Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月15日

企業看護師に転職するには|企業看護師に求められるスキル

企業の看護師の求人の特徴は、非公開の求人や募集人数が少ないなどであり転職は狭き門となっています。また、企業に転職をするためビジネスマナーやパソコンスキルも求められます。少しでも転職の可能性を高めるためには事前に準備が必要です。

企業看護師に転職するには|企業看護師に求められるスキル

企業で働く企業看護師とは

企業看護師に転職するには|企業看護師に求められるスキル

企業で働く企業看護師とは、一般企業で働く看護師のことを言います。医療資格を持って企業に就職をし、その企業の従業員として働くことになります。仕事内容は健康に関する事ですが、勤務形態や給料形態などは就職した企業のルールでの就業になるため、病院の看護師とは異なった働き方になります。

産業保健師との違い

企業看護師に転職するには|企業看護師に求められるスキル

産業保健師は、企業内の医務室や診療所に常駐し、従業員の健康管理や健康教育などの健康講座の実施、メンタル支援などを行います。産業看護師と仕事内容が同じこともありますが、企業によっては看護師と保健師の業務をしっかりと分けていることもあるため、転職をする際には仕事内容の確認をすることは大切です。

企業看護師の種類

企業看護師に転職するには|企業看護師に求められるスキル

企業看護師はさまざまな種類があり、どの職種も看護師の資格を生かす仕事内容になります。今回は以下の職種をご紹介します。

治験コーディネーター(CRC)

治験コーディネーター(CRC)とは、新薬開発をチェックする仕事です。治験を行う時は、製薬会社や病院、患者、その他の医療職者などさまざまな人が関わります。そのような中で治験がスムーズに行われるように、関わる人同士が連携できるように調整などをする役割です。また、治験終了後のデータ管理やチェックなども重要な業務の一つです。

治験コーディネーターは必ず看護師の資格が必要になる職種ではありませんが、病院の事を知っていると、さまざまな医療職の動きや患者の気持ちなどもわかるため病院勤務時の経験が役に立ちます。

臨床開発モニター(CRA)

臨床開発モニター(CRA)とは、正しく新薬の開発が行われているかチェックをする仕事です。新薬の開発のチェックを行うため、薬剤師や看護師から転職をする人が増加しています。働く場所は病院ではなく、製薬会社や医療機器メーカーになります。

仕事ではパソコンを使う頻度が高いため、パソコンスキルが求められます。

品質管理者(QC)

品質管理者(QC)とは、製薬会社が新薬を販売するためには新薬の臨床データの提出を必ずしなければなりません。そのデータを臨床データの作成を担当するのが品質管理者(QC)です。

看護師や保健師の経験と知識が役に立つため、看護師や保健師から品質管理者(QC)に転職をする人もいます。また、新薬を販売するためのデータを扱うため正確に仕事を行うことが要求されます。

企業の医務室の看護師

企業の診療所で働く看護師は働いている企業の従業員を対象に、定期健康診断やメンタル支援、健康教育、職場環境のチェックと改善などを行います。

クリニカルスペシャリスト

クリニカルスペシャリストとは、医療機器メーカーで働く看護師のことをいいます。クリニカルスペシャリストは需要は高まっていますが、まだまだ知名度が低い職種です。

クリニカルスペシャリストの仕事は、医療機器や用具の営業を行います。医療機関に医療機器や用具を売り込むために、看護師として働いていた時の知識や経験が役に立ちます。必ず看護師資格が必要な仕事ではありませんが、使用していた看護師が営業をすることで相手にわかりやすく製品説明などを行うことができます。

ツアーナース

ツアーナースとは、ツアー客と一緒に行動をする看護師のことツアーナースとして企業や学校に雇われる形になります。ツアーは団体客や修学旅行生と一緒に行動をし、けがの処置や病気など体調不良時の対応を行います。さまざまな人と行動を共にするため年齢に応じた病態の知識や、さまざまな年齢とコミュニケーションを取れるスキルが求められます。

