Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月17日

看護師が辞めたいと思うきっかけ|辞めたいと思ってから転職する方法

看護師が辞めたいと思う理由などはご存じでしょうか?看護師は大変な仕事ですので、辞めたい、転職したいと考える人は多いです。辞めたいと思えば簡単に辞められるものでもありませんし、転職にもハードルがありますので、それらの対処法を正しく理解しておくことが大切です。

看護師が辞めたいと思うきっかけ|辞めたいと思ってから転職する方法

看護師が辞めたいと思うきっかけは?

看護師が辞めたいと思うきっかけ|辞めたいと思ってから転職する方法

仕事に就くためには就職試験や転職試験を受け、それに合格しなければなりません。それらの試験に合格するのはハードルが高く、しっかりと準備や対策をしなければ就職することはできません。

しかし苦労して就職したからと言って、必ずしもその職場で続けていけるとは限りません。実際に働いてみればイメージと違っている場合もありますし、何らかの理由で仕事を辞めたいと思うこともあります。

看護師であってもそれは同じで、看護師になるためには資格を取得するなど就職までのハードルも他の職業よりも高いですが、就職してから辞めたい、転職したいと考えることはあります。看護師が辞めたい、転職したいと考える理由はさまざまですが、具体的にはどのような理由が挙げられるでしょうか。

人間関係がきつくて辞めたい

看護師が辞めたい、転職したいと考える理由としては人間関係が挙げられます。看護師はチームで働く職場ですので、チームワークを欠かすことができず、その分人間関係も濃密になりやすいです。

チームの全員と相性が良く、濃密な関係を築くことができれば、問題なく働くことはできますが、チームの一人とでも仲が悪い、相性が歩い場合には仕事を続けていくことが難しくなります。看護師は命を預かる仕事ですので、チームワークが上手く発揮できずにミスを犯してしまえば大変なことになります。

チームの一員と相性が悪く、良い人間関係を築くことができなければ仕事にも支障が出ますし、ストレスも溜まりやすいので、辞めたい、転職したいと考える看護師は多いです。

看護師は女性が多い職場

看護師が仕事を辞めたい、今の職場を転職したいと考える理由としては人間関係が挙げられますが、人間関係が理由で転職を考えることは他の職業でもあります。しかし看護師の場合は他の職業に比べて人間関係が複雑化しやすい特徴があります。

それは看護師の職場の大半は女性であるということです。女性が大半の職場ですので、人間関係も複雑化しやすく、人間関係のこじれから辞めたいと考えたり、転職を考える看護師は多いです。

もちろん女性が多い職場は必ずしも人間関係が悪いわけではありません。職場によっては良好な関係を築いている場合もありますが、やはり女性同士では人間関係が悪化しやすいことも多く、それが辞めたいと思う原因になることは多いです。

荒々しい言葉に辞めたいと思う

看護師が辞めたい、転職したいと思う理由は人間関係が多いですが、必ずしも人間関係が悪くて辞めたいと思うわけではありません。中には先輩などの言葉遣いの荒々しさや当たりの強さから辞めたい、転職したいと考える場合もあります。

看護師は就職したてではまだまだ戦力にならないことも多く、先輩、上司に教えてもらいながら仕事を進めていきますが、看護師の現場は非常に多忙であり、ゆっくりと仕事を教えている暇はありません。新人であってももたもたしていれば、つい言葉を荒げてしまうことも多く、それが辛いと感じて辞めたいと思う看護師は多いです。

言葉遣いが強くなってしまうのは看護師の特徴でもありますが、それに耐えられず辞めたいと思う人も多いです。

労働時間が長くて辞めたい

看護師が辞めたいと思うきっかけ|辞めたいと思ってから転職する方法

看護師が辞めたい、転職したいと考える理由としては、労働時間も考えられます。看護師は激務でも有名な職業でもあり、労働時間が長いことも多いです。もちろん看護師の労働時間は労働基準法によって定められていますし、いつまでも無制限に働かされるというわけではありません。

福利厚生が良い病院やクリニックも多く、残業した分の残業代はきちんと支払われることも多いです。しかしそれでもその労働時間の長さや残業の辛さから辞めたい、転職したいと考える人は多いです。

看護師の仕事はいつ、いかなるときにトラブルが起こるか分かりませんし、退社間際に急患が入り、帰れなくなることもざらにあります。労働時間が長く、過酷な仕事に耐えかねて、辞めたい、転職したいと考える人は多いです。

