Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月17日

看護師が良い転職先を見つける方法|転職先で活躍する方法

看護師が活躍できる転職先はどんなものが考えられるでしょうか?看護師は転職の多い職業ですが、看護師の転職先は病院とは限りません。他にもさまざまな転職先がありますので、それらを知って看護師としての可能性を広げていきましょう。

看護師が良い転職先を見つける方法|転職先で活躍する方法

看護師が良い転職先を見つけるためには?

看護師が良い転職先を見つける方法|転職先で活躍する方法

仕事には向き不向きがあり、就職した職場で必ずしも活躍できるとは限りません。仕事との相性が悪ければ活躍することはできませんし、そこで成長することもできません。看護師であってもそれは同じで看護師になってみたものの、病院での仕事との相性が悪く、転職を考える場合もあります。

看護師は転職が多いことでも有名な職業であり、転職すること自体はそれほど珍しいことではありません。転職によってより良い職場を見つけることができる場合もありますし、転職先によっては看護師としてさらにスキルアップできる場合もあります。

どんな場合でも転職を成功させるためには、良い転職先を見つけることが欠かせません。看護師が良い転職先を見つけるためにはどんなことに気をつければいいのでしょうか。

転職先のイメージを決める

看護師が良い転職先を見つけるためには、転職先のイメージをしっかりと決めておくことが大切です。転職活動は闇雲に行ってもいい成果を得ることはできません。どんな職場であれ長く働くことができるか、働いているイメージができるか、活躍できそうかなどをしっかりとイメージすることが大切です。

世の中には膨大な数の病院や企業があり、しっかりと探せば自身のイメージに合う転職先は必ず見つかります。転職先のイメージのないままに転職活動を行うことが、手探りで闇の中を歩くこと同じですので、転職先については必ず明確なイメージを作り上げておくことが大切です。

またこの時点で看護師として転職するのか、看護師以外で転職するのかも決めておきましょう。

看護師として転職する

看護師として転職する場合には、転職先でどんな看護師として働きたいか、成長したいかを考えることが大切です。看護師の転職先は病院だけに限らず、クリニックや企業、学校などさまざまです。

看護師は病院が違えば環境や得られるスキルや知識なども違いますが、どの業態で勤めるかによっても変わりますので、転職先のイメージの中からどれが一番イメージに合うのかを選んでいきましょう。

また同じ病院であっても診療科が違えば業務内容も違いますし、労働環境なども大きく異なります。病院を転職先に選ぶ場合には、どの病院にするかも大切ですが、同時にどの診療科で働くかも大切ですので、自身のキャリアプランと相談しながら転職先を決めていきましょう。

看護師以外で転職する

看護師以外で転職するのであれば、転職先のイメージを決めるときに、どんな仕事がしたいのも一緒に決めておきましょう。一般の企業に勤めるのであれば、業種や職種はたくさんありますので、その中からどれを目指すのかを決めておくことが大切です。

また事務職など職種によってはさまざまな業界で同じ職種がある場合もありますので、職種を決めると同時にどの業界で働きたいのかもしっかりイメージしておきましょう。看護師と一般の企業は全く違っていますし、転職先のイメージを持つことも難しくはありますが、企業のホームページを見たり、企業の説明会に参加するなどでイメージを膨らませることもできます。

今ではネットでもさまざまな情報を集めることはできますので、じっくりと情報収集を行いましょう。

転職先に求める条件を明確にする

看護師が良い転職先を見つける方法|転職先で活躍する方法

看護師が良い転職先を見つけるためには、転職先に求める条件を明確にすることも大切です。転職先についてある程度イメージすることができれば、今度はそれをより具体的に考えていきましょう。

どんな仕事がしたいのかだけではなく、どんな条件で働きたいのか、職場の雰囲気に求めるものは何かなどを一つ一つ書き出していくといいでしょう。人によって転職先に求める条件は違いますので、まずは自身が転職先に求める情報を全て書き出していきます。

あまりに条件が多すぎる、理想が高すぎると転職先を見つけるのが難しくなりますので、条件と照らし合わせて、転職先を見つけにくいのであれば、少しずつ条件を削り、最終的にはこれだけは譲れないという条件に絞って考えていきましょう。

