Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月16日

看護師が使える自己PR|新卒が採用されるための自己PR

看護師になるための自己PRの方法はご存知でしょうか?転職するためには自己PRは欠かせないものであり、それは看護師でも同じです。看護師として転職するのではあれば、看護師の能力を存分にアピールできる自己PRを考える必要があります。

看護師が使える自己PR|新卒が採用されるための自己PR

自己PRと志望動機の違いは?

看護師が使える自己PR|新卒が採用されるための自己PR

就職や転職するためには必ず選考を受ける必要があり、選考に合格することができなければ仕事に就くことはできません。選考は業界や企業、職種によって異なっていることが多いですが、どの業界や企業であっても自己PRは必ず求められます。

自己PRは履歴書でも求められますし、面接でも質問されることが多いです。看護師に限らず、転職を成功させたいのであれば必ず対策しておく必要があります。また自己PRと同じく、志望動機も転職のときには必ず必要になります。

それぞれ自身を売り込むために必要ですが、これを混同してしまうと採用担当者に好印象を与えることはできません。自己PRと志望動機は同じものではありませんので、それぞれの違いをしっかりと認識しておきましょう。

自己PRは自身の魅力を伝えるもの

自己PRは自身の魅力を伝え、企業に対して売り込んでいきます。どんな能力があり、それをどうやって活かして活躍できるかなどを伝えていくのが自己PRです。自己PRは企業に対して採用メリットを提示していきます。

就職したいという熱意を伝えることも大切ですが、それよりもいかに能力があるか、優れているかということを伝えていく必要があります。看護師になるための自己PRでは人間としてどんなことに優れているのかや、看護師としてどんなスキルがあるのかを伝えていくことが大切です。

自己PRは自身を売り込むものなので、事実に沿ってアピールしていくことが大切です。感情のままにアピールするのではなく、事実を提示して企業の評価を得ることが大切です。

志望動機はなぜそこで働きたいかを伝えるもの

看護師が使える自己PR|新卒が採用されるための自己PR

志望動機はなぜその企業で働きたいか、看護師であれば、なぜその病院で働きたいのかを伝えます。志望動機はあくまでそこで働きたいという熱意を伝えるますので、極端に言えば能力をアピールする必要はありません。

もちろん自身の能力を提示し、それを活かしたいからそこで働きたいとアピールを繋げていくことは可能ですが、基本的には能力を提示しなくても、働きたいという意欲を伝えていけば問題はありません。

志望動機は働きたいと考える理由ですので、なぜ働きたいと考えるのかを原体験などをもとにアピールしていくことが大切です。志望動機の場合は意欲を働きたいという意欲を伝えることが大切ですので、熱意を持ってアピールしていきましょう。

能力と意欲の違い

自己PRと志望動機の最大の違いは何を伝えるのか、その内容です。自己PRでは自身が採用メリットのある人材だということを伝えるために能力をアピールします。一方で志望動機ではなぜ働きたいのか、その理由やどれほど働きたいと考えているかなどの熱意を伝えていきます。

伝える内容が能力と熱意と全く異なっていますので、自己PRと志望動機はしっかりと区別してアピールしなければなりません。自己PRでいくら看護師になりたいという熱意を伝えても意味はありませんし、志望動機で自身の能力をアピールしても逆効果になってしまいます。

自己PRと志望動機の意味を取り違えてアピールしてしまうと、質問の意図が理解できていないとしてマイナスの評価になる可能性があるので、充分に気をつけましょう。

新卒の看護師が採用されるために自己PRで伝えるべきポイントは?

看護師が使える自己PR|新卒が採用されるための自己PR

選考を突破し、看護師として就職するためには、自己PRを欠かすことはできません。自己PRは志望動機との違いを理解して、正しくアピールすることも大切ですが、それだけでは看護師の自己PRとしては不十分です。

新卒の看護師が採用されるためには、自己PRもしっかりと工夫して考えなければなりません。新卒の看護師は看護学校を卒業し、看護師資格を取得していますので、看護師として働くだけの基礎的な知識やスキルは備わっていますが、それらのアピールだけでは、自己PRとして不十分な場合も多いです。

新卒の看護師ならではの自己PRのポイントがありますので、それを踏まえてアピールすることが大切です。新卒の看護師が自己PRで伝えるべきポイントはどんなものなのでしょうか。

人柄

自己PRは自身の能力をアピールし、売り込んでいくことが大切ですが、新卒の看護師の場合は能力を売り込んでいくことは難しいです。新卒の場合は看護学校でしっかりと勉強し、看護師としての基礎的な知識やスキルを身に付けてはいますが、基礎的な能力だけでは現場で働くには不十分な場合が多いです。