夜勤

看護師は労働時間がきっかけで辞めたいと考えることが多いですが、それは単に労働時間が長いだけではなく、看護師の勤務形態にも理由があります。看護師は日中に働く日勤だけではなく、夕方から翌日の朝にかけて働く夜勤というものがあります。

看護師の勤務形態には2交代制と3交代制があり、3交代制であれば夜勤であってもそれほど勤務時間は長くありませんが、2交代制の場合は2日分の勤務時間を1日でこなさなければなりません。

また夜勤専従で雇われている人もいますが、ほとんどの場合は夜勤と日勤をランダムに繰り返します。夜勤だけでも体力的な負担は大きいですが、それに加えて日勤もあり、生活リズムが狂うことからも辞めたい、転職したいと考える看護師は多いです。

緊張時間が長い

看護師は残業が多いことで労働時間が長く、また夜勤などのシフトがあれば、さらに労働時間が長いこともあります。労働時間の長さを理由に辞めたい、転職したいと考える人も多いですが、問題なのは労働時間が長いだけではなく、その間の緊張時間が長いことも挙げられます。

看護師は患者の命を預かる仕事であり、業務にミスは許されません。一つのミスが大きな事故につながる可能性もありますし、常に集中して、緊張感を持って業務に取り組まなければなりません。

緊張感を持ち続けることは非常に大変なことで、労働時間が長くなればそれはさらに大変なことです。緊張状態が長く続き、労働時間も長く、精神的にも疲労が溜まりやすいので、辞めたいと考える人は多いです。

仕事量が多くて辞めたい

看護師が辞めたいと思うきっかけ|辞めたいと思ってから転職する方法

看護師が辞めたい、転職したいと考える理由としては、その仕事量の多さも挙げられます。看護師は労働時間が長く、大変な仕事ですが、労働時間が長くなってしまうのは、仕事の量が非常に多いからです。

看護師は患者の看護など現場での業務もたくさんありますし、それだけではなく諸々の事務処理もしなければなりません。現場での作業と事務での作業の両方が看護師の仕事としてあり、その量の多さに転職を考える人も少なくありません。

また全ての仕事がスムーズに進むわけではありません。看護師の仕事は患者によって左右されますので、患者の具合が悪ければそれに合わせて行動しなければなりませんし、急患が入れば仕事も増えますので、その大変さに辞めたい、転職したいと考える人は多いです。

ミスが許されない

看護師の仕事量は想像を絶するほどに多く、それが原因で辞めたい、転職したいと考える人も多いですが、単に仕事量が多いだけではなく、そのハードルが高いことも辞めたいと考える理由の一つです。

看護師の仕事は患者に関わる仕事をしていますので、どんな小さなことでもミスは許されません。どんなミスが事故につながるか分かりませんので、常に細心の注意を払い、ミスなく仕事を進めていかなければなりません。看護師は膨大な仕事量をミスなく進め、それをスピード感を持って行わなければなりません。

ミスをしないためにゆっくりと仕事を行えば業務が滞ってしまいますし、看護師はチームの仕事なので他の人にも迷惑がかかります。仕事量が多く、それをミスなく素早くこなすというハードルの高さも看護師を辞めたいと考える理由の一つです。

看護師リーダー業務

看護師にもさまざまな役職があり、その中の一つに看護師リーダーがあります。看護師リーダーは看護師のチームを統率し、他の診療科とも連携を取る役目がありますが、このリーダー業務の大変さに辞めたい、転職したいと考える看護師は多いです。

看護師はただでさえ仕事量の多い仕事ですが、看護師リーダーは通常の看護師業務に加えて、リーダー業務を行わなければなりません。リーダー業務を行っていればそれでいいというわけではなく、看護師としての役目も果たしながら、リーダーとしての役割を担うので、仕事量は一気に跳ね上がります。

看護師リーダーは役職の一つですので、役職手当などがつく場合も多いですが、それでは割りに合わずに辞めたいと感じる人も多いです。

看護師を辞めたいと思う時の対処法は?

