Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月19日

看護士の夜勤が辛い理由・怖い夜勤への対処法・夜勤の給料

「看護師の夜勤は大変」という話を聞く機会は多いですが、どう大変なのかイメージできない方も多いでしょう。看護師の夜勤は大変といわれている理由や、夜勤の給料事情、夜勤を少しでもラクにするためにどうすればいいのかなどを紹介します。夜勤をするときの参考にしてください。

看護士の夜勤が辛い理由・怖い夜勤への対処法・夜勤の給料

看護師の夜勤ってどうなの?

看護士の夜勤が辛い理由・怖い夜勤への対処法・夜勤の給料

病院で常勤看護師として働く場合、交代制で夜勤を行う必要があります。夜勤に入る前に先輩看護師から夜勤の仕事内容の説明を受けますが、実際に夜勤をしてみないとわからないことも多いです。

「夜勤は大変」という話を聞く機会は多いでしょう。夜勤が大変な理由や、夜勤を少しでもラクに乗り切る方法について紹介します。新人看護師の皆さんや看護学生の方は夜勤に入る前の参考に、すでに夜勤を経験している看護師の皆さんは「あるある」と思いながら見てくださいね。

夜勤看護師の夜勤が大変な理由

看護士の夜勤が辛い理由・怖い夜勤への対処法・夜勤の給料

看護師の夜勤は大変です。夜勤が大変と感じる理由は人によって異なりますが、非常にたくさんあります。夜勤がなぜ大変に感じるのか、理由を見ていきましょう。

看護師の人数が少ない

日勤帯は、たくさんの看護師で入院患者さんを担当します。人員配置基準によって看護師一人で担当する患者さんの人数は異なりますが、一般病棟であれば7:1、ICUなどの病棟であれば2:1程度の配置基準となっているところが多いでしょう。日勤帯はケアや検査、処置などが多く行われるため、看護師一人で担当する患者さんの人数はあまり多くありません。

夜勤帯は日勤帯と異なり、入院患者さん50名前後に対し、看護師は2~4人程度しか配置されていません。そのため、看護師一人にかかる負担がとても大きく、責任も増します。そのため、「夜勤は大変」と感じてしまいます。

2交代制の夜勤は勤務時間が長い

どんなに仕事が大変だったとしても、勤務時間が短ければ「頑張ろう」と思えます。夜勤には2交代制勤務と3交代制勤務があります。昔は3交代制勤務が主流でしたが、現在は2交代制勤務を取り入れるところが多くなっています。

2交代制勤務が採用されている病院や病棟で勤務を行う場合、1回の夜勤は16時間前後となります。もちろん、仮眠や休憩の時間は設けられています。しかし、16時間ずっと気が休まることはありませんし、病院という環境で過ごさなければなりませんので、精神的な負担も大きいです。

「3交替」のみが227施設50.9%(227施設50.3%)、 「2交替」のみが65施設14.6%(58施設12.9%)、 3交替や2交替の勤務が混在する「混合(2交替+ 3交替)」が154施設34.5%(166施設36.8%)とな った。

出典: http://irouren.or.jp/research/docpdf/2015yakin.pdf#search... |

今後も二交代制勤務を採用する病院は増加していくと考えられます。夜勤時間の長さは覚悟しておきましょう。

時間外勤務が長くなりやすい

看護師は、仕事前の準備・情報収集や残業のため、時間外勤務をする機会が非常に多いです。

規定の労働時間前後に時間外労働を行っている者の平均値は、「前」で各勤務共に約30分、「後」で「日 勤」48分、「深夜勤務」35分、「準夜勤務」32分、「2交替勤務」32分となっている。

出典: http://irouren.or.jp/research/%E5%8A%B4%E5%83%8D%E5%AE%9F... |

日勤だけでなく、夜勤でも時間外勤務をすることが多いです。夜勤は看護師の人数が少ないため、看護師一人当たりの仕事が多く、そのため残業が発生しやすいといえます。また、仕事前の情報収集も、看護師一人で担当する患者数は多いため、時間がかかってしまいます。

