Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月10日

看護師がクリニックに転職する方法|仕事内容・総合病院との違い

看護師がクリニックに転職する場合はどのような方法を取ればいいのでしょうか?看護師は職場によって労働環境が大きく変わり、クリニックにはクリニックのメリットとデメリットがあります。今回は看護師のクリニックへの転職をご紹介します。

看護師がクリニックに転職する方法|仕事内容・総合病院との違い

看護師が転職する時に見ておきたいクリニック一覧は?

看護師がクリニックに転職する方法|仕事内容・総合病院との違い

どんな仕事であっても転職は付き物であり、看護師の仕事であってもそれは同じです。看護師であっても転職を考えることはありますし、むしろ看護師は転職が多い職業でもあります。看護師の転職が多い理由としては勤め先によって労働環境が大きく変わるからです。

看護師の基本的な職場は病院ですが、病院の中にも様々な業態があります。大規模で様々な部署がある総合病院もあれば、町医者のような小さなクリニックと呼ばれる病院もあります。

クリニックは総合病院に比べれば楽なイメージもあり、クリニックに転職したいと考える看護師は多いです。クリニックと一口に言っても様々なものがありますが、クリニックに転職する際に見ておきたいクリニックの一覧はどのようなものが挙げられるでしょうか。

美容クリニック

看護師がクリニックに転職する際に見ておきたいクリニックとしては美容整形クリニックが挙げられます。美容整形クリニックは保険外診療の自由診療であり、他の病院に比べれば受診料は高くなります。

クリニックにおいては受診料がそのまま売上になりますので、受診料の高い美容整形の診療は利益が出やすくもあります。クリニックとしての利益が挙がっていればその分看護師の給料も上がりやすくなり、高い年収を期待することが出来ます。

また看護師の仕事は人命に関わることも多く、責任感が必要な仕事ではありますが、美容整形クリニックの場合は人命に直接関わることはそれほどありません。他の職場に比べれば比較的苦労が少なく働くことができ、転職にはおすすめであると言えます。

クリニックの仕事内容は?

看護師がクリニックに転職する方法|仕事内容・総合病院との違い

看護師としてクリニックに転職したいのであれば、クリニックの仕事内容を正しく理解しておく必要があります。看護師は勤める職場によって仕事の量や内容も違いますし、クリニックの場合は病院とも仕事の内容が違っていることも多いです。

クリニックは基本的には個人経営であり、各クリニックごとに仕事の内容が異なっていますので、転職前に自分が志望するクリニックはどんな仕事内容なのかを知っておくようにしましょう。

仕事内容

クリニックの看護師の基本的な仕事の内容としては問診やバイタルの測定、検査の説明などが挙げられます。もちろんクリニックによっては他の仕事がある場合もありますが、基本的にはこれらの仕事が中心になります。

クリニックの場合は入院患者はいませんし、患者は通院してくる人だけに限られます。そのため夜勤はなく、日勤のみの仕事であることも少なくありません。クリニックによっては医療事務を雇っている場合もありますが、そうではない場合は看護師が受付や窓口の業務を兼任する場合もあります。

小さなクリニックになればなるほど人員も少なく、一人ひとりが様々な仕事をこなさければなりません。クリニックでも場合によっては仕事に追われ、忙しいこともあります。

クリニック看護師の平均年収は?

看護師がクリニックに転職する方法|仕事内容・総合病院との違い

看護師は大変な仕事ですし、専門的な知識が必要で資格がなければ出来ない仕事です。資格職でもあり、業務も大変ですので、看護師は他の職業に比べれば給料が多い場合もあります。また看護師には夜勤がありますので、夜勤手当やその他の手当などを合わせれば、より高収入を獲得することも出来ます。

しかし同じ看護師であっても病院勤めとクリニック勤めでは給料が違う場合もあります。病院とクリニックでは業務の内容が異なる場合もありますし、給料に違いが出るのは仕方のないことではありますが、クリニックに勤める看護師の平均年収は一体いくらぐらいなのでしょうか。

400~500万前後

クリニックに勤める看護師の平均的な年収としては400~500万前後であることが多いです。日本人の平均年収が400万程度とされていますので、平均と同じ、あるいは少し高いくらいの年収をもらっていると言えます。

病院勤めの場合は500~600万前後であり、クリニックは病院より少しだけ年収が少ないです。しかし必ずしもクリニックでの年収が病院に劣るとは限りません。クリニックによっては高い年収を獲得出来る場合もありますし、職場の選び方次第では好条件で働くことが出来ますので、転職するのであれば、しっかりと給料などの条件面も確認しておくようにしましょう。

総合病院とクリニックの違いは?