看護師が辞めたいと思うきっかけ|辞めたいと思ってから転職する方法

看護師を辞めたいと思うからといって、簡単に辞めてしまえば後悔が残る場合もあります。看護師に限らず仕事を辞めることは重大なことですし、簡単な気持ちで決定していいことではありません。

仕事を辞めてしまえば、次の仕事を見つけなければなりませんし、それまでの間は無職になり、収入がなくなりますので、生活も苦しくなります。すぐに転職先が見つかればいいですが、そう簡単に転職先が見つかるとも限りません。

看護師の仕事は大変なものですので、辞めたいと感じてしまうことも多いですが、それは一時の感情である場合もあります。感情に任せて辞めてしまえば後悔することも多いので、簡単に投げ出さないためにも、看護師を辞めたいと思う気持ちに対して対処していく必要があります。

本当に辞めたいのかよく考える

看護師を辞めたいと思えば勢いに任せてすぐに辞めてしまってはいけません。看護師の仕事に限らず、勢いに任せた退職は後悔につながることが多いです。看護師を辞めたいと思うのであれば、本当に辞めたいのかをよく考えることが大切です。

なぜ看護師の仕事を辞めたいと感じているのか、それは解決できないことなのかをしっかりと考えましょう。解決できないことであれば、辞めることを視野に入れて動き出す必要がありますが、そうでないなら解決策を実行し、少しでも現状を改善することに努めることが大切です。

辞めたいという感情は一過性のものである可能性もありますので、一度冷静になって自身の気持ちを確かめることが大切です。辞めたいと思えば、一度気持ちを飲み込み、冷静になってからもう一度考えましょう。

看護師資格を取るまでの過程を思い出す

看護師が辞めたいと思うきっかけ|辞めたいと思ってから転職する方法

看護師の仕事を辞めたいと思うときは、看護師の資格を取得するまでの苦労やその過程をおもいだしてみましょう。看護師は専門性の高い仕事であり、看護師の資格がなければ働くことはできません。

看護師資格を取得するためには、資格試験を受験する必要がありますが、受験資格を得るためには看護学校で勉強しなければなりません。看護師はなるまでのハードルも高く、それだけの苦労を重ねてようやくたどり着いた職場を簡単に手放してしまうのは非常に勿体ないです。

辞めたいと感じれば、看護師資格を取得するまでの苦労をおもいだし、踏み止まることが大切です。看護師を辞めなくても、他の病院に転職するという方法もありますので、看護師として働く方法を考えてみましょう。

転職活動の大変さを知る

看護師を辞めたいと感じ、仮に辞めた場合でもそのまま無職の状態でいるわけにはいきません。新しい仕事を見つけなければならず、看護師として働くことが嫌なのであれば、一般の企業へ転職活動を行う必要があります。

看護師は専門性の高い職業ですが、専門性が高いがゆえに、看護師以外の仕事では知識やスキルを活かすことができません。看護師を辞めて一般の企業に就職するのであれば一般の社会人としてのスキルを身に付ける必要がありますし、未経験でスキルがなければ転職は難しい場合も多いです。

看護師として別の病院やクリニックなどに転職する場合であれば別ですが、看護師自体やめ、他の職業に就く場合には転職のハードルも高いので、その難しさを知ることでも辞めたい気持ちを踏みとどまることができます。

看護師を辞めたいと考えてからうまく転職する方法は?

看護師が辞めたいと思うきっかけ|辞めたいと思ってから転職する方法

看護師を辞めたいと感じ、それを行動に移したからといってすぐに辞められるわけではありません。看護師は人手不足の業界ですので、辞めるとなれば引き止めにあう場合も多いですし、転職先が決まっていたとしても引き止められることもあります。

労働者には仕事に就く権利もあれば、辞める権利も認められていますので、病院がなんと言おうと辞めること自体は可能ですが、同じ辞めるのであれば、円満に退職するに越したことはありません。前職との折り合いが悪いと転職先でもスムーズなスタートを切ることができませんし、辞めたいと考え、転職を決めた場合でも円満な退職を目指しましょう。

看護師を辞めたいと考えてからうまく転職するにはポイントがありますので、それらを踏まえて転職活動などを行っていきましょう。

転職理由を周りにうまく言う方法

看護師を辞め、うまく転職するには転職理由を周囲に伝えなければなりません。何も言わずに黙って転職し、職場を去るのは失礼ですので、これまでの感謝や挨拶も兼ねて転職理由などを伝えておくことが大切です。

うまく転職理由を伝える方法としては、本音を言いすぎないということです。看護師が辞めたいと感じ、転職を決める理由はさまざまありますが、理由の大抵は職場の環境に満足がいっていないことです。