勤務時間が長くなると身体的にも精神的にも疲れてしまいます。夜勤が大変と感じる理由の一つということができるでしょう。

食事介助がつらい

入院している患者さんの中には、自分で食事をとることが困難な患者さんがいます。このような患者さんに対しては、看護師が食事介助を行う必要があります。食事介助が必要な患者さんが少人数であれば問題ありません。しかし、時には食事介助が必要な患者さんが多く入院していることもあります。

食事介助が必要な患者さんが多ければ多いほど、看護師一人が食事介助を行う患者さんは多くなります。食事介助中もナースコールの対応や点滴の管理等の仕事がありますし、食事介助が遅くなればほかの業務にも支障をきたします。

限られた時間の中で多くの患者さんの食事介助をする必要がありますので、日勤よりも大変と感じることが多いでしょう。

ナースコールが多い

「夜勤帯は患者さんが寝ているから、ナースコールは少ない」と思っていませんか?実は、夜勤帯の方がナースコールの対応は大変です。夜勤は少ない人数の看護師で多くの患者さんの看護を行います。そのため、看護師は一人でたくさんのナースコールをとることになります。

就寝前はトイレ介助や睡眠剤を希望する患者さんのナースコールが増え、起床後はトイレ介助や車椅子移乗を希望する患者さんのナースコールが増えます。検温や処置、点滴の管理などと並行してナースコールの対応を行います。そのため、検温や処置などが思うように進まず、夜勤はナースコールが多いと感じることになるでしょう。

物品の準備や片づけが多い

日勤帯では、処置や検査などを行うことが多いため、頻繁に物品の準備や片づけを行う必要がありますが、日勤帯は看護補助者や業務員等の片づけを行う専門のスタッフがいます。そのため、看護師は物品の準備を行うことはあっても、片付けまでを行うことはあまりありません。

しかし、夜勤帯はこれらのスタッフがいないことが多く、看護師が自分たちで物品の準備や片づけすべてを行う必要があります。特に、コップや経管栄養の物品、容器などは使用後すぐに洗浄しなければ不潔ですし、使いたいときに使うことができないということになるため、空いている時間はこまめに洗浄と感想をさせていかなければなりません。

また、次の日の退院の準備や入院の準備、検査や処置の準備などもおこないますので、落ち着いて過ごす時間の確保ができず大変と感じるでしょう。

不穏の患者さんの対応が大変

夜勤は基本的に患者さんが寝ています。そのため、患者さんとの関わりは少ないと考えている方もいるでしょう。確かに、ほとんどの患者さんは寝ているため消灯中は関わることが少ないです。しかし、消灯時間中は不穏状態の患者さんの対応をしなければなりません。

不穏状態の患者さんには、幻覚や失見当識、幻聴などが起こり、時には興奮状態となって暴力や暴言がみられることもあります。日中は穏やかな患者さんも、夜には豹変してしまうということも少なくありません。

不穏状態の患者さんがいる場合、看護師はその患者さんにかかりっきりとなってしまいます。膀胱留置カテーテルや点滴ルート、ドレーンなどを自己抜去してはいけませんので、個室であればその場で見守り、大部屋であればナースステーションに車椅子で移動させ、ずっとそばで付き添います。その間、自分の業務を行うことはほとんどできませんので、非常に大変です。

夜勤は急変が起こることが多い

入院している患者さんは、どんなに状態が落ち着いていたとしても、急に症状が悪化して急変を起こしてしまうことがあります。日勤帯であれば、急変の対応をする看護師とそれ以外の仕事を行う看護師とで役割分担を行うことができます。しかし、夜勤帯は看護師は限られた人数しかいませんので、1~2人の看護師で急変の対応を行います。

もちろん、急変を担当する看護師は大変です。医師の指示の通りに迅速で正確な処置や介助を行いますし、家族への連絡や検査室等の連携もしなくてはなりません。また、患者さんが死亡してしまった場合、エンゼルケアの準備から片付けまで行います。お迎えの時間が決まっているため、その時間に合わせて行動しなくてはなりません。

少ない人数で行う夜勤帯で急変が起こると、看護師一人にかかる責任がさらに大きくなります。そのため、夜勤は大変だと改めて実感することもあるでしょう。

夜勤中に緊急入院が発生することがある

患者さんの入院を受け入れる際、入院生活のオリエンテーションを行い、様々な同意書にサインをもらい、必要な処置を行い、カルテをイチから作成と、しなくてはならない業務がたくさんあります。入院患者さんの多くが予定入院ですので、事前に準備をすることができます。それでも、一人の患者さんを受け入れることは大変です。

