Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月21日

看護師の平均転職回数|転職回数が多くても採用される志望動機・対策

看護師で転職を考えている人は多くいます。できれば、同じ職場で長期間働くことが良いですが、難しいことがありそれを繰り返すと転職回数が多くなります。では、看護師の平均的な転職回数や転職回数が多くても採用されるためにはどうしたら良いかなどをご紹介しましょう。

看護師の平均転職回数|転職回数が多くても採用される志望動機・対策

看護師の転職

転職と言えば、どのようなイメージを持っているかは人によって違います。理由によっては、転職回数が多いと次の転職に不利になるほど一般的に、転職をすることはあまり良いイメージはありません。それは看護師も同じです。

ただ、看護師として働いていると、家庭の事情や職場環境、スキルアップなどさまざまなことで転職を考えることがあります。転職を考えてから、すぐにでも転職をする人もいれば、そのまま我慢をして働く人もいます。ですが、どちらが正しいかということはありません。

看護師として、自分らしく働きたいという場合には我慢せずに転職をして、新しい職場で新しく働こうという選択をするのもその人の自由です。

看護師歴

看護師として働き始めると、「定年まで同じ場所で働こう」と考える人もいます。一般企業であれば、それでも構いません。また、スキルアップのために資格を取得したいなど何かの目標がない看護師は同じ場所で働き続ける人もいます。

それでも良いという看護師もいるでしょう。人それぞれの考え方なので、正解不正解はありません。ただ、看護師歴を同じ職場で経験するのとある程度経験を積み転職して看護師歴を重ねていくのでは、同じ看護師でもスキルが違います。

看護師の場合によく言われるのは、「3年または5年くらいは同じ職場で働きそれ以上は転職をして別の職場で経験を積むと良い」ということです。資格を取得するにしても、3年または5年以上の経験が必要だからです。

転職回数についても、同じ職場で何年経験しているかでも職場の評価が違ってきます。

看護師の平均転職回数

看護師は、職場の厳しさやスキルアップなどから転職をすることが多いと言われます。看護師は、就職先が多くあるので転職してもすぐに採用されると考えている人もいます。ただ、理由やあまりにも転職回数が多いと、不利です。

転職回数は、何回以上で多いと言われるかは人によって感覚が違います。なので、正確には何回とは言うことはできません。ですが、例えば20代の看護師が転職回数が5回と言われると、転職回数が多いと考えられます。

そこで転職回数は、看護師として働いている経験年数、年齢や転職するまでの期間によって判断されます。平均的な転職回数は、20代は1回、30代は2回、40代は3回くらいです。

これ以上転職回数があると、看護師としては多く転職の際には不利になる可能性があります。そして、履歴書の志望動機を書く時や面接の時などにはなぜ転職回数が多くなったのかを聞かれることもあるので注意が必要です。

転職回数が多い理由

看護師として働いている人が、転職をする理由にはどのような理由があるのか転職回数が多い人の理由を考えます。転職を考える人の理由としては、主に次のようなことが挙げられます。

・人間関係
・職場が合わない
・スキルアップ

看護師によってはこの他にも、転職理由が考えられます。それは人によって違いますが、何が転職しようと考えるきっかけになるかわかりません。

人間関係

人間関係の問題は、誰にでもあり得ることです。看護師は、患者さんとの関りもありますがそれだけではなく、看護師同士やその他の他職種の人たちとも関りがあります。特に、看護師同士の関係がうまくいかなければ、看護師として働くことは難しいことがあります。

看護師の仕事は、時にはチームワークが必要でコミュニケーションは必要不可欠です。些細なことから全て看護師同士が知っていなくてはいけないため、相談報告をしなくてはいけません。

ですが、そこで相談報告ができなかったり、先輩や後輩など全ての看護師とコミュニケーションが取れなかったりすると人間関係はうまくいきません。人は、誰でも苦手な人がいます。

関わり合いたくなければ、避ければ良いですが看護師として働いているとそういうわけにはいきません。関わりたくない看護師と上手くできないようであれば、ストレスを抱えるだけなので転職をした方が良いです。

職場が合わない

入職する時や新入社員の間には職場の本当の雰囲気や状況はわかりません。職場に配属されて、経験を積んでいくと職場の内情がわかるようになります。看護師によっては、働いていて良かったと感じる人もいれば、職場が合わないという人もいます。

