Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月20日

新人看護師が転職する理由|新人看護師の主な就職先/仕事環境/年収

新人看護師が転職したいと考える理由はご存じでしょうか?看護師の仕事は大変なもので、看護師自体は転職の多い業界ですが、看護師という職業に希望を抱いて就職する新人であってもすぐに転職したいと考える人は多いです。今回は新人看護師の転職についてご紹介します。

新人看護師が転職する理由|新人看護師の主な就職先/仕事環境/年収

新人看護師が転職したいと思う理由は?

新人看護師が転職する理由|新人看護師の主な就職先/仕事環境/年収

仕事をするためには、就職試験、転職試験に合格しなければなりません。それらに合格することはハードルが高い場合も多く、念入りな準備や苦労を重ねて、ようやく就職、転職できるという例も少なくありません。

しかし仕事に就けばそのまま一生同じ仕事を続けられるわけではありません。苦労して就職してもその職場は合わないと感じれば、転職を考えます。それは看護師の仕事も同じです。看護師になるには看護師資格の取得などさらにハードルが高く、新人看護師であれば、苦労した分、仕事への期待も高いですが、早期に転職を考えることもあります。

看護師という仕事に胸を膨らませる新人看護師が、転職したいと考える理由としてはどんなものが考えられるでしょうか。

仕事環境

新人看護師が転職を考える理由としては看護師の仕事環境が挙げられます。看護師は激務でも有名な職業であり、仕事の内容も大変なものが多いです。看護師は診療科によっても業務内容は異なりますが、診療科によっては入院患者の排泄物や吐しゃ物の片づけをしたり、汚い仕事もさまざまこなさなければなりません。

看護師は患者を支える仕事であり、看護師という仕事に希望を抱いていた新人看護師も、看護師の仕事の現実に直面し、そのあまりのギャップに転職を考えてしまうことも多いです。看護師の仕事は危険、汚い、キツイ、給料が安い、化粧のりが悪い、休暇が取れない、くさい、結婚できないなど8Kと呼ばれることも多く、その仕事環境の悪さに転職を考える人は多いです。

仕事量が多い

新人看護師は看護師の仕事の環境の悪さに転職を考えますが、仕事環境の中でも仕事量の多さに嫌気が差し、転職を考える人も多いです。看護師の仕事はとにかく多く、仕事量で言えば他の職業と比べてもトップクラスに多いと言えます。

バイタルのチェックや診療の補助、患者に対する看護業務はもちろん、現場で働く以外にもさまざまな事務作業もこなさなければなりません。現場での仕事だけでも量が多いのに、さらに事務作業までとなるといつまで経っても仕事が終らないこともあります。

急患が入ればさらに仕事は増えますし、事務作業を行っていても現場の手が足りなければヘルプに回らなければなりません。看護師はとにかく仕事量が多く、そのあまりの多さに新人看護師は耐えられず、転職することも多いです。

看護師リーダー業務

新人看護師が転職する理由|新人看護師の主な就職先/仕事環境/年収

新人看護師が転職を考える理由としては、看護師のリーダー業務が挙げられます。看護師リーダーは早ければ2年目や3年目で任される役職であり、優秀な人であれば新人看護師でも任される役職です。

看護師のリーダー業務は他の看護師を統率し、チームとして運営していかなければなりません。単にリーダー業務を行うだけではなく、看護師としての通常業務を行いながらリーダー業務も並行して進めなければならず、その大変さに転職を考える新人看護師は多いです。

また自身が看護師リーダーを任されていない場合でも、リーダー業務を行う先輩看護師の姿を見て、数年後には同じことをしなければならないのだと考え、それから逃げるために転職する人もいます。

体力的にきつい

看護師の仕事は力仕事も多く、体力的なしんどさから転職を考える新人看護師も多いです。新人看護師は若いという理由で力仕事を任されることも多いです。看護師の仕事は力がかなり必要なものも多く、それをこなすだけでも一苦労であることも多いです。

また力仕事をしていればいいだけではなく、他にもさまざまな業務をこなさなければなりませんので、体力が必要な仕事です。加えて看護師の仕事は立ち仕事ですので、看護業務や仕事をこなしながら、ほとんど一日中立ちっぱなしということも珍しくありません。

新人看護師のうちは仕事についていくだけでもやっとであり、慣れてしまえば体力的なしんどさは気にならないことも多いですが、慣れる前に転職する新人看護師は多いです。

精神的にきつい

看護師の仕事は精神的にきついことも多く、それも新人看護師が転職を考える理由の一つです。看護師は患者の命を預かる仕事ですので、一つ一つの業務に常に緊張感を持って取り組まなければなりません。