しかし、急性期の病院であれば、夜勤帯でも入院患者さんを受け入れなければなりません。事前の準備がない状態での受け入れとなりますので、ベッドの準備や書類の準備など、すべての準備を看護師が行います。ほかの患者さんの対応もしながらの受け入れとなりますので、一気に慌ただしくなってしまうのです。

特に、緊急入院となる患者さんは重症の場合がほとんどです。ただでさえ多くの患者さんを担当している中で、重症の患者さんが増えるため、非常に大変な夜勤となります。

休憩が満足に取れないことが多い

看護士の夜勤が辛い理由・怖い夜勤への対処法・夜勤の給料

夜勤ではもちろん、夕食の休憩(30分前後)や仮眠(1時間半前後)の休憩時間が設けられています。しかし、その日の忙しさによって、休憩や仮眠をほとんどとることができないという場合もあります。

休憩や仮眠をとっている最中でも、何か緊急事態が発生すれば呼び出されますし、仮眠室の場所によっては常にナースコールやアラームの音が聞こえる状態ということもあるのです。休憩時間とはいっても、十分に休憩をすることはできませんし、気が休まることもありません。

休憩を十分にとることができなければ疲労がたまりますし、体調を崩す原因ともなります。休憩が取れないということは、思っている以上に大変です。

生活リズムが崩れやすい

人間の体は、日中は起きて夜に休むという生活リズムができています。しかし、夜勤は本来なら寝ている時間に働くため、生活リズムが崩れてしまいます。

夜勤明けは疲労困憊で、「まずは睡眠をとりたい」と考える方が多いでしょう。短時間寝るだけで起きることができればいいのですが、気が付いたら夜になっていたということもあります。夜まで寝てしまうとその後寝ることができませんし、次の日は日中に寝てしまうという悪循環となります。

生活リズムが崩れると身体的にも精神的にも疲労がたまっていきます。そのため、体調の管理が大変となるでしょう。

夜勤が怖い場合

夜勤が「怖い」と感じている看護師は多いです。「予期せぬことが生じるのではないか」という怖さのある看護師や、「オバケが出るかも」という怖さのある看護師もいるでしょう。夜勤が怖い場合、どうすればいいのか紹介します。

考える暇がないほど忙しくする

もっとも簡単なことは、怖いと考える暇がないほど忙しくするということです。少しでも時間があると怖いという感情が生じますので、「椅子に座っているのはカルテを書くときだけ」という状態にしましょう。

事前にしっかり準備をしておく

予期せぬことが生じるのではないかという怖さがある場合、事前にしっかり準備をしておきましょう。急変時の対処法や連絡の取り方、急変時に使用する薬剤の作用・副作用などを把握しておくことで、夜勤に対する怖さが軽減します。

オバケがいるのは当たり前と開き直る

夜の病院は、何とも言えない怖さがあります。心霊番組などでも、病院=オバケとなっていることがおおいため、「オバケがいたらどうしよう」と考えている看護師もいるでしょう。

オバケが怖いと感じるのであれば、「オバケがいるのは当たり前」と思うようにしましょう。病院だけでなく、どんな場所でもオバケがいると思っておくと、夜勤中は気にならなくなってきます。

オバケよりも生きている人間の方が怖いので、夜勤をこなしていくうちにオバケへの恐怖心はなくなっていくでしょう。

夜勤を少しでもラクに乗り切る方法

看護士の夜勤が辛い理由・怖い夜勤への対処法・夜勤の給料

サイほど紹介したように、夜勤はとっても大変です。少しでもラクに乗り切るために、どうすればいいのか紹介します。

良質な仮眠をとる

看護師は夜勤中に満足に仮眠をとることができない場合が多いですが、ゆっくり仮眠をとることができる場合は良質な仮眠となるようにしましょう。いくつかのポイントを紹介します。

・仮眠時間が90分1サイクルとなるようにする
・仮眠前は携帯電話やテレビの画面を見ないようにする
・仮眠直前はカフェインを避ける
・アイマスクを利用する
・髪の毛はほどく
・リラクゼーション効果のある音楽を利用する
・寝ることができなくても、足をのばして横になる