しかし、継続的な雇用がほとんどなく単発やアルバイトの雇用形態であるため、安定して働くことはできません。

医療相談専門のコールセンター

医療相談専門のコールセンターは、自治体や医療機関、医療機器メーカー、製薬会社などが設置しています。医療相談専門のコールセンタースタッフは、電話で健康に関する問い合わせに対して対応をします。患者と直接会わないため、電話で相手が聞きたいことを正確に聞き取ることや、わかりやすく説明をすることも大切です。

求人は多い職種ではありますが、アルバイトや派遣社員での就業が多い職種になります。

学校看護師

学校看護師は、小学校や中学校、高校ではなく、大学や専門学校で働く看護師になります。小学校や中学校、高校で働くには養護教諭の資格が必要になります。大学や専門学校ででも「保健室」で働くことになります。

学校看護師の仕事は学生や教職員が対象であり、健康管理やメンタル支援などを行います。

保育園や幼稚園の看護師

保育園や幼稚園で働く看護師は、園児の健康管理や遊び相手、日常生活の援助や、健康に関するお便りの配布、保護者の対応などを行います。園児は特にアレルギーや病気を持っている子でない限りは、健康な園児を相手にするため、けがや体調不良などがない限りは、保育士と一緒に園児と遊んだり日常生活の支援を行うことになります。

企業看護師への転職理由

企業看護師に転職するには|企業看護師に求められるスキル

病院で働いている看護師は、患者さんとその家族が対象です。患者さんの病気やケガが治るように日常生活の援助や支援を行ったり、家族の悩みなどが解消されるように支援などをします。

しかし、企業看護師の場合、例えば学校や企業に転職をすると学生や教職員、企業の従業員など基本的に健康な人が対象です。健康管理は予防や早期発見をすることが大切であり、病気やケガをする人を増やさないようにするためには、病院以外の地域などのコミュニティーレベルで健康教育などを行うことが大切です。

病院で看護師として働いている間に、さまざまな職種に触れたり問題点などに気づき、それらが企業看護師に転職をする理由になります。

企業看護師の転職先

現在、看護師の転職先の種類はさまざまです。病院はもちろん、介護老人保健施設、学校、保育園や幼稚園、地方自治体、企業などです。転職先や職種で、勤務形態や給料形態、雇用形態などもさまざまです。常に募集をしている転職先もあれば、季節などの時期で求人が出やすい転職先などがあります。

転職を考える際は、なぜ転職をして企業の看護師として働きたいのか、どの職種で働きたいのかなどをしっかりと決めておくことが大切です。

医療機器メーカー、製薬会社

看護師の資格を生かすことができる転職先として、医療機器メーカーや製薬会社などの企業があります。例えば、医療機器メーカーではさまざまな医療機器を医療機関に説明をしながら売り込む営業や、サポートを行います。仕事を行う際には看護師の医療知識なども必要であるため、転職先として選ばれています。

また、製薬会社の場合は、治験コーディネーター(CRC)やアドバイザー、顧客向けのコールセンタースタッフに看護師資格を取得している人を積極的に採用する企業が増えているため、転職の選択肢の一つとして加えると、転職の可能性が増えます。

製造業などの企業

看護師の資格を生かすことができる転職先として、企業の医務室や診療所があります。企業での看護師業務は、従業員の健康管理や、産業医の診察の補助、データ管理、職場巡視などを行います。医療行為を行うよりもデスクワークが多く、電話応対など事務的な仕事内容も含まれます。転職をする際にはどのような業務内容かなども確認をすることが必要です。

各種学校や保育園

まず、看護師が転職できる学校は大学や専門学校です。大学や専門学校は養護教諭の資格は必要ないため看護師資格のみで転職はできます。しかし、人気のある転職先であり、さらに、求人数も少ないため転職は狭き門となっています。

また、保育園や幼稚園での看護師も求人数が少ないため転職をする際には面接対策などをしっかりと行って採用試験に臨むことが大切です。

企業看護師の平均年収

企業看護師に転職するには|企業看護師に求められるスキル

企業看護師の場合、年収は転職をした企業や職種によりますが、平均をすると400万~600万程度になります。さらに、年齢や前職の経験など転職先によっては加算されることもあるため、転職する際に給料に経験などが反映されるかなども確認をする必要があります。