労働時間

転職先に求める条件としては労働時間が挙げられます。看護師の仕事は特に労働時間が長いことが多いので、転職先も同じ看護師の仕事なのであれば、注意してみるようにしましょう。求人情報を見れば労働時間については記入されていますが、残業の有無は記載されているか、看護師であれば夜勤は2交代制なのか3交代制なのかなど、詳細の条件まで確認しておきましょう。

労働時間は転職先によっても変わりやすいですし、じっくりと情報を集めることが大切です。しっかりと調べても不安や疑問が残るのであれば、面接時などに詳細を尋ねてもいいでしょう。看護師が転職を考える理由としては労働時間が長いことも挙げられますので、転職先でも同じ失敗をしないためにも事前に調べておきましょう。

仕事量

看護師が転職先に求める条件としては仕事量も挙げられます。看護師は仕事量が多く、それが原因で転職を考える人も多いので、転職先の仕事量はどれくらいなのかを確認しておくことは大切です。

転職先に求める条件としてはさまざまなものが挙げられますが、中でも仕事量が最も把握しずらい条件です。ネットや企業の説明会などで得られる情報には限りがありますし、転職前に具体的な仕事量を知るのは難しいです。仕事量を推測するポイントとしては残業時間が挙げられます。

求人情報にみなし残業としてすでに残業手当が給付されているのであれば、高い確率で仕事量は多いと言えます。もちろんこのやり方は確実ではありませんが、労働時間の長さからも仕事量を割り出すことは可能です。

人間関係

転職先に求める条件としては人間関係も挙げられます。看護師が仕事を辞める理由としては人間関係が問題であることも多く、人間関係は仕事をするにあたって重要な問題です。看護師に限らず、全ての仕事で人間関係は大切ですので、事前にしっかりと調べておきましょう。

ネットの情報や社風などからも職場の人間関係を知ることはできますが、もっと確実なのは実際に転職先の企業や病院に訪れてみることです。実際に働く人たちの動きや会話などを観察していれば職場の環境や人間関係を知ることができます。

人間関係だけではなく、職場の雰囲気も大切ですので、転職前にはできるだけ転職先を訪ねて、実際の職場の空気感を味わっておきましょう。

看護師が転職先として選ぶ主な職業は?

看護師が良い転職先を見つける方法|転職先で活躍する方法

看護師として転職する場合には大きく2つのパターンが考えられます。1つは看護師として別の病院やクリニック、診療科などに転職する場合ともう1つは看護師以外の職業に転職する場合です。

前者の場合は転職はそれほど難しいことはありません。看護師は人手不足の業界ですので、転職先をしっかりと選べば転職することはそれほど難しくはありません。後者の場合は一般の企業に転職することが考えられますが、選択肢はそれだけではなく、看護師の資格を活かして別の転職先を選ぶこともできます。

看護師の転職先は非常にさまざまですが、多くの看護師が選ぶ職業というものもあります。看護師が転職先として選ぶ主な職業はどんなものが考えられるでしょうか。

ツアーナース

看護師の主な転職先としてはツアーナースが挙げられます。ツアーナースは団体旅行などに看護師として同行する仕事であり、看護師の資格を活かしてできる職業でもあります。主な仕事はツアー客の健康管理です。

万が一体調を崩したときには看護にあたりますので、看護業務を行うことがあります。ツアーナースは仕事としてではありますが、ツアー客と一緒に旅行に出かけることができますので、旅行好きの人に人気の職業です。

看護師としての仕事に疲れ、お金を稼ぎながら旅行を楽しみたいとして転職先に選ばれることもあります。問題が起こればそれに対処しなければなりませんので、緊張感がいる仕事ですが、問題がなければ一緒に旅行を楽しむこともできます。

イベントナース

看護師が良い転職先を見つける方法|転職先で活躍する方法

看護師が転職先に選ぶ主な職業としてはイベントナースも挙げられます。イベントナースはマラソン大会や町内の集会や大規模なお祭りなどのときに看護師として働く仕事です。イベント中に体調不良車がでれば、その看護にあたるのが主な仕事です。

