Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月20日

看護師が転職で求人合同説明会に参加するメリット・デメリット

看護師の合同説明会は、就職や転職を探している人にとって役立つ場所です。しかし看護師の合同説明会ではどのような事が行われているのか、分からない人もいるでしょう。そんな説明会について紹介しています。就職や転職などで利用してみましょう。

看護師が転職で求人合同説明会に参加するメリット・デメリット

求人合同説明会とは

看護師が就職や転職を考えた時、どのように情報を集めるかはそれぞれ違います。多くの人は一人で情報を集めていますが、それでは限度があります。本当に就職したい職場に、就職や転職ができない可能性があります。

求人合同説明会とは、看護師の求人を多く収集ができる場所です。大きな会場を貸し切り、決められているブースにそれぞれの病院の関係者が来られています。そこで、実際に話を聞いたり、質問などがあれば聞いたりして納得した就職や転職先を探すことができます。

どのような人が説明会に参加するの?

説明会では、気になる病院の情報を集めることができます。就職や転職する時に行う面接とは違います。しかしその病院に就職や転職をしたいという気持ちが変わらないのであれば、自分を印象付ける場所としては良い場所です。

説明会は、全国で行われているので気になる人は参加することができます。求人サイトや看護学校で掲示されるポスター、病院のホームページなど看護師関係のサイトなどを見ると目にすることがあります。

看護師の説明会では、新卒でも転職を希望している人も参加することができます。ただ、説明会によっては予約が必要だったり定員があったりすることもあるので説明会に行く場合には確認が必要です。

説明会の中には、転職者向けの説明会もあるのでよく探してみましょう。この場合には、転職を考えている看護師のみが参加できます。

看護師が転職する際に合同説明会を使うメリット

看護師が転職をする際に説明会を使うメリットとしては、大きく分けて3つあります。それは、次のようなメリットがあります。

・多くの病院の情報を集めることができる
・希望の職場を見つけることができる
・全国で説明会が行われている

多くの病院の情報を集めることができる

合同説明会では、多くの病院や医療関係の人たちが集まっています。これは説明会でなければないことです。説明会では何か所でも、自分の興味のある場所に行くことができます。

人によっては、せっかくだからと全てのブースに行く人もいます。訪問数は決まっていないので自由です。病院や医療関係の人たちも「説明だけでもぜひ来てほしい」と考えています。

どの就職や転職先を選ぼうかと悩んでしまいますが、せっかくの説明会というチャンスなので、しっかり説明を聞き情報を集めましょう。

看護師の説明会に行く前に希望している病院などの情報を集めておくと、説明会に行った時に気になっている情報を質問できて、さらに詳しく知ることができます。

希望の職場を見つけることができる

看護師の説明会に集まっている病院や医療関係者は、主に大きな病院です。よく聞くことのある病院や名前の知られている、大きな病院が参加していることが多いです。

看護師としてスキルを身に付けたい、レベルアップしながらやりがいのある仕事に就きたいいう場合には、大きな病院を就職や転職先に選びたいという人もいるでしょう。しかし看護師の説明会でなくては、多くの病院が集まることはなかなかありません。

そこで情報を集めるために参加して関係者と、顔合わせをするだけでも意義はあります。希望している職場が自分に合っているかは、実際に入職してみなくてはわかりません。しかし希望する職場を見つけたい看護師にとっては、便利な場であるのは間違えないです。

運が良い人は説明会に参加して、希望の職場を見つけた人もいるでしょう。まずは希望する職場を見つけましょう。

全国で説明会が行われている

看護師の説明会は、大きな都道府県しかしていないということはなく、全国で行われています。看護師として自分の地域で働くのも良いですが、他の地域に行き働くというのも選択肢の一つです。

看護師の資格を持っていることで、どこでも働くことができます。自分の住んでいる地域だけではなく、他の地域の看護師の説明会に参加してみると、自分に合った就職や転職先が見つかることもあります。

他の地域では、どのような病院で看護師として働ける場所があるのかが、分からないこともあるでしょう。そのような意味でも、看護師の説明会は就職や転職をする時に役立ちます。

看護師が転職する際に合同説明会を使うデメリット

看護師の転職をする際に説明会を使うデメリットとしては、主に4つあります。それは、次のようなことです。

・看護師の説明会の日が決まっている
・時間が決まっている
・職場の内情がわからないことがある
・看護師として誰にも知られずに転職を考えている場合、転職していることを知られる可能性がある

看護師の説明会の日が決まっている

説明会の日は、毎日あるわけではありません。参加したい人の日程を合わしていると、病院側の都合もあるのでいつまでたっても開催することはできません。そこで、開催日が決まっています。

それは、決まった日の1日のみと言うことが多いです。新卒であれば日程は合わせやすい可能性はありますが、参加したい人が日程を合わせるのは大変なこともあります。それは、転職を考えている場合です。