また、入職してから雰囲気を感じ取りはじめのうちから職場は合わない感じがすると考える人もいるでしょう。職場が合わないと感じると、看護師として働くことに自信がなくなってしまいます。

職場が合う合わないは、看護師によって違います。そこで、場合によっては転職を繰り返し転職回数が多くなってしまう可能性があります。

スキルアップ

看護師は、ある程度の年数が経過すると看護師として一人前になり、ある程度の看護であれば適切な対応ができたり医師などに冷静に報告したりと判断ができるようになります。そこで、自分の知識や技術を高めたいと、スキルアップをしたいと考える人が増えます。

現在働いている職場でも、スキルアップをすることは可能です。ですが、そこでは同じ環境で看護師同士も仲が良い場合もあり、甘えてしまう部分があります。

自分自身をもっと鍛えたり何かの資格を取得したいという考えがあったりするのであれば転職をすることも方法の一つです。転職をすることによって、自分のスキルを試すことができ知らなかった知識や技術にもであえることがあります。

ただ頻回に転職回数を増やすだけであれば、スキルアップにはなりませんがある程度の年数を経験し転職回数を増やすのであればスキルアップになります。

看護師の転職回数が多いことは不利なのか

看護師の転職回数は不利になるかならないかと言えば、内容によって不利になることもあればならないこともあります。ですが、転職回数が多すぎると不利になる可能性が高いです。

内容というのは、転職する理由や転職回数などです。転職をするとなると、何かしらの理由があります。また、1つの職場で何年間働いているのかなども採用する上で、重要なポイントです。例えば、看護師歴3年で転職回数が6回だとしましょう。普通の人から見ても、なぜ3年のうちに6回も転職をしたのかと不思議に感じる人は多いのではないでしょうか。

転職回数が多い理由として、「職場の環境が合わなかった」「人間関係がうまくいかなかった」とします。転職回数が1、2回であれば、働きにくい環境だったのかとまだ採用される可能性は高いです。ですが、それ以上になると職場の問題というよりは、看護師自身の問題ではと考えられてしまいます。

転職回数が多い事だけが問題なのか

看護師の面接を受ける時に、今までに何度転職をしているのか転職回数を見られ数が多いと不採用になると考える人もいます。

確かに、転職回数も面接の時には見られますが、実際には転職回数よりもなぜ転職したのか、どのくらいの期間働いて転職をしたのかということが問題です。

転職回数は、その人の年齢や看護師歴などで違います。1度も転職していない人もいれば、20代で2か所以上転職している人もいます。ですが、最初の方でも説明したように転職回数の多さの感じ方は人によって違います。なので、例えば20代で2回転職したことを多いと考えるか少ないと考えるかは違うということです。

面接の時には、転職回数が多い少ないで考えるよりも何年間働いて何を学んだのか、なぜ転職をしなくてはいけなかったのか理由を明確に答えられるようにしなくてはいけません。

転職回数を減らすとどうなる?

転職回数が多いのであれば、転職回数を少なくすれば良いと考えるでしょう。履歴書に転職した職場を書いたり、面接で言ったりしなければ転職回数を知られることはない可能性があります。

転職回数が多いことを伝えなければ、採用されやすい可能性はあります。ですが、もしも転職回数がばれてしまった場合には厄介です。ばれてしまう原因としては、つい話をしてしまい話の内容が合わないことや看護経験などでわかってしまうことなどが挙げられます。

ばれないように隠しておくことは可能ですが、必ずしも転職回数を減らしたことがわからないかと言えばそのようなこともなく、場合によってはわかってしまう可能性もあります。

転職回数の多さを武器にするには

転職回数が多いことで不利になりやすいですが、転職回数が多いから必ず採用されないかと言えば、そのようなことはありません。転職回数が多くてもこのことを武器にすることで、採用されることがあります。

転職回数が多くても、採用されている看護師は転職回数が多いことを武器にしています。では、転職回数が多いことを武器にするとはどういうことなのかと考える人もいるでしょう。

武器にする方法としては、転職回数の多い理由を明確にし自分の悪い部分を直していくように努力することを伝えることです。例えば、「今までは嫌なことがあるとすぐに辞めていたけれど、これからは最後まで責任をもって行う」といった感じです。