基本的には看護師として待機していますので、イベントを楽しむことはできませんが、会場の雰囲気などは楽しむことができます。仕事場は非日常的な空間が多いので、刺激を求めて仕事がしたい人に人気の転職先です。

イベントナースは単発の仕事も多く、時期によっては仕事があまりないこともあります。また待機時間も長く、忙しく動き回ることに慣れている人にとっては退屈に感じてしまうこともあります。

保育園など

看護師の主な転職先としては保育園などの看護師も挙げられます。保育園に転職するからといって保育園の先生をするわけではありません。基本的には看護師として働きますので、
園児の体調が悪くなれば看護にあたります。

保育園以外にも幼稚園や学校などさまざまな転職先がありますが、基本的な業務は同じです。保育園などであれば土日が休みの場合も多く、園児がいなくなれば仕事もありませんので、日勤がメインで夜勤はありません。

子供たちに癒されて仕事をすることができますし、看護師として働くので保育士や幼稚園教諭の免許を改めて取得する必要はありません。看護師としての責任感は必要ですが、穏やかな雰囲気で仕事が進むことも多く、人気の転職先です。

看護師が病院以外の転職先で活躍するには?

看護師が良い転職先を見つける方法|転職先で活躍する方法

看護師が活躍できる場は病院だけではありませんし、看護師の種類もさまざまありますので、幅広い場所で活躍することができます。しかし一般の企業を転職先に選ぶ場合はそうもいきません。

看護師は専門性の高い職業ですので、裏を返せば潰しが利きにくい職業でもあります。看護学校で看護師として必要なスキルや知識は身に付けていますが、一般の企業に必要なビジネススキルなどは身に付けていないことが多いです。

一般の企業に転職する場合では看護師の資格は役に立たないことが多いですし、そこで身に付けたスキルや知識も活用できない場合が多いです。しかし看護師は病院以外の転職先では活躍できないわけではありません。看護師は病院以外の転職先でも能力を活かして活躍することができます。

看護師として培ったコミュニケーション能力を活かす

看護師が病院以外の転職先で活躍するためには、看護師として培ったコミュニケーション能力を活かすことが大切です。看護師の仕事はただ淡々と業務をこなすだけではなく、患者と関わりながら仕事を進めていきます。

看護業務をスムーズに行うためには、患者とコミュニケーションを取ることは欠かせませんし、看護師は高いコミュニケーション能力が身に付いていることも多いです。コミュニケーション能力はどんな職業でも共通して必要な能力であり、それを活かすことで活躍することができます。

看護師の場合はコミュニケーション能力が高いレベルで身に付いていることも多いので、コミュニケーション能力が必要とされる転職先を選べば大きく活躍することができます。

サービス業などホスピタリティが必要な転職先

看護師としては培ったコミュニケーション能力を活かすことで、病院以外の転職先でも活躍することができますが、さらにサービス業などであれば活躍できる可能性も高いです。サービス業ではコミュニケーション能力だけではなく、相手をおもいやり、もてなすホスピタリティが必要です。

看護師は患者とコミュニケーションを取るだけではなく、患者が何を望んでいるのかを察知して動くことも多いので、観察力やホスピタリティが身に付いていることも多いです。看護師として培ったコミュニケーション能力、そして観察眼を活かしてホスピタリティを発揮することで大きく活躍できますので、サービス業などは看護師の転職先としておすすめです。

看護師の激務への耐性を活かす

看護師が良い転職先を見つける方法|転職先で活躍する方法

看護師が病院以外の転職先で活躍するには、激務への耐性を活かす方法も考えられます。看護師は激務でも知られている職業であり、看護師として働いているだけで激務への耐性や忍耐力が身に付いていることが多いです。

仕事をする上では忍耐力は大切ですし、看護師から一般の企業に転職する場合は未経験での転職になるので、他の人よりも業務の量をこなさなければ成長することはできません。看護師の仕事を経験していることで激務への耐性が身に付いており、多少の忙しさではへこたれることはありませんので、人よりも多くの仕事量をこなすことができます。