看護師がクリニックに転職する方法|仕事内容・総合病院との違い

看護師の職場は様々であり、病院に勤める場合もあれば、クリニックに勤める場合もあります。病院でもクリニックでも医療行為を行うことに違いはありませんし、看護師は看護業務を行います。

しかし病院とクリニックの間には大きな違いがあります。クリニックに転職するのであれば、それらの違いを正しく理解しておくことも大切です。総合病院とクリニックにはどのような違いがあるのでしょうか。

規模の違い

総合病院とクリニックの違いとしては、その規模の違いが挙げられます。基本的な考え方としては総合病院は規模が大きく、クリニックは規模が小さいです。総合病院の場合は様々な部署や診療科があるのに対し、クリニックの場合は基本的には一つか二つ程度としか診療科がありません。

総合病院とクリニックではそもそも医者の数にも違いがあり、総合病院にはたくさんの医者がいますが、クリニックの場合は個人経営ですので、大体が一人です。また総合病院は患者数も多く、入院患者もいますので、夜勤がありますが、クリニックでは入院患者がおらず、基本的には夜勤がありません。

規模が違うだけで仕事の内容も大きく変わりますので、正しく理解しておくことが大切です。

クリニックへ転職で働く際のメリット・デメリットは?

看護師がクリニックに転職する方法|仕事内容・総合病院との違い

クリニックへ転職するのであれば、そこで働くメリットとデメリットを知っておく必要があります。クリニックは総合病院に比べれば楽そうというイメージを持つ人も多いですが、実際には労働環境や人間関係などはどのようになっているのか、転職前に知っておきましょう。

クリニックで働くことにはメリットもありますが、当然デメリットもあります。転職で失敗しないためにも両方を正しく理解しておくことが大切です。

労働環境

クリニックに転職するメリットとしては仕事の量の専門性が増すことが挙げられます。クリニックの場合は基本的に診療科は一つに限られていますので、一つの分野に集中して仕事をすることが出来ます。

デメリットとして一つの分野に集中できる分キャリア積むのが難しいということです。一つの分野に特化することは出来ますが、総合的な力を身に付けにくくあります。

人間関係

クリニックの人間関係のメリットとしてはこじんまりとしているため、お互いの距離が縮めやすいことが挙げられます。それぞれの仕事はそれほどきつくないので、和気あいあいとした雰囲気で仕事が進められることも多いです。

デメリットとしては人間関係が狭いだけに、常に同じ人と顔を合わせなければならないことです。同僚と仲が良ければ問題はありませんが、仲が悪い場合には逃げ場がないとも言えますので、大変な職場であると言えます。

看護師の転職は慎重に

看護師がクリニックに転職する方法|仕事内容・総合病院との違い

看護師が転職する時に見ておきたいクリニック一覧やクリニックの仕事内容、クリニック看護師の平均年収や総合病院とクリニックの違い、クリニックで働く際のメリット・デメリットなどを紹介しましたが、看護師の仕事は職場によって大きく変わります。

総合病院に勤めるの場合もそうですし、クリニックに勤める場合もそれは同じです。同じクリニックという業態であっても職場によって労働環境や人間関係は異なりますので、転職前にしっかりと確認しておくことが大切です。

看護師は転職の多い業界であり、転職によって理想的な職場を見つける人も多いです。転職を成功させるためには慎重に選び、自分が納得いくように転職活動を行いましょう。

今の職場は自分に合っていますか?

看護師に憧れて就職してみたけど、
看護師を辞めたくてしょうがない...
なんでかわからないけど、今の仕事が辛い...
と、思い悩んでいませんか?

ナースミルにも、仕事がつらいという悩み人間関係についての相談の声がよく寄せられてきます。

いまのままでいいのかな...?
みなさん、不安を抱えながら働いているようです。。

もし「辞めたい」とお考えの方がいましたら、相談するのに最適な看護師専門の転職エージェントを下記にご紹介します。まずは、あなたの状況を相談してみて、転職するかどうか決めてみましょう。

当然ですが、利用は完全無料です。もちろん、転職エージェントに登録したからといって必ず転職する義務はないので安心してくださいね。

Related