そのためには、今まで何がいけなくて転職したのか、どう直していくのかを自分で分析し考えることが大切です。

メリットとデメリット

転職回数が多いと、メリットもあればデメリットもあります。看護師として働くには、転職回数だけではなく、看護師歴も大切です。どれだけ看護師として働いてきたのか、どこまで知識や技術があるのかなどが面接を受ける職場によっては採用の判断基準になります。

また、採用された後に働く時に受け入れる側の指導内容も変わってきます。新人のうちに何度も転職をしているようであれば、一から指導しなくてはいけませんし、ある程度看護師歴があるのであれば基本的なこと以外を指導しなくてはいけないなど準備が必要です。

そのためには、メリットやデメリットを知っておきましょう。デメリットが多いからと転職を諦めるのではなく、デメリットも内容次第ではメリットに変えることができます。

メリットとデメリットについて紹介します。

転職回数が多い事のメリット

転職回数が多いと、マイナスなことばかり言われます。確かに、マイナスのイメージがありますが中には転職回数が多いことで、メリットがあります。そのメリットとしては、経験の多さを伝えられることです。

「ここではどのような事を学んだ」「どのような経験を積むことができた」ということを今までの職場別に箇条書きでも良いので紙に書いて志望動機として書きたいこと、面接で話したいことなどを残しておきましょう。

このことで、話す内容が考えられます。

転職回数が多い事のデメリット

転職回数が多いことのデメリットは、転職先が限られてくることです。転職回数が多いことが不利になる職場もあれば、多くても面接などでうまくいけば採用される職場もあります。不利になる職場としては、「急性期」「クリニック」「企業」です。

転職したい職場がどういった職場なのかを良く調べなくてはいけません。その他にも、すぐに辞めるだろうと考えられたり、看護師としてのスキルが身に付かなかったり、好条件なのに採用されなかったりということもデメリットとしてあります。

すぐに辞めるだろうと考えられる

転職回数が多いということは、すぐに辞めてしまうという印象を与えます。何かあればすぐに辞める、我慢ができない人と思われがちです。面接を受ける時には、「次こそはここで長く働いていこう」と考えている人もいるでしょう。

実際に、長く働く人もいればまた辞めてしまう人もいます。採用する側になって考えてみましょう。転職回数が多い人と少ない人が面接に来た時に、どちらを選びたいと思うでしょうか。

一般的には、転職回数が少ない人を選びます。その方が、長く働いてくれると考えるからです。指導する側からしても、すぐに辞めるのであれば一生懸命指導してまで育てたいとは思いません。

辞めてしまう人に対して指導するよりも長く続く人に指導をした方が、戦力になり役立ちます。そういったことでは、転職回数が多いことが不利になってしまいます。

スキルが身に付かない

看護師として働くのに、スキルは重要です。スキルが身に付いていなければ、患者さんに対して適切な看護を提供することができません。わかりやすく言えば看護師は、入職してから新人の約1年間は基本的な看護技術や知識を身に付けます。

そして、2年目になると看護師としての応用を身に付け、3年目以降になるとリーダー業や新たな新人を教育するなどさらに上のスキルを身に付けます。

もしも、1年目のうちに転職を繰り返してしまうと、また新たな転職先で新人として一から指導を受けなくてはいけません。

それでは、看護師としての基本的なスキルがなかなか身に付きません。なので、患者さんに適切な看護を行うことができません。また、どこの職場に行っても中途半端になってしまいます。

好条件の職場に採用されない

看護師の仕事の中でも、好条件の職場は多いです。仕事をする上で、人それぞれこれだけは譲れないという条件があります。例えば、給料や時間帯、仕事内容、残業がない事などがあります。

職場によって、さまざまです。就職や転職をする時には、どこでも良いと思い職場を探す人は少ないです。職場の場所や仕事内容など吟味して、「ここに就職したい」と履歴書を送り面接を受ける人が多いです。

転職回数が少ない場合には、気になる職場も受かりやすいですが、あまりにも転職回数が多いと履歴書を見た時点で落とされ、面接を受けることができないこともあります。

好条件の職場は、どこの職場も応募が多いです。なので、採用する側も転職回数が多くいつ辞めるかわからない人よりも長く働いてくれる人を選びます。

働き方を考える

早く就職したいからと、どこでも良いから面接を受けようとしてはいけません。それでは、転職回数を増やしてしまうばかりです。闇雲に職場を探すのではなく、自分に合った職場を選びましょう。