たくさんの仕事量をこなしていれば未経験でもすぐに成長できますので、転職先で活躍することもできます。

営業や飲食など体力が必要な転職先

激務への耐性を活かして、仕事量を多くこなして活躍することはどの業種でも可能ですが、特に営業や飲食などの仕事ではさらに活躍が期待できます。営業や飲食は忙しいことも多いですし、体力が必要な仕事でもあります。

看護師は長時間の立ち仕事にも慣れていますし、体力には自信がある人も多いです。普通であれば根を上げる業務でも看護師で培った忍耐力があれば耐えられることも多く、人一倍働くことで活躍することができます。

また営業や飲食などもコミュニケーション能力が必要な仕事ですし、体力や忍耐力と併せて、コミュニケーション能力を発揮すれば、大きく活躍することはできます。看護師は病院以外の転職先でも活躍できますので、前向きな気持ちで業務に取り組むことが大切です。

第二新卒の看護師が転職するには?

看護師が良い転職先を見つける方法|転職先で活躍する方法

第二新卒は新卒として就職したものの、1~3年程度で辞めてしまった人のことを言います。第二新卒は新卒と同じ扱いをされる場合もありますが、転職先によっては、すぐに仕事を辞めてしまっていることで、継続力がない、忍耐力がないとして転職で不利になってしまうこともあります。

看護師の仕事は大変なものですので、新卒で就職したにも関わらず、すぐに辞めてしまう人も多いです。看護師は離職率も高く、第二新卒が多い業界でもありますが、第二新卒が転職するにはポイントがあります。第二新卒は転職では不利になる場合も多いですが、転職の方法次第ではハンデを物ともせずに転職先を決めていくこともできます。

転職する理由

第二新卒が転職する理由としては、最初に勤めた病院の労働環境が悪い、あるいはレベルが高いなどが挙げられます。看護師は勤める病院によって労働環境が大きく変わりますので、より良い条件を求めて転職する人は多いです。

これは第二新卒に限ったことではなく、看護師全体としても言えます。また新卒で就職した場合は看護師の資格こそ持っているものの、現場ではまだまだ活躍できないことも多いです。

病院や診療科によっては新卒ではハードルが高い場合もあり、もう少しハードルを下げて働こうと考えて転職を考える場合も多いです。就職して早期に退職してしまえば第二新卒になりますが、退職の理由がどんなものであってもそれだけで転職が不利になることはありません。

転職する方法

第二新卒が転職する方法としてはさまざまなものがありますが、基本的には普通に転職する場合と大きくは変わりません。知人の紹介であったり、転職サイトを利用するなどで転職先を決めていきます。

看護師は人手不足の業界ですので、第二新卒であっても新卒と同じく採用してくれることが多いです。看護師としてブランクがあると採用を躊躇する場合も多いですが、離職後すぐであればすぐに雇ってもらえる場合も多いので、早めに転職活動を行うことが大切です。

また転職サイトには第二新卒の求人に強い転職サイトなどもあります。転職サイトの特徴もさまざまですので、それらを利用することでも有利に転職を決めることができます。

転職先が決まらない場合は?

看護師が良い転職先を見つける方法|転職先で活躍する方法

看護師は人手不足の業界ですので、看護師として転職することはそれほど難しくありません。また看護師以外の転職先であっても能力を活かせば活躍することはできます。看護師として、あるいは看護師以外の職業に転職する場合でも、自身の能力をアピールすれば転職することは可能です。

しかし必ずしも全ての転職活動が上手くいくわけではありません。転職する業種によってはハードルが高い場合もありますし、転職活動に慣れていなければ、効率的に転職活動を行うのが難しい場合もあります。

転職先がなかなか決まらないからといって諦める必要はありません。しっかりと対策をすれば誰でも理想的な転職先を見つけることはできます。

対策

転職先がなかなか決まらない場合は、しっかりと対策を行うことが大切です。転職活動が上手くいかない理由としては、転職への準備が不十分であることが考えられます。転職先のイメージや転職先の条件を決めるだけでは転職の対策としては不十分です。

そこからさらに企業や病院のことを調べたり、面接の対策などを行わなければなりません。転職には書類選考もありますので、履歴書を見直して、完璧なものを書き上げるなど対策することはいくらでもあります。