些細なミスでもどんな事故につながるか分かりませんし、ミスが許されない仕事でもあります。しかし新人のうちはさまざまなミスをしてしまうもので、それが原因で患者を危険にさらしてしまうなどがあれば、本当に看護師を続けていけるのかが不安にもなってしまいます。

また自身のミスは関係なくても、病院では人が亡くなることも頻繁にあります。仕事への緊張感や身近に感じる患者の死などが精神的にきつく、それが原因で転職を考える新人看護師も多いです。

労働時間

新人看護師が転職する理由|新人看護師の主な就職先/仕事環境/年収

新人看護師が転職を考える理由としては、労働時間が挙げられます。看護師は激務で有名な職業であり、労働時間も長いことが多いです。また看護師の仕事にはさまざまな勤務形態があり、日勤と夜勤に分けられていることも多いです。

労働時間が長いだけではなく、不規則な労働時間も新人看護師が転職を考える理由の一つです。看護師の仕事は大変である、労働時間が長いことでも有名であると知り、覚悟を決めて働き始めた新人看護師でも、実際に働いてみれば、その大変さに根を上げてしまうことも多いです。

労働時間の長さや仕事の大変さに体調を崩してしまい、患者の看護どころではなくなってしまうこともあります。それが原因で看護師の仕事を辞め、転職する人も多いです。

夜勤が多い

新人看護師が看護師の仕事の労働時間に不満を感じる点として、夜勤の多さが挙げられます。病院には入院患者がいますので、看護師の仕事は24時間体制です。病院によって2交代制か3交代制かは違い、それによって夜勤の労働時間の長さは変わりますが、どちらの場合でも夜勤の大変さに転職を考える人は多いです。

夜勤では各病棟の見回りや事務作業を行う一方で、患者からのナースコールがあればそれにも対応しなければなりません。夜勤の仕事は暇なイメージを持つ人が多いですが実際はそうではなく、夜勤であってもしなければならないことは多く、ナースコールが続いたり、急患が入るなどして忙しくなることも多いです。

夜勤の仕事は体力的にも負担が大きく、それが原因で転職を考える人は多いです。

緊張時間が長い

新人看護師が労働時間を理由に転職を考える場合は、緊張状態が長いことが原因であることも多いです。看護師の仕事は労働時間が長く、夜勤などであれば日勤の倍の時間働かなくてはなりません。

看護師の仕事はミスが許されない仕事ですので、その一瞬たりとも気を抜くことは許されません。長い労働時間に加えて緊張状態が長く、それが大きな負担となって転職を考える新人看護師は多いです。新人看護師の場合はまだ仕事にも慣れていませんし、ミスをしてはいけないという緊張感が人一倍のしかかることもあります。

また仕事量は多いので、作業を素早くこなす必要もあり、ミスをせずに素早く業務をこなすことが求められ、それも緊張につながってしまうこともあります。

残業が多い

新人看護師が看護師の仕事に不満を抱える点としては、残業の多さも挙げられます。看護師は労働時間が長く、残業時間も非常に長い職業です。看護師の労働時間については労働基準法で定められてはいますが、その決まりが守れていない病院やクリニックも多いです。

看護師の仕事は残業が当たり前で、定時で上がれることはほとんどないのが現状です。病院ではいつ、いかなるときにトラブルが発生するか分かりませんし、トラブルが発生すれば、看護師の仕事は増える一方です。

ようやく仕事が終わった瞬間に急患が入り、忙しくなって帰れなくなることは日常茶飯事ですし、日常的にそういったトラブルが相次ぎ、残業時間があまりにも長く新人看護師は転職を考えてしまいます。

人間関係

新人看護師が転職を考える理由としては人間関係が挙げられます。看護師はチームで行う仕事であり、職場の人とはしっかりと人間関係を築かなければなりません。新人看護師も看護師の資格を取得している以上、看護師としての基本的な知識やスキルは身に付けていますが、現場で働くためにはそれだけの能力では不十分であることも多いです。

基本的には先輩看護師に教わりながら仕事を覚えていきますが、看護師の仕事は大変なもので、仕事を教えるのも一苦労です。ミスが許されず緊張感の必要な仕事だからこそ、先輩の教え方が厳しくなったり、言葉遣いが荒くなってしまうことも多いです。

先輩からの当たりがきつく、良好な人間関係が築けずに転職を考える新人看護師も多いです。

女性が多い職場

新人看護師が人間関係に悩み転職を考える理由としては、看護師の職場が女性が大半の職場であることも原因に挙げられます。看護師は女性がほとんどで、男性の看護師は1割程度の場合も多いです。

女性特有の職場であるため、さまざまなトラブルも起こりやすく、それが原因で人間関係が悪くなってしまうことも多いです。女性ばかりの職場が必ずしも人間関係が悪いわけではありませんが、女性が多いからこそ、起こってしまうトラブルもあります。