また、病院で働いている看護師と比較をするととても収入が増加するというわけではないため、転職をすることで収入が減ってもいいと思うことができる企業や職種に転職をすることが大切です。

看護師の平均年収

病院の看護師の平均年収は、病院や勤務形態などによって異なりますが470万円前後です。転職をすることで、転職先の企業や職種によっては看護師の頃と比べると年収が下がってしまうことも考慮することが必要です。

職種で平均年収は異なる

治験コーディネーター(CRC)

<地域差>
治験コーディネーター(CRC)の年収は、地域や経験、転職先によって異なります。例えば、沖縄や四国で治験コーディネーター(CRC)に転職をすると年収が250万円、月給にすると15万円前後ということもあります。逆に大都会と言われるところでは年収が600万円~800万円、月給にすると40万円~60万円ということもあります。

<治験コーディネーター(CRC)の経験の有無による差>
どの職種でも同様ですが、前職が今回の転職した先の職種と同様であれば経験ありということで給料に加算されることもあります。治験コーディネーター(CRC)の場合でも経験の有無によって差がでます。経験なしの場合は初年度の年収は350万円~400万円が一般的な平均の収入です。経験の有無でどれだけ収入に差がでるかは、転職先の企業によって異なります。

臨床開発モニター(CRA)

臨床開発モニター(CRA)の平均年収は、未経験からの転職の場合350万円~450万円、月給にすると25万円~27万円になります。ここに残業代などの手当が加算されます。

<収入をアップさせる方法は役職につく>
どの職種でも同様ですが、担当できる仕事が増えたり、役職につくことで収入をアップさせることは可能です。さらに、英語など外国語を話せたりすることで国際的な場での仕事もできるようになるため、日本語以外の言語を話せることも収入アップにつながります。

企業の医務室

企業の医務室で働く看護師に転職をすると、企業毎に年収は異なります。平均年収は400万円前後です。また、雇用形態も正社員や派遣社員、契約社員とさまざまであるため、賞与などの有無によっても年収は異なります。さらに、福利厚生なども企業や雇用形態ごとに異なるため、転職をする際には雇用形態やそれに伴う福利厚生の種類なども確認をすることが必要です。

クリニカルスペシャリスト

クリニカルスペシャリストに転職をすると、平均年収は450万~550万円程度の企業が多いです。これは、女性が働く職種の中で高いと言われている看護師の年収よりもさらに50万円~100万円も高いと言われています。その代わり、仕事ではさまざまなことを求められるためハードワークになりがちですが、収入面に反映をされるためやりがいを感じやすい職種と言えます。

ツアーナース

ツアーナースに転職をすると、給料は日当性であるため「請けた仕事の日当×添乗日数」が1回の添乗報酬になります。これは、ツアー期間中の単発の仕事であるため前述のような給料計算になります。1日当たりの相場は、1万2千円程度です。ツアーナースは24時間体制であり、ツアー期間中にツアー参加者が体調を崩せば対応をする必要があります。また、ツアーが無ければ仕事は発生しないため、繁忙期や閑散期がある職種になります。

さらに、ツアーナースの仕事は単発などであるため、ボーナスや福利厚生、有給や健康保険などの保証はありません。

保育園、幼稚園看護師

保育園や幼稚園の看護師へ転職をすると、給料は20万円~25万円程度であるため、病院の看護師よりも収入が減少します。正社員であればボーナスが加算されますが、平均年収は300万円程度です。

しかし、夜間保育などの特別な保育を行っていない場合を除き夜勤はなく、残業もほとんどないためプライベートの時間をしっかりと確保することができます。

また、転職先の企業などによって給料形態などはさまざまなため、転職をする際には確認をする必要があります。

看護師が企業に転職をするメリット

企業看護師に転職するには|企業看護師に求められるスキル

治験コーディネーター(CRC)

治験コーディネーター(CRC)は、夜勤はもちろんなく土日が休みであるためプライベートの予定が立てやすく、ストレス発散などができるため充実させやすい環境です。ただし、残業の有無などは転職先や治験の進捗状況などによって異なります。