それを伝えてしまうと雰囲気が悪くなってしまいますので、転職の理由は濁して、本音を言わないことがマナーでもあります。自身の発言がどんな風に伝わっていくか分かりませんので、転職を決めた理由はできるだけ濁して、当たり障りのない理由を伝えていきましょう。

転職先の見つけ方

看護師が辞めたいと思うきっかけ|辞めたいと思ってから転職する方法

看護師を辞めたいと思えば、すぐに退職届けを提出するのではなく、退職前に転職先を見つけておく必要があります。看護師として別の病院やクリニックなどに転職するのか、それとも看護師は完全に辞め、一般の企業に転職するかによって転職先の見つけ方は違ってきますので、注意が必要です。

看護師を辞めて一般の企業に転職するのであれば、転職サイトや転職エージェントを利用するなどの方法が考えられます。これは一般的な転職の方法と同じであり、企業に転職するのであればこの方法で問題ありません。

しかし看護師を辞めたいといっても、その職場を辞めたいだけで看護師自体を辞める気はない場合は、転職先の見つけ方は別の方法を考える必要があります。

知人の紹介

看護師自体を辞めたいのではなく、看護師は続けながらもその職場は辞めたいという場合には知人の紹介で転職先を見つけるという方法がおすすめです。看護学校自体の知人などに連絡して、転職先の病院を紹介してもらえないかを確認してみましょう。

看護専門学校は看護師になるための学校ですので、そのときの知人や友人であれば、基本的には看護師として勤務しています。看護師の転職先は看護師に聞くのが最も手っ取り早いので、知人のつてを辿って新たな職場を見つけましょう。

看護師は人手不足の業界ですので、紹介でも転職先を決めることは可能です。紹介であれば、事前に職場の環境などを聞くこともできますし、転職先の理解を深めた上で転職を行うことができます。

看護師専門の転職サイトを使う

看護師がうまく転職するためには、看護師専門の転職サイトを利用することが大切です。転職サイトや求人サイトは数多く存在していますが、それらは一般的な仕事の求人がメインのサイトです。

看護師は専門職ですので、それらのサイトでは求人情報が少ない、あるいはほとんど掲載されていないことも多いです。看護師には看護師の仕事を専門に取り扱った転職サイトや求人サイトがありますので、それを利用して転職先を見つけていきましょう。

サイトによって特徴が違いますので、一つのサイトにこだわらず、さまざまなサイトを試してみることが大切です。転職サイトによっては条件次第で転職お祝い金をもらえる場合もありますので、それらも利用して上手に転職を決めましょう。

転職に失敗しない方法

看護師が辞めたいと思うきっかけ|辞めたいと思ってから転職する方法

看護師が仕事を辞めたいと考え、そこからうまく転職するためには、転職に失敗しない方法を考えることが大切です。看護師として転職する場合には転職のハードルはそれほど高くありませんが、それは単に転職先が決まるというだけのことです。

転職は転職先が決まったからといって必ずしも成功しているわけではありません。転職先が決まっても、そこでの働きに満足できない、環境に満足できないのであれば転職としては失敗です。

全ての転職が成功するわけではありませんし、転職によって大きく失敗してしまうケースも少なくありません。転職を成功に導くためには、綿密に転職活動を行い、事前の準備をしっかりと進めておくことが大切です。

転職を焦らない

転職に失敗しないためには、転職を焦らないことが大切です。今の職場が嫌になれば、すぐにでも転職したい気持ちが生まれてしまうのも分かりますが、焦って転職先を決めても成功する確率は非常に低いです。

焦って転職しても良いことはありませんし、後悔の原因にもつながりかねません。焦る気持ちをぐっとこらえ、丁寧に転職活動を行うことが大切です。転職を考えたのであれば、本当に転職しても後悔しないかを確認し、転職先の病院などもしっかりと情報を集めて転職活動を進めるようにしましょう。

看護師の仕事は勤める病院によっても環境が大きく変わりますし、同じ病院でも診療科によっても環境が変わります。詳細まで情報を手に入れ、丁寧な転職活動を心がけましょう。

退職は1ヶ月以上前から申し出る

看護師が辞めたいと思うきっかけ|辞めたいと思ってから転職する方法

看護師がうまく転職するためには、条件の良い転職先を見つけることも大切ですが、うまく退職する方法を考えることも大切です。看護師の仕事は忙しく、人手不足の病院も多いので、看護師が辞めるとなれば大騒ぎになることも少なくありません。