一人で頑張りすぎない

看護師はチームで働く仕事です。自分一人で頑張りすぎず、周りの人も頼るようにしましょう。新人看護師の場合、「先輩に迷惑をかけてはいけない」と、自分で頑張ろうとすることが多いでしょう。しかし、先輩看護師に手伝ってもらうことで新たな知識や技術を得ることができますし、効率の良い働き方をアドバイスしてもらうことができます。

先輩看護師は、「自分一人でやった方が早い」と思うことが多いでしょう。確かに、自分一人でしたほうが早い業務はたくさんあります。しかし、後輩看護師を頼ることで少しラクができますし、後輩看護師の成長につながります。

自分一人で仕事を抱え込まず、周りの人もうまく使うようにしましょう。

自分へのご褒美を用意する

どんなに工夫をしていたとしても、やっぱり夜勤は大変です。そのため、勤務中に少しでもストレスを軽減できるよう、自分へのご褒美を用意してみてください。

ナースステーション内でつまむことのできるお菓子やちょっと高い飲み物を準備してみましょう。また、仮眠中はいい香りのするハンドクリームやホットアイマスクなどで癒されるのもオススメです。

夜勤中だけでなく、夜勤明けにもご褒美を用意してみましょう。エステやヘッドスパ、マッサージなどを夜勤明けに予約することで、「夜勤さえ終われば楽しい時間が待っている」と思うことができ、夜勤に対するストレスが軽減できますよ。

着圧ソックスでむくみ予防

常に歩き回ったり、時には走り回る看護師の仕事は、非常に足がむくみやすいです。夜勤明けは靴下の跡がくっきりなんてこともあるでしょう。少しでも足をラクにするために、着圧ソックスがオススメです。

着圧ソックスを履いて仕事をすることで、むくみを予防するだけでなく、足の重だるさも軽減できます。また、足のリラックス効果のあるシートを貼ることも、夜勤中の足の疲労を軽減できるでしょう。

看護師の夜勤手当

非常に大変な夜勤ですが、看護師は夜勤を行うことで、夜勤手当を受け取ることができます。大変な思いをする夜勤ですが、どのくらいの手当てを受け取ることができるのか気になりますよね。

看護師の平均的な夜勤手当について紹介します。地域や病院によって夜勤手当の平均額は異なりますので、参考程度にしてくださいね。

交代制で働く看護師の夜勤手当

2013年に日本看護協会が行った調査によると、三交代制準夜勤の手当額は平均 3,812 円、三交代制深夜勤の手当額は平均 4,635 円、二交代制夜勤の手当額は平均 10,119 円ということがわかりました。

夜勤手当額 夜勤手当額については、調査票上では、22時から5 時までの深夜時間帯の割増賃金を 除いた、手当の「定額部分のみ」を記入するように指示した。

1)三交代制準夜勤の手当額 三交代制準夜勤および深夜勤の手当額いずれにも回答に不備がない施設を対象とした。 三交代制準夜勤の手当額は平均 3,812 円で、「2,000~3,000 円未満」が 29.6%で最も多く、次いで、 「3,000~4,000 円未満」26.2%、「 4,000~5,000 円未満」15.9%であった。

2)三交代制深夜勤の手当額 三交代制準夜勤および深夜勤の手当額いずれにも回答に不備がない施設を対象とし た。三交代制深夜勤の手当額は平均 4,635 円で、「 3,000~4,000円未満」が40.3%で最 も多く、次いで、 「5,000~6,000円未満」13.8%、「 4,000~5,000円未満」11.8%であっ た。

3)二交代制夜勤の手当額 二交代制夜勤の手当額は平均 10,119 円で、「6,000~8,000 円未満」が 22.9%で最も多く、次いで、 「10,000~12,000 円未満」21.4%、「 12,000~14,000円未満」19.7%であっ た。

出典: https://www.nurse.or.jp/home/publication/pdf/2014/chingin... |

この金額×夜勤を行った回数分が夜勤手当として支給されます。看護師の夜勤には「72時間ルール」が設けられていますが、72時間ルール適応外の部署で勤務をすれば、給料は大幅にアップします。夜は大変ですが、給料をアップさせるためには夜勤をしたほうがいいわけです。