一度人間関係に悩めばそこから抜け出せないことも多く、それが原因で転職する人は多いです。またこれは新人看護師に限らず、多くの看護師が転職する理由でもありますので、看護師が抱えやすい問題でもあると言えます。

人間関係が近い

新人看護師が職場の人間関係に悩みやすい理由としては、人間関係が近いことも挙げられます。看護師はチームワークを発揮して働くことが重要な仕事であり、チームワークを高めるためにはお互いの距離が近くなります。

新人看護師は先輩たちのすでにできあがった人間関係の中に飛び込んでいかなければなりませんし、人間関係が近いからこそ起きる問題もさまざまあります。看護師は良い意味でも悪い意味でも人間関係が親密になりやすい職業でもあり、良い人間関係を築くことができれば転職をせずに、一つの職場で働き続ける人も多いですが、人間関係が合わなければすぐに転職してしまうことも多いです。

新人看護師は何度か転職を繰り返して看護師の人間関係の作り方を学ぶことも多いです。

閉鎖的な職場

看護師の仕事は病院や診療科によっても異なり、人間関係も働いている職場ごとに大きく違います。総合病院など大きな病院であれば看護師の数も多く、それぞれの関係性がそれほど深くならない場合も多いですが、人数の少ない診療科であったり、クリニックなどでは関係性が濃密になりやすく、人間関係が閉鎖的な職場も多いです。

看護師にとって人間関係は非常に大切なもので、すでにできあがった人間関係を崩したくないという一心で、新人看護師がなかなか受け入れられない場合もあります。ゆっくりと時間をかければチームの一員として馴染むことはできますが、馴染むまでにかなりの時間がかかり、その閉鎖的な環境に嫌気が差して転職してしまう人も多いです。

新人看護師同士のスキルの差

新人看護師が人間関係に悩むのは先輩や上司だけとは限りません。新人の看護師同士でも人間関係に悩んでしまうことはあります。新人同士で人間関係に悩む理由としては、それぞれの看護師としてのスキルの差が挙げられます。

看護師の資格を取得し、働き始めた段階ではそれぞれにスキルに差があることは少ないですが、数カ月、半年、1年と経つにつれて同じ新人看護師であってもスキルの差が大きく開いてしまうこともあります。

同じ新人同士であってもスキルの差によって上下関係ができてしまうこともありますし、それが原因で人間関係が悪化してしまうこともあります。新人同士は意外にもスキルの差が出やすく、それも転職を考える理由としては多いです。

年収

新人看護師が転職する理由|新人看護師の主な就職先/仕事環境/年収

新人看護師が転職を考える理由としては、年収も挙げられます。看護師の平均的な年収は400~500万円程度ですが、新人看護師の場合は300~400万円程度である場合もあります。これは病院やクリニックごとに金額が違いますので、個人差がありますが、平均的な年収が低いとして転職を考える人は多いです。

看護師は専門性が高く、資格が必要な仕事です。しかし資格が必要な特別な仕事であるにも関わらず、他の職業とほとんど変わらない年収であることに納得がいかず、転職を考える人もいます。

看護師は他の職業よりも年収が高い場合も多く、働き方次第では高年収を獲得できる仕事ではありますが、新人看護師ではそれほど高い年収が得られず、転職する人は多いです。

割に合わない

看護師の仕事は高年収を期待できる場合も多く、勤めている病院や働き方次第では新人看護師であっても、それなりに高い年収を獲得できる場合もあります。しかし新人看護師で高い年収をもらったとしても、働きに対して対価が少ないと感じ、割に合わないとして転職を考えてしまう場合もあります。

看護師は高い年収を得やすい職業ですが、その分労働環境も過酷であり、激務が続く仕事でもあります。高い年収自体はもらえているものの、労働の対価として考えればさらに高い年収をもらっていてもおかしくないほどの働きであることも多く、不満を抱えている人も多いです。

仕事の忙しさに対して給料が割に合うものではなく、新人看護師の場合は低い年収にもなりやすいので、それが原因で転職を考える人は多いです。

新人看護師が転職する際に頭に入れておくべき主な転職先は?

新人看護師が転職する理由|新人看護師の主な就職先/仕事環境/年収

看護師の仕事は大変なもので、看護師の仕事に希望を抱いている新人看護師であっても転職を考えることは多いです。新人の場合でもベテランの場合でも転職を考えたのであれば、転職先の職場を見つけなければなりません。

看護師として働ける場所はさまざまありますので、転職を考えるのであればその選択肢を知っておくことが大切です。看護師=病院と考えている人は多いですが、病院以外にも活躍できる職場はたくさんありますし、他の病院に転職する場合でも、総合病院なのかクリニックなのかなど選択肢はさまざまあります。

看護師は専門性が高い職業ではありますが、実は活躍できる幅は広いです。新人看護師であってもさまざまな場所への転職は可能ですので、その候補をいくつか知っておきましょう。