また、治験コーディネーター(CRC)という職種は新しい職種であるため、これからますます需要が高まっていくことが予測されます。さらに、未経験でも転職をしやすい職種であるため、転職をする際には経験の有無や将来性などの視点で職種を選ぶことも大切です。

教育環境が整っている

治験コーディネーター(CRC)は未経験での転職も採用されるため、教育環境が整っていることがメリットです。教育環境が整っていれば、安心して転職をすることができます。

臨床開発モニター(CRA)

臨床開発モニター(CRA)の仕事は、まだ世の中に出ていない薬を送り出すことです。薬の立ち上げから世の中に出すまで、製薬会社と医療機関の調整をしながら販売までを担当するためとてもやりがいを感じることができます。

また、医療機関で働いている看護師は病院内のみの勤務ですが、臨床開発モニター(CRA)は出張も多くさまざまな場所で働くことができます。

臨床開発モニター(CRA)は企業の社員であるため、夜勤がなく、女性が多い職種であるため産前産後の休暇や育児休暇などが整備させている企業も多いことが特徴です。取得方法などは転職した企業の担当者に確認をすることが必要です。

企業の医務室

企業の医務室に転職をすると、企業の社員や派遣社員などの雇用になるため、その転職をした企業の社員と同じ勤務形態になるため、夜勤はなく、カレンダーとおりの休日や、企業カレンダーに準じた休日になります。そのため、プライベートの予定が立てやすいため充実させることができます。

また、病院のように常に命に係わる人と接することはなく、仕事中に体調が悪くなった従業員の看護やけがの手当てなどを行います。そのような場合でない限りは、デスクワークが中心であるためゆったりとした環境で仕事を行うことができます。

クリニカルスペシャリスト

クリニカルスペシャリストの仕事は医療機器メーカーの営業職であるため、病院の看護師のような常に緊張状態になく夜勤はありません。平日に営業活動はしますが、休日に仕事があっても説明会を行う程度であるため、看護師と比較をすると体力面・精神面でゆとりがあります。

ツアーナース

ツアーナースはツアーに参加している看護師であるため、さまざまな場所に行くことができます。また、好きなタイミングで単発の仕事に応募することもできるため、しっかり稼いでしっかり休むなどの自分の生活リズムを作ることができます。

また、ツアー中の食費や交通費も出るため、ツアー参加者に何か大きな体調の変化がない限りは収入のいい職種になります。

医療相談のコールセンター

医療相談のコールセンターのスタッフは、電話での相談業務のため相談者と会うことがありません。看護師のように白衣に着替えたりする必要はなく、服装は自由です。

仕事はデスクワークであるため体力を使いません。電話応対のマニュアルがあったり、わからないことは相談がない時に調べたりすることができます。さらに、コールセンターでの仕事が未経験の場合には、電話応対の研修や言葉遣いの研修など教育環境が整っています。

学校看護師

学校保健師の仕事は、学生や教職員の健康管理です。基本的には、健康な人を対象とした仕事であるため、体調不良を訴えてこない限りはゆとりのある仕事です。

保育園、幼稚園看護師

保育園や幼稚園の看護師は、昼間のみの勤務になるため、夜間保育など特別な保育を行っていない限り夜勤はありません。また、残業もほとんどないためプライベートの時間を確保することができます。また、休日はカレンダーどおりであるため予定が立てやすい環境です。

子育ての経験がある看護師が転職をすると、自分の子育ての経験を活かしたり、保護者からの相談も理解しやすく、支援もスムーズにいく場合もあります。もちろん、子育ての経験がなくても子どもが好きでな人には魅力的な転職先になります。

看護師が企業に転職をするデメリット

企業看護師に転職するには|企業看護師に求められるスキル

治験コーディネーター(CRC)

収入が減少する

治験コーディネーター(CRC)に転職をすると、病院に勤務している看護師よりも収入は減少する傾向です。しかし、その一方で600万円や700万円の収入がある人もいます。これは、勤務先などによって評価などが異なるためです。