看護師の仕事は、さまざまです。働く時間も選べます。日勤帯・夜勤帯など選べます。また、専用の病棟があります。人によっては、日勤だけが良いと考えていたり忙しくない場所が良いと考えていたりします。

自分に合った場所であれば、長く働くことができます。そこで、今までどのような職場で働いていて、なぜ向いていなかったのか、どのような場所でどのように働きたいのかなどを明確にしておくと職場を探しやすいです。

転職回数が多くても採用される看護師の特徴

看護師の中でも、転職回数が多いことは不利なことと考えられがちですが、転職回数が多くても採用されている看護師がいます。なぜ、転職回数が多いにも関わらず、採用されたのか不思議に感じる人もいるでしょう。

転職回数が多いからこそ、アピールしなくてはいけないことがあります。転職回数が多くても採用されている看護師の特徴としては、アピールができていると言えるでしょう。その特徴としては、大きく分けて2つあります。

それは、「いろいろな職場で経験を積んでいること」「看護師として働くことに前向きであること」です。それだけであれば簡単だと感じますが、実際に面接などでアピールするとなると上手くいかないことがあります。

アピールポイントについて、それぞれ詳しく紹介します。

いろいろな職場で経験を積んでいること

看護してして働いて、転職回数が多いということは1つの病院だけではなく、いろいろな病院の環境や人間関係、受け持つ患者さんなどを看護することができているということです。

それが、例え短い期間だったとしても最低でも1か月以上は働いているので、その期間の間に看護師としての働き方はわかります。

いろいろな病院で働くとわかりますが、病院によって個性があり働き方や考え方などが違うことがわかります。それは、働かなくてはわからないことなので、いろいろな職場で働いていることはアピールポイントです。

さまざまな患者さんを看護してきたことで、対応力や行動力などがありすぐにでも働けることをアピールすることで、採用される可能性が高くなります。

看護師として働くことに前向きであること

看護師として働いていると、楽しことばかりではなく、辛いことや看護師を辞めたくなることなどあります。それは、看護師をしているといろいろな患者さんを看護するので誰でも感じることがあります。

看護師の仕事を辞めることは簡単です。ですが、さまざまな経験があるからこそ看護師として成長することができます。転職回数が多い理由として、今までは辛いことから逃げるために転職していたとしても、これからは前向きに向き合っていくというようにアピールします。

その他、看護師として前向きに働き、どんなことも逃げずに関わっていくということをアピールすることで、採用される可能性が高くなります。

看護師の転職回数が多い時に書く志望動機

看護師の転職回数が多い場合には、志望動機の書き方を工夫しなくてはいけません。よく一般的に志望動機に書く内容では履歴書を見ただけで不合格になってしまう可能性があります。では、どのように書くと良いのかポイントを紹介し例文を挙げます。

参考にしてください。ただ、実際に書く内容や書き方は、自分の状況に合わせて書き直しましょう。

看護師の転職回数が多い時の書き方のポイント

転職回数が多い場合には、履歴書の書き方に注意しなくてはいけません。すぐに志望動機を書くのではなく、まずは書き方のポイントをおさえておきましょう。書き方のポイントとしては、次のようなことが挙げられます。

・今までの反省をしている
・前向きに働こうと考えている
・これからは長く働こうと考えている

これらのポイントを履歴書に書き、アピールする必要があります。では、実際にどのように書くと良いか例文を紹介します。参考にしてください。

看護師の転職回数が多い時の志望動機の書き方の例

看護学校を卒業後、今まで人間関係がうまくいかず転職を繰り返してきました。これまでを振り返り、未熟で良くない判断と反省しています。

看護師として、どのように働きたいのか、何がしたいのかなどを考えたところ、○○専門で看護技術や知識を深め、患者さんに対して適切な看護を提供したいという気持ちが強くなりました。

貴院では、○○専門で新人教育にも力を入れられていると聞きました。どのような事があってもこれまでのことを繰り返さないように努力していきます。貴院で一から学んでいきたいと志望いたしました。