夜勤専従のパート看護師の夜勤手当

2交代で夜勤専従のパートとして働く場合、1回の夜勤手当は2万円~3万円程度の高い金額が設定されていることが多いです。多くの給料を稼ぎたいという方は、夜勤専従としての働き方を検討してもいいでしょう。

夜勤専従の常勤の場合は、ほかの交代制勤務を行っている看護師と同じ金額の夜勤手当となっているところが多いです。基本給に加えて夜勤手当をしっかりもらうことができますので、魅力的に感じますよね。

夜勤をする看護師の食事

看護士の夜勤が辛い理由・怖い夜勤への対処法・夜勤の給料

夜勤をする看護師は、食事内容にも注意が必要です。どのような点に注意して食事をすればよいか、夜勤前・中・後ごとに紹介します。

夜勤前の食事

夜勤前は、手軽に食べることができて、簡単に片づけることができるような食事を選ぶようにしましょう。たくさん食べすぎてしまったり、こってりしたものを食べてしまうと、夜勤中に眠気や胃もたれを誘発する可能性があります。食べ過ぎには注意をしてください。

また、夜勤中は体力も頭も使う非常にハードな仕事です。夜勤に入る前にチョコレートやナッツなどの、夜勤を無事に乗り切ることができるようなエネルギー源を摂取しておくこともオススメです。

夜勤に入る前の仮眠前に何か食べるときは、カフェインは取らないようにしましょう。また、仮眠前に満腹になってしまうとしっかり寝ることができません。バナナやヨーグルトなどのトリプトファンを多く含む食品をとるようにしましょう。トリプトファンには、睡眠の質を高める効果のあるセロトニンやメラトニンを作る作用があります。

夜勤中の食事

夜勤中は、さっと食べることができるものを選ぶ方が多いでしょう。また、夜勤をすることは非常にストレスがたまります。「たくさん食べてストレスを解消したい」と考え、大きなコンビニ弁当やカップラーメンを購入して夜勤に入る看護師も大勢いるでしょう。中には「甘いものが欲しくなる」という理由で、大量のお菓子や甘いジュースを持ち込んでいる看護師もいますよね。

夜勤中の夕食は、20時以降となることが多いでしょう。しかし、夜間は交感神経よりも副交感神経が活発になります。皆さんもご存知の通り、副交感神経には消化吸収を促進する働きがあります。そのため、夜勤中にしっかり食事をとることで消化吸収が普段よりも活発となり、必要以上にエネルギーが吸収されます。夜は基礎代謝が落ちますので、大量に摂取されたエネルギーを使い切ることができず、肥満につながります。

しかし、夜勤中は食欲旺盛になる方が多いでしょう。夜勤をすることで睡眠不足となります。睡眠不足の状態となると、食欲を抑える働きのあるレプチンの分泌が減少し、食欲を増進させるグレリンの分泌が活発となってしまいます。そのため、夜勤中は普段よりも食欲が増してしまい、「がっつりしてこってりしたものが食べたい」という欲求が生まれるのです。

夜勤を行うことでの肥満を防ぎたいと考えているのであれば、こってりしたものやがっつりしたものは避けるようにしましょう。また、一度にたくさん食べることで眠気も起こりやすくなります。ひどい空腹感を感じないよう、お茶を飲みに休憩室へ立ち寄った時にビスケットやクッキーなどを少しつまむようにしてみてください。

夜勤中の飲み物

看護士の夜勤が辛い理由・怖い夜勤への対処法・夜勤の給料

夜勤中は食事だけでなく、飲み物も必要です。「体を動かしているから、ジュースをたくさん飲んでいい」と考える看護師もいます。しかし、先ほども紹介したように、夜間は基礎代謝の低下や消化吸収促進などの影響があるため、どんなに走り回っていたとしても肥満につながる可能性が高いです。

夜勤中の飲み物は、できればお茶や水にしておきましょう。カロリーが含まれていないため、安心して飲むことができます。しかし、大量に飲みすぎるとむくみの原因になりますので、一度にたくさん飲むことは避けましょう。

また、仮眠明けや夜勤終了間近は強い眠気に襲われてしまう方が多いです。そのため、このような場合にはカフェインや絵用ドリンクを飲んでもいいでしょう。コーヒーは無糖や微糖の商品がオススメです。