転職の対策はどれだけやっても充分ではありません。しっかりとベストを尽くして、念入りに対策することが大切です。

何度も挑戦する

転職を成功させるためには、しっかりと対策を行うことが大切で、さらに何度も挑戦することが大切です。仕事には向き不向きがあり、企業や病院にも相性があります。どれだけ対策していても相性が悪ければ採用されることは難しいです。

これは運の要素も強いので、相性が合わない場合は運が悪かったと諦めるしかありません。世の中には膨大な数の企業や病院がありますので、その中には相性の悪いものは必ず存在します。

しかし反対に相性が良い企業や病院も必ず存在します。転職活動はそれらに出会うためのものですので、しっかりと対策を進めながらも、相性の良い企業や病院に出会う確率を上げるためにも、何度も選考にチャレンジし、数を重ねることが大切です。

転職の軸を再確認する

転職が上手くいかないのは、転職の軸がぶれている可能性があります。転職の軸がぶれていると志望動機や自己PRなどにも信憑性が生まれませんし、転職先に対してやる気が伝わりません。

最初に設定した転職先のイメージや転職先に求める条件をもう一度確認し、どんな企業、病院で働きたいのかを再確認しましょう。どんな職場で働きたいのか、どんな風に働きたいのかなどの軸がぶれていれば選考に合格できないだけではなく、自身が本当に求める転職先を見つけることもできません。

良い転職先を見つけるには転職の軸は欠かせませんので、自身の望みを再確認して、転職の軸を明確にしましょう。

最後まで諦めないことが大切

看護師が良い転職先を見つける方法|転職先で活躍する方法

転職が決まらないからといって簡単に諦めてはいけません。諦めてしまえば転職を成功させることは絶対にできませんので、最後まで諦めることなく、転職活動を続けることが大切です。転職活動が上手くいかないのは必ず理由があります。

理由を見つけ、それを改善していけば、必ず転職先を決めることはできますので、簡単に諦めずにしっかりと転職活動を続けていきましょう。転職先が決まらないときこそ一度落ち着き、上手くいかない理由を考えましょう。転職を焦る必要はありませんので、自身のペースでゆっくりと確実に進めていきましょう。

油断も禁物

転職先を決めるには最後まで諦めないことが大切ですが、最後まで油断しないことも大切です。書類選考に合格し、最終選考にたどり着いたとして油断は禁物です。最終面接でも落とされることはありますので、最後の最後までしっかりと対策を進め、油断することなく面接に臨むことが大切です。

せっかく最終面接までたどり着けても最後に失敗すれば今までの努力はだいなしになります。それまでの苦労を無駄にしないためにも、合格の通知をもらい、転職先で働き始めるまで、決して油断のないようにしましょう。

転職の成功で未来は明るい

看護師が良い転職先を見つける方法|転職先で活躍する方法

看護師が良い転職先を見つけるためにはや看護師が転職する主な職業、看護師が病院以外の転職先で活躍するにはや第二新卒の看護師が転職するには、転職先が決まらない場合などを紹介しましたが、看護師は転職の多い業界ですので、転職すること自体はそれほど珍しいことではありません。

しかし転職は珍しくないものの、転職によって未来が変わることは事実です。転職する場合にはどこに転職するかによっても未来は変わりますし、転職を踏み止まった場合でも未来は変わります。どんな選択をしても自身が後悔しないことが大切です。

転職は成功すれば未来は明るいですので、転職するのであれば成功を目指して、前向きな気持ちで取り組みましょう。

今の職場は自分に合っていますか?

看護師に憧れて就職してみたけど、
看護師を辞めたくてしょうがない...
なんでかわからないけど、今の仕事が辛い...
と、思い悩んでいませんか?

ナースミルにも、仕事がつらいという悩み人間関係についての相談の声がよく寄せられてきます。

いまのままでいいのかな...?
みなさん、不安を抱えながら働いているようです。。

もし「辞めたい」とお考えの方がいましたら、相談するのに最適な看護師専門の転職エージェントを下記にご紹介します。まずは、あなたの状況を相談してみて、転職するかどうか決めてみましょう。

当然ですが、利用は完全無料です。もちろん、転職エージェントに登録したからといって必ず転職する義務はないので安心してくださいね。

Related