ツアーナース

新人看護師が転職できる転職先としてはツアーナースが挙げられます。ツアーナースはツアー旅行に看護師として同行し、ツアー客の体調管理を行うことが仕事です。トラブルがあればそれに対応しなければなりませんし、ツアー客に持病を持っている人はいないか、アレルギーを持った人はいないかなどを確認しておくことが大切です。

ツアーナースは旅行に同行しますが、ツアー客の健康をしっかりと管理する必要がありますので、油断することはできない仕事です。しかし特に問題がなければ自身も同じように旅行を楽しむことができます。

ツアーナースは旅行好きの看護師に人気の職業であり、新人看護師でも旅行が好きなのであれば目指す人は多いです。

イベントナース

新人看護師が転職する理由|新人看護師の主な就職先/仕事環境/年収

新人看護師が選ぶ転職先としてはイベントナースも挙げられます。イベントナースはマラソン大会や町内のお祭りなどに参加し、看護師として待機します。イベント中に体調不良者が出れば、その看護にあたることが主な仕事です。

イベントナースは基本的には待機の時間が長く、ゆっくりと仕事をしたい人におすすめの職業です。看護師の仕事で激務に慣れ、動いていなければ落ち着かないという人にはあまり向かない仕事だと言えます。

イベント中に体調不良者が出れば仕事をしますが、特に問題がなければ待機だけで終わることもあります。イベントに直接参加できるわけではありませんが、イベントの雰囲気や空気感を味わうことはできますので、お祭り好きな人におすすめの仕事です。

保育園など

新人看護師の転職先としては保育園なども挙げられます。保育園で働くからといって保育士として働くわけではありません。保育園でも看護師として働き、園児の健康管理や体調不良者が出れば、その看護にあたるのが主な仕事です。

保育園や幼稚園、学校などが主な職場であり、園児や学生のいない土日は休みです。また夜勤もありませんので比較的働きやすい職場であると言えます。保育園や幼稚園であれば子供たちに癒されることも多いですし、新人看護師の転職先としても人気のある職業です。

また子供たちに触れ合う機会も多いことから、新人看護師だけではなく、小児科で看護師をしていた人たちにも人気のある転職先だと言えます。

企業

新人看護師が転職する理由|新人看護師の主な就職先/仕事環境/年収

新人看護師の転職先としては企業も考えられます。これは企業で一般職員として働くのではなく、あくまで看護師として働きます。企業でも看護師が働いていることは多く、そこでの仕事も新人看護師にはおすすめです。

企業での仕事は基本的には社員の健康管理や体調不良者の看護です。看護師としての仕事はそれほど多くはありませんので、簡単な事務作業なども兼任することが多いです。休日は企業によって異なり、土日が休みの企業であれば看護師も同じく土日が休みになります。

また看護師が必要なのは社員が働いている時間帯だけですので、日勤がすべてで夜勤を担当することはありません。企業の社員と同じサイクルで仕事をすることができますので、生活リズムも狂いにくい仕事だと言えます。

総合病院

新人看護師の転職先としては総合病院も挙げられます。新人看護師として就職する場合には総合病院に就職するケースが多いですが、同じ総合病院でも病院ごとに特徴も違いますし、労働環境なども大きく異なっています。

総合病院から総合病院へと転職をする新人看護師は多く、転職によって前職よりもいい条件で働ける場合もあります。病院の選び方は人によってさまざまであり、一概にどれが正解というものはありません。

看護師の多い総合病院であれば個人の仕事量は少ない場合もありますし、病院自体の規模が大きければどれだけ看護師が多くても仕事量が多い場合もあります。規模の小さい病院でも忙しい、あるいは暇であることもありますので、転職先の特徴をしっかりと把握することが大切です。

診療科によって違う

総合病院に転職する場合には、どの病院に転職するかも大切ですが、その中でもどの診療科に転職するかも大切です。看護師の仕事はどの病院で働くかによって労働環境などは変わりやすいですが、同じ病院に勤めている場合でも、診療科が違えば労働環境などが異なる場合もあります。

診療科によっては労働環境だけではなく、業務内容も異なりますので、新人看護師の場合はどんな能力を身に付けたいのか、どんな看護師として成長したいのかなども考えて診療科を選ぶことが大切です。

診療科ごとにさまざまな特徴があり、救命救急科など強い責任感が必要な職場もあれば、整形外科など患者と寄り添うことが求められる職場もあります。診療科ごとに求められる能力も違いますので、それも知った上で転職先を決めることが大切です。

クリニック

新人看護師が転職する理由|新人看護師の主な就職先/仕事環境/年収

新人看護師の転職先としてはクリニックも挙げられます。クリニックは病院よりも規模が小さく、その分仕事の量なども少ないことが多いです。また日中の診療のみで入院患者は受け付けていませんので、夜勤もなく体力的な負担も少ないと言えます。