基礎的な知識やスキルを身に付けた状態は看護師としてのスタートラインの状態であり、それを能力としてアピールしても評価されない場合が多いです。新卒の場合は能力ではなく、人柄をアピールするのがおすすめです。

現時点での能力をアピールするよりも看護師としてどれだけ成長することができるか、ポテンシャルがあるかを人柄を通して伝えることが大切です。

得意科目など

新卒の看護師の場合は自己PRでは能力を伝えることが難しいですが、必ずしも能力がアピールできないというわけではありません。看護学校で学んだことで得意な科目や誇れるスキルがあれば、それをアピールしても構いません。

自己PRはそもそも能力をアピールすることが大切なので、新卒で現場経験がない場合でもアピールできるだけの能力があればそれをアピールしても問題はありません。学生の段階でも充分なスキルを身に付けている人はいますし、自己PRでアピールできる題材は人柄だけではありません。

もちろん能力をアピールする場合は、現場の看護師や医師に認められるレベルが必要ではありますが、ある程度のレベルにさえ達していれば能力をアピールすることは可能です。

能力とやる気も伝える

自己PRと志望動機の違いでは、自己PRは能力をアピールし、志望動機はやる気や意欲をアピールすると紹介しましたが、新卒の場合は能力のアピールも大切ですが、同時に意欲をアピールも大切です。

新卒の場合は看護師に限らず、能力重視ではなく、人柄重視、ポテンシャル重視で採用が決定することも多いです。そのため看護師という仕事を通じてどう成長していくか、どれだけ成長することができるかを示すことも大切です。

また成長できるポテンシャルと同時に、成長意欲があることを伝えることも大切ですので、仕事に対する意欲が高いことも伝えていきましょう。どうやって仕事を進めるのか、どうやって成長するかを示すことでポテンシャルと成長意欲を伝えることができますので、それらをアピールしましょう。

看護師の自己PRの注意点は?

看護師が使える自己PR|新卒が採用されるための自己PR

看護師の自己PRの注意点としては結論から伝えると言うことが挙げられます。これは看護師に関わらず、自己PR全体にも言えることですが、自己PRではアピールする内容を明確にして伝えることが大切ですので、最初に結論を伝え、何をアピールするのかを明確にしておくことが大切です。

結論を先延ばしにしてしまうと何をアピールしたいのかが曖昧になり、充分なアピールができません。最初にアピール内容を提示し、効率的に自己PRを進めましょう。

看護師の自己PRの例文は?

看護師が使える自己PR|新卒が採用されるための自己PR

自己PRと志望動機の違いを知り、自己PRをするときのポイントや注意点を知れば、いよいよ自身の自己PRを考えていきましょう。自己PRは看護師かどうか、新卒での就職か、転職かに関わらず難しくあります。

また自己PRは難しいにも関わらず、就活においては評価の大部分を占めるので、アピールする内容はしっかりと練り上げて考える必要があります。自己PRは作成するポイントや注意点を知ったからと言って簡単に作成できるものではなく、書き上げては改善を繰り返し、何度も書き直さなければなりません。

自己PRを作成するのは非常に難しいことですので、看護師の自己PRの例文を参考に、自身の自己PRもブラッシュアップしていきましょう。

例文集

私の強みはコミュニケーション能力です。コミュニケーション能力を活かして、どんな年代の人であってもすぐに仲良くなり、信用してもらうことができます。私は学生時代に居酒屋のホールでアルバイトをしていました。

ホールの仕事はお客様の注文を聞いたり、でき上がった料理を運ぶなどでしたが、私は注文を聞くとき、料理を運ぶときに少しでもお客様と仲良くなるためにコミュニケーションを取りました。ただ業務をこなすだけではなく、お客様とのコミュニケーションを意識し、一つ一つの会話を大切にすることで、お客様との距離を縮め、仲良くなることができました。

私は貴院でも患者様とのコミュニケーションを大切にして、安心して治療ができる環境を作りたいと考えています。

体験談

私は患者様の立場に立ち、患者様の不安に寄り添うことができます。私は小さい頃ぜんそくがあり、何度も通院していました。ぜんそくがでれば病院にいかなければならないことは理解していましたが、病院は私にとっては嫌な場所であり、通院時はいつも気持ちが塞がっていました。

しかしかかりつけの病院の看護師さんは優しく私に接してくれ、私は不安な気持ちを払拭して、楽しく通院することができました。私は患者様の立場に立って、看護業務を進めることで患者様の不安や痛みを理解したいと考えています。

そして患者様が安心して通院できる環境を作り、一人でも多くの患者様が安心して通院し、自身の病気を向き合える環境を作りたいと考えています。

看護師の種類別自己PR例文は?