医療行為は行わない

治験コーディネーター(CRC)に転職をすると、看護師としてのキャリアがすべて生かすことはできません。転職後は医療行為を行うよりも、書類の作成や調整、説明などが主な業務になるため、看護師の知識は使うことはあっても実際に医療行為を行うことはありません。

出張や転勤がある

治験などは医療機関で行うため、担当している治験が行われる医療機関へ出張をすることになります。転職先の企業が全国に支社がある場合は、出張はもちろん、支社への転勤の可能性もあります。

治験コーディネーター(CRC)へ転職を考える際には、転職先に選択をした企業が全国展開をしているのか、狭い地域のみで事業を行っている企業なのかなど事前に情報収集をしておくことが大切です。

未経験だと仕事に慣れるまでが大変

どの職種への転職も同様ですが、未経験の転職だと仕事に慣れるまでは大変です。それは治験コーディネーター(CRC)でも同様のことが言えます。教育環境が整っていても、実際の業務に慣れなければいけません。さらに、慣れるまでは残業も多くなってしまうためストレスが溜まりやすくなってしまいます。

少しずつ仕事になれ、体調管理もしっかりと行っていくことも必要です。

臨床開発モニター(CRA)

メリットの中で出張が多いと記載しましたが、臨床開発モニター(CRA)の仕事内容は、治験が法律にのっとって正確に行われているか、また、医療スタッフを対象に勉強会を行ったりするため出張などの外出がとても多い職種です。さまざまな場所に出向くため、体力はもちろん精神的にも看護師とは異なる疲労感を感じます。

また、治験の進み具合や書類作成などで残業が発生しやすい環境です。特に、転職したばかりの時は書類作成など慣れない業務に時間を多く使い、残業になってしまうこともあります。

企業の医務室

転職をした企業の医務室が、一人体制の場合だと有給が取りづらい状況になります。企業の医務室に転職をする際には、その医務室の医療職が何人いるかを確認することが大切です。

また、企業の看護師は看護師としての知識をもって従業員の健康管理などを行いますが、労務担当など医療の知識を持たない人との関りもあるため、看護師の立場で最善と判断をしたことでも企業的には別の判断をすることもあります。

企業は利益を求めていたり、労働組合との協定などさまざまなルールがあります。その中で、従業員の健康の管理などをしていくことになるため、さまざまな状況に応じた判断をすることも求められ、ストレスに感じてしまう場合もあります。

クリニカルスペシャリスト

クリニカルスペシャリストの仕事は営業職のため、成果が求められます。成果が求められるということは結果を出さなければならず、結果が出なければ収入に反映されるためプレッシャーを感じやすい職種と言えます。

それでも、クリニカルスペシャリストという職種に転職を希望する場合は、業務内容や営業に対する考えなどをしっかりと確認をし、転職や転職先を検討していくことが大切です。

ツアーナース

ツアーナースは、ツアーがあれば仕事に応募することはできますが、ツアーが少ない時期には収入が減少してしまいます。さらに、単発の仕事であるため収入は不安定です。

また、ツアー中にツアー参加者が体調を崩してしまうと自分一人で今後どのように対応したらいいのかなどを判断する必要があります。看護師としての知識と経験が浅いととても大変な仕事と感じてしまいます。

ツアーナースへの転職を考える際には、収入面や求人数などさまざまな視点から検討をしていくことが必要です。

医療相談のコールセンター

相談者とは電話での会話になるため、相談内容をきちんと理解をし、相談内容に沿ったアドバイスをする必要があります。そのため、自分の意図しているこが相談者に確実に伝える必要があるため、言葉の一つ一つにとても大きな責任が発生します。

相談者と直接、会話をする必要がないということはメリットでもありデメリットにもなります。言葉が足らなかったために相談者に異なった意味で捉えられてはいけないため、確実に伝わる訓練などをする必要があります。

保育園、幼稚園看護師

保育園や幼稚園に転職をすると、給料が減少してしまいます。これは、夜勤などがなく特別な手当がつかないためです。また、医療職者は複数体制ではないため、さまざまなことを自分で判断をしていかなければならず、責任を大きいと感じてしまうこともあります。