クリニックは病院と比べて給料が低い、仕事の専門性が低いなどさまざまなデメリットがありますが、それもクリニックによって違います。クリニックでも病院よりも高い給料がもらえる場合もありますし、病院にはない最新の設備があるクリニックもあります。

一口にクリニックといってもその環境はさまざまであり、クリニックごとに労働環境も大きく違いますので、それぞれの違いを把握して転職先を決めることが大切です。

立地条件など

一般的にクリニックの方が病院よりも規模が小さく、忙しくないと考えられています。しかしそれもクリニックによって異なるもので、クリニックであっても病院並かそれ以上に忙しい場合もあります。

クリニックを転職先に選ぶ場合には労働条件などを確認するだけではなく、クリニックの立地条件なども確認しておくことが大切です。立地が良く、クリニックまでのアクセスが良ければ患者がたくさん訪れる場合も多く、忙しいことも多いです。

クリニックは病院に比べればスタッフも少なく、幅広い業務を一人で行わなければなりません。慣れている看護師であれば特に問題はありませんが、新人看護師の場合はそれが難しい場合もあるので、転職先の立地条件なども確認しておくことが大切です。

新人看護師が転職した際の成功例・失敗例は?

新人看護師が転職する理由|新人看護師の主な就職先/仕事環境/年収

新人看護師であっても転職を考えることはありますし、考えるだけではなく、実際に転職を行動に移す場合もあります。新人看護師の転職先の選択肢は意外にも幅広く、さまざまな場所に転職することができます。

しかし転職することができても、それが必ずしも成功するとは限りません。転職には失敗が付き物ですし、新人看護師の場合は注意深く転職先を選ばなければ失敗してしまうことも多いです。転職は転職先が決まれば成功ではありません。転職先が決まり、そこで活躍することができる、あるいは自身が満足して働けることが成功です。

転職を成功させるのは難しいことであり、新人看護師であればそのハードルはさらに高いです。新人看護師の転職の成功例と失敗例から学び、転職の成功を目指しましょう。

看護師として転職する

新人看護師が転職する場合としては、看護師として別の病院、あるいはクリニックなどに転職することが考えられます。看護師は専門職であり、資格職でもありますので、それを活かして転職しないのは勿体ないです。

看護師の資格は看護師の仕事でしか活用することができませんので、他の職業へ転職するときにアピールしても何の意味もありません。看護師の資格が宝の持ち腐れになってしまいますし、看護師になるために看護学校で費やした学費や時間などが無駄になってしまいます。

新人看護師の場合はまだまだ看護師人生は始まったばかりですので、転職する場合でも他の病院で看護師として転職することで、看護師としての自身の可能性を広げていくことができます。

転職成功例

新人看護師が転職する理由|新人看護師の主な就職先/仕事環境/年収

新人看護師が看護師として転職した場合の成功例としては、転職によって働きやすい職場を見つけることができたことが挙げられます。看護師の労働環境は勤める病院、診療科によって大きく異なります。

また診療科によって業務内容も異なりますので、求められる能力や資質なども変わってきます。優秀な看護師が全ての診療科で活躍できるわけではありませんし、診療科ごとに向き不向きもありますので、能力だけでは活躍できない場合も多いです。

新人看護師であれば診療科への適性が分かっていない場合が多く、就職時では自身に合わない診療科で働いている場合もあります。自身の特徴や診療科の特徴を知り、転職した結果相性の良い診療科に巡り合うことが転職の成功例だと言えます。

転職失敗例

新人看護師が看護師として転職した場合の失敗例としては、転職先での仕事との相性が悪いことが挙げられます。診療科ごとにさまざまな特徴がありますが、相性が悪い診療科は一つだけとは限りません。

人によっては2つ、3つと相性の悪い診療科がある場合もあり、転職先も相性の悪い診療科だった場合は失敗例だと言えます。また相性の良い診療科に転職した場合でも、そこでの人間関係に馴染むことができない場合も失敗例の一つだと言えます。

看護師はチームワークが大切な仕事ですので、いくら診療科との相性が良くても、チームワークを発揮することができなければ意味はありません。診療科への相性と人間関係の相性があってこその成功ですので、どちらか一つが欠けている場合は転職の失敗例と言えます。

看護師以外で転職する

新人看護師が転職する理由|新人看護師の主な就職先/仕事環境/年収

新人看護師が転職する場合には、必ずしも看護師として転職するわけではありません。看護師の資格は看護師以外の仕事で活かすことはできませんが、看護師として培った能力は別です。看護師として培った能力は使い方次第で他の職業でも活用することができますので、上手に能力を使って活躍することができれば、転職では成功例であると言えます。