採用されるために注意すること

看護師の転職回数が多くても採用されるためには、自分が悪くなるような印象を与えないことです。とは言え、自分のことを悪く言う人はいません。ですが、話の内容次第では悪い印象を与えてしまうことがあります。

悪い印象を与える内容は、「今まで働いていた職場の悪いことばかりを話すこと」「内容が違うこと」です。転職回数が多い人は特に、悪い印象を与えないように注意しなくてはいけません。

今まで働いていた職場の悪いことを話す

面接の時には、転職回数の多さを質問されることがほとんどです。なぜ、転職をしなくてはいけなかったのか、採用したとして長期間働いてくれるのかなどを質問されます。

そこで、答え方として「今までの職場では、環境が良くなかった」などと職場のせいにしてしまうことは良くありません。自分は悪くなく周りのせいにするということは、自分は反省することはないのかと考えられてしまいます。

働いていれば、職場の不満やイヤなことなどはあります。誰でも経験することです。ですが、そこで周囲のせいばかりにしてはいけません。

中には、「自分がもっとこうすれば良かった、ああやって動いておけばこうなることはなかった」という内容もあります。面接などで話をする時には、悪いことばかりを話すのではなく反省したことや学んだことなどをうまく話しすると良いです。

内容が違う

面接の時に質問される内容は、志望動機に書いた内容についてのことが多いです。志望動機の方は、面接を行う前に書く内容なので考えながら良いことばかりを書こうとする人がいます。

面接を受けるのであれば採用されたいと考える人は多いので、本当は違う内容でも自分を良く見せようとすることもあります。志望動機の内容と面接など話している内容が、一致しているのであればまだ良いです。

ですが、この質問だけの答えは考えていたけれど、別の質問をされた時に考えていなく志望動機に書かれている内容とは矛盾してしまうという可能性はあります。このようにならないためには、嘘の内容を書いてはいけません。

転職回数が多くて自信を持てない時の対策

看護師の転職回数が多い場合、気にしない人もいますが不利になるのではないかと不安に感じる人は多いです。また、何度か転職のための面接を受けたものの不採用になっていると特に自信がなくなってしまいます。

転職回数が多いから看護師として働けない、転職ができないと考えますがそれだけが原因とは言えません。確かに、転職回数が多いことで不利になることもあります。ですが、転職回数が多い看護師も転職することができます。

この転職回数が多くても看護師として、働くことができる人とできない人の差は自信ややる気の有無だったり、コミュニケーション能力の有無だったりです。

面接の時に、自信ややる気をアピールできるコミュニケーションや質問された返答に対して、上手く返事ができるコミュニケーションが必要です。自信が持てない時には、看護師としての知識だけではなく、コミュニケーション能力も磨く必要があります。

看護師の求人サイトを活用する

転職をする時、どのように次の転職先を見つけるでしょうか。転職の探し方は、自分で探したり求人サイトを利用して探したりといろいろあります。どの方法で転職先を探すかは自由です。

転職回数が少なければ、次の転職も探しやすいですが転職回数が多い場合には、転職先によっては面接までしてもらえないことがあります。そのような時、自分で転職先を探すのも良いですが、看護師専用の求人サイトを利用してみましょう。

看護師専用の求人サイトでは、サポートしてくれる人がいます。看護師専用の求人サイトに登録をすると、ただ求人を紹介してくれるだけではありません。面接を行い、どのような場所が良いかなど希望を聞き、どこの転職先が良いのか候補を出し探してくれます。

看護師の転職回数を活かして

紹介してきたように、転職をする人の理由はさまざまです。社会人になり働き始めると、さまざまなストレスを抱えます。看護師も人の命を預かる人として責任感や精神的なストレスなどは多く、人間関係や体力など大変なことが多いです。

このことによって転職を考える人もいれば、自分のスキルアップを考えある程度の年数を経て経験を積むために次の病院へ転職を考える人がいます。転職回数があまりにも多すぎる場合には、採用されるために努力しなくてはいけないことなどがあります。

転職回数が多くなってしまった場合には、その経験を活かしてなぜ、転職回数が多くなってしまったのか、自分が看護師としてどのような職場で働きたいと考えているのかなどを良く考えましょう。

今以上に、転職回数を今以上に増やさないようにしましょう。そして、自分に合った職場を見つけましょう。

Related