働きながら転職先を探すとなると、日程が限られており急には休めません。日程が早めにわかっているのであれば、早めに休み希望などを出しておいた方が良いです。

時間が決まっている

説明会は時間が決まっており、説明を聞いていると時間が取られます。それは人によって違いますが、長い人は半日以上は会場にいることもあります。

その日が休みの日で何も予定がなければ良いですが、例えば転職を考えている看護師で休みは取れなかったけれど夜勤なので日中だけ来られたという場合には、長時間会場にいることが難しいこともあります。限られた時間の中で、必要な情報を集めることは大変です。

前もって情報を調べられれば良いですが、転職を考えている人には忙しく難しいこともあります。時間が決められていることは予定が立てやすく良い事でもありますが、時間が決められていることが人によっては悪いこともあります。

職場の内情がわからないことがある

説明会ではさまざまな情報を集めることはできますが、大まかな事や良い場面ばかりしか情報が集められないことがあります。

実際に働くのは説明を聞きに行った人たちなので、、良い事ばかりが聞きたいわけではありません。働く上でどのようなメリットやデメリットがあるのかなど、詳しく説明してくれる職場だと安心することができます。

新卒で働いた経験がない場合には、メリットだけを参考にする人はいるでしょう。しかし転職を考えている人は、今までの職場はメリットを多く言っていたけれど、デメリットも大きかったという詳しい内情をある程度は知っています。

内情を知ることは、働いてみなくてはわからないこともあるので、必ずしも説明会で全てを知ることはできないでしょう。また病院で一緒に働く人を募集しているので、デメリットはなかなか言いたがらないこともあります。

転職を考えていることが知られる可能性がある

さまざまな理由で転職を考えている人はいるでしょう。しかし現在働いている場合、転職をすると職場に伝えることは、職場も良い顔はしないし認めない可能性もあります。職場に秘密にしたまま転職を考えていて、誰にも相談ができないケースがあります。

働きながら転職先を考えていると、時間のやりくりをして転職先を探さなくてはいけません。時間を有効に使うためにも、説明会を利用します。

その説明会に、働いている職場の関係者が来ている可能性もあれば知り合いがいる可能性もあります。そのような場合に、転職活動をしていることが知られてしまう可能性があります。

説明会を使わずに転職する方法

看護師の転職をする時に、説明会に必ず参加しなくてはいけないのかと言えば、そのようなことはありません。説明会を使わずに、転職をする方法もあります。それは、個人で探して応募する方法です。

看護師関係の求人は、看護師専用の求人サイトなどだけではなく、数は少ないですがさまざまな人が目にする広告やホームページなどでも求人が載っています。

その情報を参考に看護師の転職先を選び自分で、連絡や面接の日時などを決めていかなくてはいけません。

合同説明会がやっている時期

新卒の場合、看護師の就職活動は看護師の資格をまだ取得していない時に行われます。そのため面接を受ける時点では、まだ看護師ではありません。看護師になる予定の人です。

まずは先に就職先を決めます。その後で看護師の国家試験を受け、合格するとそのまま就職することができます。しかし不合格になってしまうと、就職先が決まっていても入職はできません。説明会がある時期も、新卒が就職活動を行う時期にあります。

説明会での服装

看護師の説明会では、就職や転職をしたいという人が集まります。その説明会に、どのような服装で行けばいいのか悩む人はいるでしょう。面接ではないとは言え、悩んでしまいます。

看護師の説明会は面接ではありませんが、スーツで行くと良いです。説明会に参加している病院や医療関係者がスーツで着ているのに、参加している人が普段着で来ることは失礼になります。

社会人として、看護師としてそのままの姿でもすぐに働けるような姿が良いです。ヘアカラーやネイルなども派手な物にせず、色を抑えましょう。

看護師が上手に合同説明会を使うには

合同説明会は、病院や医療関係など雇う側のためにあるわけではありません。もちろん入職してもらいたいとは考えているでしょう。しかしメインは職場を選ぶ側のためにあります。

どのような職場で、どのように働くのかなどを見て決めるには良い機会です。説明会は時間を取るからと、参加しないのは損をすることもあります。さまざまな職場の人たちが来て、ゆっくり話を聞けることはなかなかありません。

ただ、どのような職場があるかを見て回るだけではなく、積極的に話を聞き情報を集めることも上手く使うコツです。説明会を上手く使い、希望する職場を見つけましょう。

合同説明会に参加してメリットを活用しましょう

紹介してきたように、看護師にも合同説明会があります。ほとんどの場合、看護師であれば参加するのに制限はありません。就職や転職を考える人にとって、多くの職場を知る良い機会です。

1人で就職先や転職先を探すのも良いですが、忙しくてなかなか情報が集めることができない人にとって、合同説明会を利用することは良い選択です。しかし前述したようにメリットもあればデメリットもあります。

大切なことはメリットに目を向けて、それを活かすことです。説明会に参加することは、メリットを得るための第一歩です。前向きに参加を検討しましょう。

Related