また看護師としての能力を活かすことができず、活躍できない場合は転職の失敗例と言えます。新人看護師であっても看護師として働いている経験がある以上、何からの能力や知識は身に付けているはずです。

それらを活かして活躍することができるか、一般の仕事に能力を応用できるかどうかが転職の成功と失敗の分かれ道となります。

転職成功例

新人看護師が看護師以外の職業に転職したときの成功例としては、看護師として培った能力を存分に活かして転職ができることが挙げられます。看護師はコミュニケーション能力が必要な仕事であり、それを活かして活躍できる仕事もたくさんあります。

営業やサービス業などではコミュニケーション能力を活かして活躍することもできますし、看護師ならではのホスピタリティを活かせばさらに大きく活躍することができます。また看護師は激務にも慣れており、体力のある人も多いです。

看護師時代に培った体力や忍耐力を活かして活躍している人もいます。営業や飲食などの仕事は体力や忍耐力が必要な場合も多く、それらの職業で活躍していることが転職の成功例と言えます。

転職失敗例

新人看護師が看護師以外の職業に転職するときの失敗例としては、看護師時代に培った能力などが全く活かせていないことが挙げられます。看護師ではコミュニケーション能力や体力、忍耐力などを培うことができますが、それらを上手に活かせていないと転職でも失敗してしまうことが多いです。

看護師は専門職ですので、看護師としての能力を身に付けている人でもビジネススキルなど一般的なスキルを身に付けていない場合が多いです。看護師で培った能力を活かすことができなければ、ビジネススキルなども身に付いておらず、何の強みもないまま転職を行うことになります。

転職が決まっても能力のないままでは活躍できませんし、そもそも転職が決まらないことが多く、転職の失敗例であると言えます。

新人看護師が転職を考える際に注意すべき点は?

新人看護師が転職する理由|新人看護師の主な就職先/仕事環境/年収

新人看護師の転職には成功例も失敗例もありますので、しっかりと準備や対策を進めて転職活動を行わなければ転職が失敗に終わってしまうことも多いです。それは看護師として転職する場合もそうですし、看護師以外の仕事に転職する場合でも同じです。

どこに転職する場合であっても失敗してしまうことはありますし、新人看護師の場合は特に失敗が多いので気をつけなければなりません。しかし裏を返せばしっかりと準備や対策を行えば、新人看護師であっても転職を成功させることができるということでもあります。

新人看護師がいきなり転職して成功を掴むことは難しいですが、不可能ではありません。新人看護師が転職する際に注意すべき点がいくつかありますので、それらを知った上で転職活動を進めていきましょう。

新人看護師を活かして転職する

新人看護師が転職を成功させるためには、新人看護師であることを前面に押し出し、アピールして転職活動をしていくことが大切です。ベテランの看護師であれば、自身の経験やこれまで培ったスキルなどをアピールすることができますし、中堅の看護師であれば中間管理職としてベテランと新人看護師のバランス役を務めたなどをアピールすることができます。

同じ看護師であっても勤めている期間が違えばアピールできる内容も異なり、それは新人看護師も同じです。新人看護師にも新人看護師だからこそアピールできること、ベテランや中堅の看護師にはない、新人看護師だからこそのメリットや利点などもあります。それらをしっかりと把握してアピールしていくことが大切です。

新人看護師の将来性

新人看護師が転職する理由|新人看護師の主な就職先/仕事環境/年収

新人看護師であることを活かして自身をアピールしていくためには、新人看護師の将来性を提示し、アピールを進めていきましょう。新人看護師になる年齢は人によってさまざまですが、大体が20代の早い期間であることが多いです。

20代から働き始めればさまざまなことを学ぶことができますし、どんな風にも成長していくことができます。働ける期間が長いということはそれだけで大きなアピールポイントになりますし、その期間を活かしてどんな人材に成長するのか、どれだけの可能性を秘めているのかをアピールすることで高評価を得やすくなります。

新人看護師はいわば真っ白なキャンバスですので、どんなことでも吸収し、成長していけることをアピールしましょう。

新人看護師のフレッシュさ

新人看護師ならではの強みをアピールするためには、新人看護師のフレッシュさをアピールしていくことも大切です。これは看護師に限ったことではありませんが、新人や新卒、第二新卒などの若いうちはそのフレッシュさや元気の良さをアピールするだけでも好印象を与え、転職でも有利になることがあります。

新人看護師であればまだまだ若いですし、元気に溌剌と働けることをアピールすることも大切です。看護師は患者の看護を行いますがそれは肉体的に支えるだけではなく、精神的な支えになる必要もあります。

看護師が暗いと患者も暗くなってしまいますので、明るく患者を引っ張り、精神的な支えになるためにも明るさは大切です。新人ならではのフレッシュさをアピールしていきましょう。