また、企業が運営している場合は、企業毎に給料などもことなるため、転職の際にはしっかりと確認をすることが必要です。

企業の看護師に転職する成功率を上げるには

企業看護師に転職するには|企業看護師に求められるスキル

看護師専用の転職サイトを利用する

企業の看護師への転職はさまざまな職種がありますが、どの職種へ転職をする際も求人数が少ないという特徴があります。さらに、求人が見つかったとしても非公開の求人になっている場合もあります。

ハローワークなどで公開されている求人もありますが、求人を出している企業が少なかったり、時期によってはないこともあります。企業の看護師へ転職をする場合は、看護師の転職専用サイトに登録をして非公開求人も紹介してもらえるようにすると、多くの求人から転職先を選択することができます。

履歴書の記載などアドバイスをもらう

どの職種へ転職をする時でも、履歴書や職務経歴書を必ず作成し、転職を考えている企業に提出をします。看護師専用の転職サイトに登録をすると、企業に提出をする履歴書や職務経歴書の内容を確認をし、少しでも転職の可能性が上がるようにアドバイスをしてくれます。

また、志望理由を記載する場合、転職先として選択をした企業にしっかりと考えが伝わっているかなども確認をしアドバイスをしてくれます。

面接時の回答のアドバイスをもらう

企業の看護師の面接対策として、自分の言葉でわかりやすく転職先として面接を受けている企業をなぜ選択をしたかなどを伝えることが大切です。自分ではわかりやすく文章を考えていても、他人が聞いたらわかりづらいということもあります。

企業の看護師への転職は狭き門であるため、看護師専用の転職サイトの担当者にアドバイスをもらうことも希望する企業の看護師への転職の可能性を上げる方法です。

転職先の企業情報を知っておく

転職先として選択をした企業がどのような事業を行っているか、社員数や支社の有無などの情報を知っておくことで、面接時に業種の話をすることができたり、不安に感じることを質問することができます。

また、業種を事前に把握しておくごとでどのような勤務形態か、どのような環境で働いているか、健康に影響するものを使用しているかなども調べることができます。

企業の看護師に転職をするタイミング

企業看護師に転職するには|企業看護師に求められるスキル

年齢制限がある

病院の看護師は雇用形態などにもよりますが、年齢制限を設けていないこともあります。しかし、企業の看護師の場合は65歳など年齢制限を設けている企業もあり、転職を希望する企業の看護師の求人をしっかりと確認をする必要があります。

また、求人に募集をする段階で年齢制限を設けている企業もあります。求人案内に記載されている場合もあるため、しっかりと確認をすることが必要です。

求人が出やすい時期がある

企業の看護師の職種にもよりますが、求人が出やすい時期などがあります。病院の看護師の求人は人手不足であるため常にありますが、企業の看護師は求人数が少なかったり離職率が低いなどの特徴もあるため、求人がでる時期などを知っておくことが大切です。

さらに、看護師専用の転職サイトを利用して非公開の求人を紹介してもらうことで少しでも多くの求人を知ることができます。

転職の際に役立つ資格

企業看護師に転職するには|企業看護師に求められるスキル

看護師や保健師

企業の看護師へ転職をするためには、当然のことですが看護師資格は必須です。さらに、保健師の資格があることで業務の幅が広がるため、転職の際にアピールすることができます。

英語力

治験コーディネーター(CRC)は特に資格は必要はありませんが、英語が話せると転職の際にはアピールポイントになります。近年では、国際的な場での治験の仕事もあるためこれからさらに需要が高まることが予測されます。

転職後に目指せる資格

企業看護師に転職するには|企業看護師に求められるスキル

CRC認定資格

治験コーディネーター(CRC)に転職をしてから取得できる資格は、日本SMO協会や日本臨床薬理学会などが行っているCRC認定試験を受験し、CRC認定資格を取得すると収入をアップさせることができます。

