあげたり、積極的に行動するなど面倒見が良いイメージを崩さないように行動しましょう。

気配りができる

看護師さんは、患者さんにさまざまな治療を施したり、声掛けをして患者さんを安心させます。そのため、男性は看護師さんは気配り上手な女性であるとイメージしていることが多いです。

女性であれば、男性に甘えたいという女性も少なくありませんが、合コンでは、積極的に料理を取り分けたり、飲み物が無くなってきた男性に対して声をかけて、注文してあげたりと気配りを欠かさないようにしましょう。

精神的に自立した女性が多いイメージ

看護師さんは、他の職業の女性と比べて精神的に自立した女性が多いイメージを持たれやすいです。合コンでも自分の意見を求められた時には、有耶無耶にせずにはっきり答えるようにしましょう。

収入が安定している

看護師が合コンに行く理由や注意点・男性からみた看護師のイメージ

看護師だけでなく医療従事者と聞けば、安定した収入を持っていると男性は考えます。結婚しても共働きをする家庭も多くなっているため、安定した収入を持っている女性を求める男性は少なくありません。収入について自慢することは良くありませんが、安定した収入は武器になります。

休みが合わなそう

看護師さんは夜勤など勤務形態がバラバラであることが多いので、休みが合わなさそうと感じている男性も少なくありません。仕事の休みについて聞かれたら、休みを合わせることができることや空いている日程について話しておきましょう。

看護師ということを活かして合コンを楽しもう

看護師が合コンに行く理由や注意点・男性からみた看護師のイメージ

看護師さんは、合コンで職業を言うだけで勝手にイメージ付けされてしまうので、自分らしさを出しにくいという欠点があります。しかし、看護師であることを活かして合コンで有利に立つことができます。

男性は、看護師のことを「白衣の天使」だと感じているので、良いイメージを崩さないように振る舞うことができれば、出会いのチャンスをつかむことが可能です。看護師という職業を活かして合コンを楽しんでみましょう。

Related