新人看護師の落とし穴

新人看護師が転職する理由|新人看護師の主な就職先/仕事環境/年収

新人看護師が転職を成功させるためには、新人看護師だからこその強みをアピールしていくことが大切ですが、ただ闇雲にアピールするだけでは効率的なアピールにはなりません。新人看護師を採用することにはメリットもありますが、同時にデメリットもあります。

新人ならではの強みをアピールしているだけはデメリットを突かれると一気にアピールが脆くなってしまいます。メリットとデメリットは両方を知った上でアピールをしていくことが大切です。

新人看護師ならではの強みも確かにありますが、新人看護師だからこその弱みや落とし穴もあります。それを正しく理解して、マイナス面を確実に払拭した上で、強みをアピールしていくことが大切です。

スキルのない新人看護師

新人看護師はどんな風にも成長することができる、将来性を秘めていますが、それは同時に現時点では何の能力も備わっていないということでもあります。看護師として働くためには看護師としての資格が必要ですが、それは前提条件ですので、それがあることをアピールしても何の評価にもつながりません。

看護師の資格は持っていて当たり前であり、看護師として基本的なスキルや知識は身に付けていて当たり前です。基本的な能力ではアピールにはなりませんので、何か一つでも他人よりも優れている能力を提示する必要があります。

それは看護師のスキルに限ったことではなく、自身の人柄でも構いません。将来性があることをアピールすると同時に現時点の能力もアピールすることが大切です。

新人看護師の転職はマイナスイメージな場合も

新人看護師が転職する理由|新人看護師の主な就職先/仕事環境/年収

新人看護師が転職する際には場合によってはマイナスの印象を与えてしまう可能性があることも覚えておきましょう。新人のうちに転職すると、忍耐力がない、辛いことからすぐに逃げ出すなどと思われてしまう場合があります。

転職してもまたすぐに辞めてしまうのではないかと思われれば、転職では不利になってしまいますので、マイナスのイメージを抱かせないことが大切です。転職する場合には転職を考えた理由や前職を退職した理由などを問われることがあります。

忙しすぎたから辞めた、しんどいから辞めたではマイナスの評価を与えてしまいますので、必ず正当な理由を見つけて、マイナスのイメージにならないように転職理由なども伝えていきましょう。

新人看護師でも転職先を見つけることは容易い

新人看護師は転職での落とし穴がありますが、その中の一つとして、新人看護師でも転職先を見つけることは容易いことが挙げられます。新人での転職はスキルがないため難しく考えられがちですが、看護師の場合はそうではありません。

看護師は人手不足の業界ですので、条件にさえこだわらなければ新人であっても簡単に転職先を見つけることができます。しかしここで失敗してしまう人は多いです。転職先自体は簡単に見つかりますが、そこが必ずしも良い転職先とは限りません。

劣悪な環境である場合もありますので、転職先が見つかるからといってすぐに転職を決めないことが大切です。新人看護師でも良い転職先を見つけることは可能ですので、すぐに飛びつかず、さまざまな可能性を探ることが大切です。

看護師としてのキャリアプランを設定する

新人看護師が転職する理由|新人看護師の主な就職先/仕事環境/年収

新人看護師が転職を成功させるためには、看護師としてのキャリアプランを設定して転職活動に臨むことが大切です。転職先や条件を選ばなければ新人看護師であっても簡単に転職先を見つけることはできますが、それでは転職が成功したとは言えません。

転職先で活躍できる、満足して働くことができる、そこで看護師として成長できてこそ転職は成功したと言えますので、まずは看護師としてのキャリアプランを設定して、それに合わせて転職先を考えていくことが大切です。

看護師としてどんな能力が身に付けたいのか、どんな風に成長したいのか、あるいは看護師ではなく、他の職業で活躍したいのかなどどんなことでも構いません。キャリアプランを明確にしておくことが転職成功への第一歩です。

新人看護師は将来のビジョンが必要

新人看護師は将来性があることをアピールすることも多いので、それがどんな将来性であるかを明確にして伝えることが大切です。将来性があると伝えるだけではイメージがわきませんし、アピールに信憑性もありません。

自身には将来性があり、それがどんなものか、どんな風に成長して、最終的にはどんな能力を発揮して活躍できるなど、できるだけ具体的に将来のビジョンを提示し、将来性を具体化していきましょう。

新人看護師はどんな風にも成長できますが、成長しようと意識して行動しなければ本当に成長していくことはできません。漠然と業務に取り組んでいるだけでは業務をこなすだけで終わってしまいますので、新人看護師にこそ将来のビジョンは大切です。

目的のない転職はNG

新人看護師として転職を成功させるためには、看護師としてのキャリアプランを設定することが大切ですが、設定しただけで実際の転職と何の関係のないものでは意味がありません。設定したキャリアプランを達成するために転職を行っていますので、キャリアプランが達成できる職場を選ぶことが大切です。