夜勤明けの食事

夜勤明けはとてつもない解放感を感じます。そのため、「一晩頑張ったからおいしいものをたくさん食べよう」と考える看護師も多いでしょう。強い空腹感を感じていますし、自分へのご褒美としておいしくてこってりしたものをたくさん食べたいですよね。ラーメンやハンバーガー、焼き肉などのを食べたくなる看護師が多いでしょう。

しかし、夜勤明けも食事には注意が必要です。夜勤明けは疲労や睡眠不足、ストレスなどが原因で満腹中枢が正常ではありません。「いつもよりたくさん食べているのに、まだまだおなかがすいている」と感じるのは、満腹中枢が正常に働いていないためです。そのため、自分の欲望のままにたくさん食べてしまうことで、肥満の原因になってしまいます。

また、夜勤明けは食事をとってから睡眠をとる方が多いですよね。夜勤明けは内臓も疲れ切っている状態です。疲れ切っている状態の内臓にたくさん食べモノを入れてしまうと、消化を促進するために消化管に血液が送られ続けます。その結果、なかなか入眠することが困難となってしまうのです

夜勤明けに大量に食事をとることで肥満にも睡眠不足にもつながる可能性があります。脂っこいものやカロリーの高い食事は避け、低カロリーの食事を軽く食べる程度にしてください。

子育て中の看護師が無理なく夜勤をするポイント

看護士の夜勤が辛い理由・怖い夜勤への対処法・夜勤の給料

夜勤をしている看護師の中には、子育て中の方も多いでしょう。子育て中の看護師が夜勤を無理なくこなすためのポイントを簡単に紹介します。参考にしてくださいね。

家族の協力は必須

夜勤をするのであれば、家族の協力は必須です。お子さんが家で過ごす時間は必ず大人がいた方が安全ですし安心できます。旦那さんや実家の手助けがないのであれば、夜勤は避けた方がいいでしょう。お子さんのことを第一に考えるようにしてくださいね。

子供と一緒にお昼寝をする

夜勤前や夜勤明けはゆっくり休みたいですよね。お子さんの世話や晩御飯の支度など、やらなくてはならない家事もたくさんあって、なかなか休むことができないという看護師は多いでしょう。

できれば、家事は最低限にして、お子さんと一緒にお昼寝をして、ゆっくり休むようにしてください。お子さんと自分の食事の準備は必要ですが、旦那さんの食事などは自分で用意してもらうようにしましょう。

子供が安心して過ごすことができる工夫をする

家族の協力があることが一番ですが、中には自分一人で子育てをしながら夜勤もしなければならないということもあります。そのようなときは、お子さんが安心して過ごすことができるように工夫をしましょう。

キッズ形態をお子さんに持たせてあげることで、「いつでもお母さんと連絡を取ることができる」と安心することができます。また、お子さんにこまめにメールを入れることで、自分もお子さんも安心することができるでしょう。

最近はネットワークカメラをセットすることで、家の中の様子をいつでも確認することができます。家の中の様子はスマートフォン等でいつでも確認できますので、安心することができます。

大変な夜勤をラクに過ごすことができるようにしましょう

看護士の夜勤が辛い理由・怖い夜勤への対処法・夜勤の給料

夜勤はとっても大変です。しかし、夜勤をしなければ給料は安くなってしまうため、無理して夜勤をこなしている看護師も多いでしょう。無理をしすぎるとストレスが溜まってしまいますし、体調を崩す原因にもなってしまいます。少しでもラクに過ごすことができるよう、自分なりの工夫をするようにしましょう。

今の職場は自分に合っていますか?

看護師に憧れて就職してみたけど、
看護師を辞めたくてしょうがない...
なんでかわからないけど、今の仕事が辛い...
と、思い悩んでいませんか?

ナースミルにも、仕事がつらいという悩み人間関係についての相談の声がよく寄せられてきます。

いまのままでいいのかな...?
みなさん、不安を抱えながら働いているようです。。

もし「辞めたい」とお考えの方がいましたら、相談するのに最適な看護師専門の転職エージェントを下記にご紹介します。まずは、あなたの状況を相談してみて、転職するかどうか決めてみましょう。

当然ですが、利用は完全無料です。もちろん、転職エージェントに登録したからといって必ず転職する義務はないので安心してくださいね。

Related