それは単に人手がさらに足りなくなるということもありますし、退職するのであれば、他の人にも業務を割り振ったり、引継ぎ業務を行う必要があるからです。看護師は辞めたいからといってすぐに辞められるものではなく、辞めるまでにもしなければならないことがたくさんあります。

できるだけ多めに余裕を持って、最低でも1ヶ月以上前には辞めたいという気持ちを病院に伝えておくことが大切です。

1ヶ月以上前がマナー

仕事を辞めるためには労働者が辞めると申し出て、退職届けを提出すれば、退職することはできます。しかし即日辞められてしまったのでは企業や病院の負担が大きくなってしまうので、法律では最低でも14日前に言い出せば退職は可能となっています。

しかし企業や病院ごとには就業規則が定められており、退職日については法律ではなく、就業規則が優先されます。就業規則はそれぞれ違いますので、法律と同じく14日前となっている場合もあれば1ヶ月前となっている場合もあります。

退職に関しては就業規則に従う必要がありますが、それだけではなく、辞めることは多くの人に迷惑をかけることですので、マナーの意味でも1ヶ月以上前から退職を申し出ることが円満退職の秘訣です。

看護師をやめるメリット・デメリットは?

看護師が辞めたいと思うきっかけ|辞めたいと思ってから転職する方法

看護師を辞めたいと考えたのであれば、転職活動を行い、退職手続きを進める必要があります。働きながら転職活動を行うことは難しいですが、うまく退職するためには、先に転職先を決めておくことが大切です。

転職先も決まり、退職手続きを行えば、いよいよ看護師の仕事を辞めることになりますが、そのステップに進んでしまう前に、看護師を辞めることのメリットとデメリットを知っておくことが大切です。物事には何でも良い面と悪い面がありますので、看護師を辞めることにもそれぞれ良いことと悪いことがあります。

メリットとデメリットの両方を知って、自身の将来をどんな風に決定していくのかを考えていきましょう。

メリット

看護師をやめることのメリットとしては激務から解放されるということが挙げられます。看護師の仕事は激務でも有名であり、それを辞めることで充分に休息を取ることができます。看護師の仕事を続けていれば肉体的にも精神的にも疲労が溜まりますので、辞めてすっきりとし、ゆっくりと体を休めることで気分を一新することができます。

また他の職業についたとしても、激務の耐性が身に付いていますので、大抵のことであれば苦労なく乗り越えることができます。

デメリット

看護師をやめるデメリットとしてはせっかく取得した資格が無駄になってしまうことが挙げられます。看護師になるためには、看護の専門学校で勉強しなければなりませんし、何百万という学費が必要になります。

看護師になるためには3~4年勉強しなければなりませんし、お金も時間も無駄にしてしまうことになります。看護師は専門職ですので、看護師の資格は看護師でしか活かすことができず、他の職業に就く場合は宝の持ち腐れになってしまうことも多いです。

転職にも活路はある

看護師が辞めたいと思うきっかけ|辞めたいと思ってから転職する方法

看護師が辞めたいと思うきっかけや辞めたいと考えた時の対処法、辞めたいと考えてからうまく転職する方法や看護師をやめるメリット・デメリットを紹介しましたが、看護師自体を辞めなくても、転職するという方法もあります。

看護師の仕事は大変ですが、病院によって環境が大きく異なることも多いです。全ての病院が過酷な職場というわけではありませんので、他の病院に転職し、また看護師として働くということもできます。

看護師は転職によって幅広い知識やスキルを身に付けることもできますし、良い条件の職場で働くこともできます。転職はマイナスのものではなく、転職にこそ活路がありますので、辞めたいと思えば転職を視野に入れ、看護師としてもう少し働いてみましょう。

今の職場は自分に合っていますか?

看護師に憧れて就職してみたけど、
看護師を辞めたくてしょうがない...
なんでかわからないけど、今の仕事が辛い...
と、思い悩んでいませんか?

ナースミルにも、仕事がつらいという悩み人間関係についての相談の声がよく寄せられてきます。

いまのままでいいのかな...?
みなさん、不安を抱えながら働いているようです。。

もし「辞めたい」とお考えの方がいましたら、相談するのに最適な看護師専門の転職エージェントを下記にご紹介します。まずは、あなたの状況を相談してみて、転職するかどうか決めてみましょう。

当然ですが、利用は完全無料です。もちろん、転職エージェントに登録したからといって必ず転職する義務はないので安心してくださいね。

Related