設定したキャリアプランはどの職場でも達成できるわけではありません。規模の小さい職場なのか、規模の大きい職場なのか、専門性の高い職場のなのか、幅広い分野を取り扱う職場なのかによっても達成できるキャリアプランは異なります。

転職先は必ずキャリアプランに関係したものを選び、正しい目的のある転職を進めることが大切です。

転職に後悔はないかを考える

新人看護師が転職する理由|新人看護師の主な就職先/仕事環境/年収

転職を成功させるためには、そもそも転職することに後悔はないかを考えることが大切です。現在の職場に不満があるからといって必ずしも転職をしなければならないというわけではありません。

不満の原因を突き詰めて、その改善を目指してもいいですし、働き方を変えて視点を変えることでも不満が解消できる場合もあります。職場での不満を解消する方法は転職だけではありませんし、転職が全て成功するとは限りませんので、本当に転職しても後悔が残らないかを確認しておきましょう。

どれだけ好条件で転職できても、転職に後悔があればその転職は失敗になりますので、後悔しないためにも気持ちの整理をすることが大切です。

焦った転職はNG

現在の職場に不満があれば、すぐにでも転職したいと考えてしまいますが、勢いに任せて焦って転職するのはNGです。焦って転職しても良いことはありませんし、失敗の確率が上がるだけでメリットは何もありません。

新人看護師であっても転職を成功させることはできますし、受け入れてくれる転職先はたくさんあります。目の前にある転職先だけが新人看護師を受け入れているわけではありませんので、転職を焦らずに、転職先の情報をじっくりと集め、自身の気持ちの整理を済ませてから転職を行いましょう。

転職の条件を設定する

新人看護師が転職する理由|新人看護師の主な就職先/仕事環境/年収

転職を成功させるためには、転職先の条件をしっかりと設定することが大切です。転職先を決めて情報を集めることも大切ですが、転職先の決め方を考えることも大切です。転職先に求める条件は人によって違いますので、自身が求める条件を明確にして、転職先を探していきましょう。

転職先に求める条件を書き出して一覧にすると自身の望みが分かりやすくおすすめです。その条件で転職先を見つけることが難しい場合は少しずつ条件を減らし、絶対に譲れない条件だけは残して転職先を見つけていきましょう。

労働環境など

転職先に求める条件としては労働環境などが挙げられますが、労働環境の中でも自身が何を大切にしているのかを把握しておきましょう。労働時間なのか、仕事内容なのか、仕事量なのか、人間関係なのかを知り、それに合わせて転職先を見つけることが大切です。

看護師の仕事は職場によって労働環境が大きく変わりますので、じっくりと探して自身が求める最高の職場を見つけていきましょう。

新人看護師歓迎の求人を探す

新人看護師が転職を成功させるためには、求人情報に新人看護師歓迎と記載がある転職先を見つけるのもおすすめです。病院によっては長く働ける人材を探すために、新人看護師に絞って求人を出している場合もあります。

その場合は新人看護師であることが有利になりますし、教育制度なども整っていることが多いので、働きやすい職場に転職することができます。

新人看護師でも転職で成長できる

新人看護師が転職する理由|新人看護師の主な就職先/仕事環境/年収

新人看護師が転職したいと思う理由や新人看護師が転職する際に頭に入れておくべき主な転職先、新人看護師が転職した際の成功例・失敗例や新人看護師が転職を考える際に注意すべき点などを紹介しましたが、新人看護師であっても転職することはできます。

看護師は人手不足の業界ですので、新人であっても転職を決めることはそれほど難しくありません。難しいのは転職を成功させることです。転職を成功させるためには、しっかりと準備を進めて転職活動を行うことが大切です。

焦って決めても良いことはありませんので、焦らずじっくりと転職活動を進めましょう。新人看護師も転職を成功させ、成長することはできますので、最高の職場を見つけ、理想的な転職を目指しましょう。

今の職場は自分に合っていますか?

看護師に憧れて就職してみたけど、
看護師を辞めたくてしょうがない...
なんでかわからないけど、今の仕事が辛い...
と、思い悩んでいませんか?

ナースミルにも、仕事がつらいという悩み人間関係についての相談の声がよく寄せられてきます。

いまのままでいいのかな...?
みなさん、不安を抱えながら働いているようです。。

もし「辞めたい」とお考えの方がいましたら、相談するのに最適な看護師専門の転職エージェントを下記にご紹介します。まずは、あなたの状況を相談してみて、転職するかどうか決めてみましょう。

当然ですが、利用は完全無料です。もちろん、転職エージェントに登録したからといって必ず転職する義務はないので安心してくださいね。

Related