看護師が使える自己PR|新卒が採用されるための自己PR

看護師が活躍できる場は病院だけではなく、さまざまな場所があります。クリニックや企業もそうですし、学校でも看護師として働くことができます。同じ看護師でも職場が違えば業務内容や求められる能力が違いますので、志望する職場ごとに自己PRを変える必要があります。

また同じ病院を志望する場合でも、どの診療科を志望するかによって自己PRは変えていかなければなりません。看護師は勤める病院によっても業務内容などが変わりますが、勤める診療科によっても業務内容が変わります。

業務内容が変われば、求められる能力も違いますので、アピールすべき能力も変わってきます。志望する診療科に合わせて自己PRの内容を変えていくことが大切です。

整形外科

私は相手の求めることを理解し、先回りできる行動力があります。私は学生時代にカフェのホールでアルバイトをしていました。アルバイトの業務としては注文を聞く、飲み物を運ぶなどでしたが、私はお客様をじっくりと観察し、何を求めているのかを察知する努力をしていました。

お客様が注文しそうだと思えば、すぐにテーブルに近づき、コーヒーを飲む表情を見ながら、砂糖やミルクは必要かどうかを判断しました。お客様の求めることを先回りして考え、行動した結果、相手の求めていること読み取ることができました。

私は整形外科でも患者様が求めることを察知し、先回りして動くことで、完璧な看護業務を実現したいと考えています。

小児科

私はコミュニケーション能力があります。年代を問わずに相手と仲良くなることができます。私は学生時代にボランティア活動に取り組み、地域の寄り合いに訪れ、地域の人たちとコミュニケーションを取るという活動を行っていました。

寄り合いにはお年寄りの方だけではなく、小さな子供や中学生、高校生までさまざまな年代の人がいました。私はさまざまな年代の人に触れ、コミュニケーションを取ることで、年代に関わらず、誰とでもすぐに仲良くなることができました。

私は小児科でもコミュニケーション能力を活かして、子供たちを喜ばせることを意識し、病院生活を楽しみながら、治療をし、信頼関係を築いていきたいと考えています。

精神科

私は相手に共感し、相手の信頼を勝ち得ることができます。看護学校では班で行動することが多く、固定のメンバーで授業や実技の試験などを受けていました。私の班には自信がなく、すぐに挫折してしまう人がいました。

私は全員で卒業し、一緒に看護師として活躍したいと考え、悩みを聞き、それに共感しながらもアドバイスを送ることで、最後まで一緒に頑張ることができました。私は精神科でも患者様の気持ちに共感し、同じ気持ち、同じ立場に立つことで信用を勝ち取り、治療の手助けをしていきたいと考えています。

看護師としての自分を意識してアピールしよう

看護師が使える自己PR|新卒が採用されるための自己PR

自己PRと志望動機の違いや新卒の看護師が採用されるために自己PRで伝えるべきポイント、看護師の自己PRの注意点や看護師の自己PRの例文は、看護師の種類別自己PR例文を紹介しましたが、自己PRは自身の能力や人柄を伝えていくことが大切です。

新卒か既卒の転職かによって自己PRのポイントは異なりますが、基本的にはどちらの場合でも自身を売り込むことを意識する必要があります。自己PRは自身を売り込み、採用メリットがあることを伝えることですので、自身に採用メリットがあることを充分に伝えていきましょう。

看護師になるためには自己PRは大切ですので、しっかりとアピールし、納得のできる就職先を見つけていきましょう。

今の職場は自分に合っていますか?

看護師に憧れて就職してみたけど、
看護師を辞めたくてしょうがない...
なんでかわからないけど、今の仕事が辛い...
と、思い悩んでいませんか?

ナースミルにも、仕事がつらいという悩み人間関係についての相談の声がよく寄せられてきます。

いまのままでいいのかな...?
みなさん、不安を抱えながら働いているようです。。

もし「辞めたい」とお考えの方がいましたら、相談するのに最適な看護師専門の転職エージェントを下記にご紹介します。まずは、あなたの状況を相談してみて、転職するかどうか決めてみましょう。

当然ですが、利用は完全無料です。もちろん、転職エージェントに登録したからといって必ず転職する義務はないので安心してくださいね。

Related