取得方法

まず、受験資格として「CRCとしての実務経験が2年以上」、「協会が定める導入教育研修を終了して終了証を取得している」の2項目をクリアする必要があります。

試験内容は筆記試験のみで年1回の実施です。詳しくは、日本SMO協会のホームページで確認をする必要があります。

MR

MRとはMedical Representativesの略です。MRの仕事内容は医薬品を用法・容量を守って正しく使用してもらうために、医薬関係者への使用の説明や注意事項などの説明などを行う仕事です。MRはMR認定試験によって資格を得ることができます。

取得方法

MR認定試験に合格をすることで取得することができます。MRは5年ごとに更新が必要なため、決まった研修を受講することは必須です。

企業の看護師に求められるスキル

企業看護師に転職するには|企業看護師に求められるスキル

ビジネスマナー

企業の看護師は、病院の看護師よりも多職種の人や他の企業の人と接することが多くなります。企業の場合、服装などの身だしなみから大切にしています。さらに、名刺交換や言葉遣い、文書作成や電話応対などさまざまな場面できちんとしたビジネスマナーを求められます。

特に、電話応対では相手と対面することなく会話をするため、言葉遣いや声のトーンなどとても大切です。

ビジネスマナーとして基本的なことは書籍などもあるため、少しでも不安を軽減させるためにも事前学習を少しでもしておくことが大切です。

パソコンスキル

企業の看護師は、医療行為を行うことはほとんどなく、デスクワークが多くなります。例えば、自分でデータをグラフなどにして管理をしたり、資料作成をする機会が増えます。転職してからすぐに高度なパソコンスキルを求められなくても、入力や簡単な資料作成ができるぐらいのスキルがあると転職しやすくなります。

コミュニケーションスキル

病院の看護師でも企業の看護師でも、さまざまな人と接するためコミュニケーションスキルは必要です。企業の看護師の場合、医療職者以外の人とも連携をして仕事をしていくため、さまざまな視点から物事を考え臨機応変に対応していくことが大切です。

看護師としてベストだと考えて発言をしても、企業のルールには沿わないということがあったとしても、円滑にコミュニケーションをとり解決していくことなどが求められます。

転職の際に注意をすること

企業看護師に転職するには|企業看護師に求められるスキル

企業の看護師へ転職をする際には、転職の年齢制限などを確認をしたり、看護師専用の転職サイトを利用をして非公開の求人を紹介をしてもらい選択肢を広げる、履歴書や職務経歴書の書き方などのアドバイスをもらうなど、一つ一つ確実にクリアしていくことで転職の可能性を高くすることができます。

また、企業は病院とは違いビジネスマナーなどがとても重要であるため、事前にビジネスマナーを勉強をしておくと転職後にスムーズに業務を進めていくことができます。

企業看護師への転職は一つ一つ丁寧に

企業看護師に転職するには|企業看護師に求められるスキル

企業の看護師は病院の看護師と比較をすると、求人を出している企業数や、募集人数が少ない、非公開の求人も多数あるというのも特徴です。少ない求人に対して転職を希望する看護師は多いため転職は狭き門となっているため、看護師専用の転職サイトを利用し、面接対策や履歴書や職務経歴書の効果的な記載方法などを指導してもらうことが大切です。

また、さまざまな人と接する企業ではビジネスマナーをとても重要視しているため、転職前に自己学習をしておく、パソコンのスキルを少しでも習得をし転職後は資料作成などがスムーズにできるようにしておくなどの事前の準備をしておくことも大切です。

今の職場は自分に合っていますか?

看護師に憧れて就職してみたけど、
看護師を辞めたくてしょうがない...
なんでかわからないけど、今の仕事が辛い...
と、思い悩んでいませんか?

ナースミルにも、仕事がつらいという悩み人間関係についての相談の声がよく寄せられてきます。

いまのままでいいのかな...?
みなさん、不安を抱えながら働いているようです。。

もし「辞めたい」とお考えの方がいましたら、相談するのに最適な看護師専門の転職エージェントを下記にご紹介します。まずは、あなたの状況を相談してみて、転職するかどうか決めてみましょう。

当然ですが、利用は完全無料です。もちろん、転職エージェントに登録したからといって必ず転職する義務はないので安心してくださいね。

Related