Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月27日

東京オリンピック2020に看護師として参加できる?|好条件で働く方法

東京オリンピック2020の開催に向けてさまざまな準備が進められています。オリンピックに関わりたいと考えている看護師の方もいらっしゃるのではないでしょうか。好条件で働くための方法や、ボランティアとして参加する際に求められる人材についてご紹介します。

東京オリンピック2020に看護師として参加できる?|好条件で働く方法

東京オリンピック2020に看護師として参加できる?

東京オリンピック2020に携わることができれば素敵な思い出になるでしょう。オリンピックに携わるという経験は誰もができることではありません。看護師として東京オリンピック2020に参加したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

どのような方法で参加することができるのでしょう。また看護師の求人には何が求められるのでしょうか。今回はオリンピックにおける看護師の求人やサイトについてご紹介していきます。

東京オリンピック2020

東京オリンピック2020は2020年7月24日から8月9日まで17日間に渡って開催される予定のオリンピック競技大会です。東京でのオリンピック開催は1964年以来の56年ぶりとなります。

そんな記念すべき東京オリンピック2020に、看護師として参加するためには「ボランティアとして参加する」「オリンピック指定病院に就職する」という2つの方法があります。場合によっては看護師求人サイトを使ってみましょう。

ボランティアとして参加する

オリンピックにはボランティアの求人があります。看護師のボランティアは無給での参加となります。約1ヶ月に渡って働くことになります。これはオリンピックの準備期間もボランティアに参加する必要があるためです。

約1ヶ月ボランティアに参加するということは職場で休みをもらう必要があります。また無給のボランティアとはいえオリンピックに携わりたいという看護師は多いでしょう。誰もが気軽に参加できるわけではありません。

オリンピック指定病院に就職する

オリンピック指定病院に就職するという方法もあります。オリンピック指定病院は東京都内や周辺地域の病院です。地方のオリンピック協力病院では東京以外の会場のサポートが予定されています。

オリンピックが開催される前にオリンピック指定病院に就職しておくことも視野に入れるといいでしょう。しかし就職難易度は非常に高いため看護師求人のサイトを活用するといいでしょう。好条件で検索できるサイトがオススメです。

看護師のボランティアで必要とされる人は?

オリンピックのボランティア求人では、どのような看護師が優遇されるのでしょうか。オリンピックの求人は、外国人と意思疎通ができることが求められます。

看護師ボランティアの募集人数はまだ公開されていませんが、看護師としての経験を積みたいなどの理由から多くの看護師が参加を希望することが予想されます。看護師のボランティアは看護技術が必要となるのはもちろん、語学力も求められる傾向があるでしょう。

語学力・コミュニケーション

オリンピックの求人で求められることは「語学力」「コミュニケーション能力」です。これは看護師以外の求人にも求められることでしょう。こちらでは「英語が話せる」「英語以外の語学力がある」「コミュニケーションがとれる」という3つの条件について詳しく解説していきます。

特にオリンピック指定病院の就職を狙っている方は、競争率が高いため必要条件を知って効率的に就職活動ができる求人サイトを利用しましょう。

求人1:英語が話せる

オリンピックの看護師求人では「英語が話せる人」が必要とされます。しかし英語である程度の意思疎通がとれる人は多くいます。もちろん英語ができるということはアピールポイントになりますが、具体的にどのくらい英語ができるのかアピールできるといいでしょう。

オリンピックのボランティアに求められる語学力の基準は「英検2級程度」だという声が多く見受けられます。TOEICに換算すると「550点程度」だといえます。

求人2:英語以外の語学力がある

オリンピックの看護師求人では「英語以外の語学力がある人」も必要とされます。東京オリンピック2020のボランティア求人では積極的に応募していただきたい方の項目に「英語やその他言語のスキルを活かしたい方」という条件があります。

例えば英語以外の「中国語」「韓国語」などの語学ができる人は大きなアピール材料となるでしょう。英語が話せる人に比べると英語以外の語学力がある人は著しく不足しているといわれています。

求人3:コミュニケーションがとれる

オリンピックの看護師求人では「コミュニケーションがとれる人」も必要とされます。実際にはオリンピックのボランティアに参加するために語学力が必須というわけではありません。しかし語学スキルがある人に比べると不利になる部分はあるでしょう。

しかしコミュニケーション能力もとても大切です。語学力にたどたどしい部分があっても、親身になって対応できるスタッフは必要だといえるでしょう。

東京オリンピックで看護師として好条件で働く方法

東京オリンピック2020において看護師として働くことができるのは、オリンピック指定病院とオリンピック協力病院のみです。競技場やスタジアムから近い病院が指定されていて、オリンピック期間中の選手のケガや病気に対応できるよう求められています。

また東京都では既に外国人患者向けの医療サービスに力を入れていて、タブレット端末を使った問診システムや語学研修をしています。その中で就職に向けて動く必要があります。

好条件の目安

看護師の求人における好条件とは何を参考にしたらいいのでしょうか。求人の目安になるものとして挙げられるのは給料・勤務体勢・仕事量です。好条件の看護師求人は非公開になっていることが多いということをご存知でしょうか。

非公開求人は看護師求人サイトを利用することで情報を得られることがあります。一般的な大手企業のようにオリンピック指定などの大病院は一部の求人サイトのみでしか情報を得られない場合があります。

看護師転職サイトの求人

ここからはオリンピックの看護師求人を探す上で参考になる看護師求人サイトをご紹介します。看護師としてオリンピックに携わることができるということ以外にも、給料・勤務態勢・仕事量などの条件も気になるのではないでしょうか。「ジョブデポ看護師」「ナースJJ」「看護プロ」の3つのサイトについてそれぞれ特徴を解説していきます。

看護師転職サイト:ジョブデポ看護師

1つめのサイトは「ジョブデポ看護師」です。こちらの求人サイトは厚生労働省許可ということで安心して転職活動をすることができます。ジョブデポ看護師は「お祝い金制度」があります。

こちらのサイトは一定の条件をクリアして就職することでお祝い金を受け取ることができます。転職コンサルタントの質は個人差があるという声が多く見受けられますが、お祝い金を受け取れるメリットを感じて利用して良かったという声も多いです。

看護師転職サイト:ナースJJ

2つめのサイトは「ナースJJ」です。こちらの求人サイトは医療業界の中でも早い段階で人材紹介業を始めているため求人数に期待できます。求人数が多いと比較しながら就職活動を行うことができます。

こちらのサイトも就職が決まれば一定の条件に基づいて「お祝い金」を受け取ることができます。転職コンサルタントと話が合わないという声も見受けられますが、多くの医療機関の求人を閲覧できることから人気のサイトです。

看護師転職サイト:看護プロ

3つめのサイトは「看護プロ」です。こちらの求人サイトは転職後のサポートがきちんとしているという声が多く見受けられます。求人を紹介した看護師に対してのアフターフォローが提供されているそうです。こちらのサイトも就職が決まれば一定の条件に基づいて「お祝い金」を受け取ることができます。

関東や東海地域以外の求人数が少ないという声が見受けられましたが、転職後のサポートが充実していることから人気のサイトです。

東京オリンピックに看護師として参加してみよう

オリンピックに看護師として参加してみたいという気持ちがある方はできることから始めてみましょう。今から勉強を始めれば「英検2級程度」の語学力を習得することもできるでしょう。日頃から患者さんに接している看護師はコミュニケーション能力もあるでしょう。

オリンピック指定病院の就職を考えている方は、まず看護師求人サイトに登録してみてはいかがでしょうか。複数のサイトに登録すれば就職のチャンスも増えるでしょう。

Related