Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月20日

看護師に向いている性格・向いていない性格

看護師に向いている性格とはどのようなものでしょうか?職業によって向き不向きというものがあり、それは性格に関係している場合も多いです。性格が違えば向いている職業も変わり、看護師に向いている性格はどんなものでしょうか。今回は看護師に向いている性格をご紹介します。

看護師に向いている性格・向いていない性格

看護師に向いてる性格・向いていない性格は?

世の中には様々な職業があり、それぞれの職業では求められる能力や資質が違っています。専門職であれば専門的な知識や技術が求められますし、その他の職業でも職種ごとに求められる能力はあります。それぞれに必要な能力が違うことから仕事には向き不向きというものがあります。

仕事の向き不向きは能力だけではなく、性格に関係する場合も多いです。性格は人間の根本の部分ですので、仕事を行う上では大切なものです。看護師は専門職であるため専門的な知識や技術が必要になりますが、看護師に関しても向いている性格、向いていない性格というものはあります。

看護師に向く性格、向かない性格はどのようなものなのか、その業務内容などから考えていきましょう。

仕事内容

看護師の仕事内容なその名の通り患者の看護が中心になります。入院患者の様子を見たり、実際に看護を実行したり、医者のサポートをするなどが看護師の基本的な業務になります。もちろん勤める病院や部署によって業務内容は変わりますし、役職の有無によっても仕事の内容は大きく変わります。

役職が上がれば他の看護師のサポートや教育、事務管理などを行わなければならない場合もありますし、様々な部署と連携して仕事に取り組む、看護師の勤怠を管理するなどの仕事を行う場合もあります。しかしそれらは基本となる看護業務を行った上で行われます。

看護師の仕事は様々ありますが、基本的には患者の看護を中心に仕事が進んでいきます。

オペ室

一般的にイメージされる看護師の仕事は医者のサポートや患者の看護などを行うなどですが、看護師の業務はそれだけではありません。看護師では看護業務を中心に行う一般病棟での配属があればオペ室に配属されることもあります。

一般病棟内であればどの部署であってもそれほど大きな違いはありませんが、オペ室配属の場合は業務内容が大きく異なっています。オペ室配属の看護師の業務は主にオペのサポートです。手術では様々な器具を使用しますので、その器械だしや手術の記録の管理、手術の準備などを行うのがオペ室の看護師です。

オペ室の看護師は医者のサポート役にも思え、一見裏方にも見えますが、実際には非常に重要な役割を担っています。常に手術に関わるため強い責任感が必要な仕事でもあります。

向いている性格

看護師の仕事は一般病棟に配属されるかオペ室に配属されるかで大きく異なりますが、基本的には責任感の強い性格の人が向いていると言えます。看護師になるためには看護師の資格を取得する必要があり、看護業務を行うことが出来るというのは特別なことです。

看護業務は一歩間違えば患者の命にも関わる非常に重要な作業です。オペ室の場合はそれがさらに顕著であり、高い集中力と責任感が必要になります。もちろん一般病棟であっても責任感は必要です。間違った看護業務を行い患者の治療が遅れれば様々な人に迷惑をかけることになります。

看護業務を行うことが出来るのは資格を取得し、認められた人たちだけです。普通は行えることではないことを行っているという気持ちを持ち、常に責任感を持って業務に当たらなくてはなりません。

向いていない性格

看護師に向いている性格は責任感がある人でしたが、向いていない性格は責任感がない人、自分で意思決定が出来ない人です。前述したように看護業務は非常に専門的なもので、失敗が患者の命に関わることもあります。看護師は失敗が許されない仕事ですので、高い責任能力が必要になります。

また看護師の仕事は忙しく、人手不足の病院も多いです。他人に頼ってばかりでは仕事を進めることが出来ませんので、自分自身で判断して仕事を進めていけなければなりません。受け身であったり、指示待ちをしてしまう性格の人は看護師には向いていません。

また意思決定が出来ても何の根拠もなく、軽率に行う人も向いていません。しっかりと責任感を持って意思決定が出来る性格でなければ看護師は勤まりません。

看護師の性格によくある特徴は?

看護師も職業の一つであり、看護師にも向いている性格、向いていない性格というものはあります。しかしだからと言って向いていない性格の人が必ずしも看護師になれないかと言うとそうではありません。

性格的に向いていない場合であっても自分の性格を自覚し、克服しようと努力すれば看護師として活躍することは可能です。実際に看護師として働いている人には様々な性格の人がいますし、向いている性格に当てはまる人、向いていない性格に当てはまる人、その両方に当てはまらない人もいます。

しかし看護師として働く人に多い性格の特徴というものはあります。看護師の性格によくある特徴とはどのようなものが考えられるでしょうか。

正義感が強い

看護師の性格によくある特徴としては正義感が強いことは挙げられます。これは責任感にも似ていますが、看護師として働く人は患者を救う、患者の役に立つという正義感を持って仕事をしている人が多いです。

正義感が強くなる理由としてはミスが許されない環境で働いているからということもありますが、それだけではなく看護師になるまでの過程も関係しています。看護師になるためには専門学校や大学で看護師としての勉強をし、看護師の資格を取得しなければなりません。

看護師は専門職であり、看護に特化した仕事です。専門的な勉強をし、専門的な仕事をしているというプロ意識の高さや仕事に対する誇りなども正義感が強くなる要因だと考えられます。

看護師の性格がきついと言われる理由は?

看護師には白衣の天使というイメージがある一方で、キャリアウーマンのようにきびきびと仕事をこなし、きついイメージを持たれることも多いです。人によって当然性格は違いますが、実際の看護の現場では白衣の天使という優しい、穏やかな雰囲気ではなく、仕事に真剣に取組むきつい性格の人も多いです。

まだまだ白衣の天使というイメージはあるものの世間的なイメージとしても看護師=きつい性格というが強くなりつつあります。なぜ看護師はきつい性格であるように考えられているのか。なぜそう言われてしまうのでしょうか。

理由なく勝手なイメージが先行するということはありません。きついと言われることには必ず理由がありますが、看護師の性格がきついと言われる理由は一体どのようなものなのでしょうか。

患者の命がかかっているから

看護師の性格がきついと言われる理由としてはその業務内容に関係があります。看護師の基本的な仕事は患者の看護業務です。担当する患者の怪我や病気の具合などによっても異なりますが、場合によっては一つの失敗が患者の命を奪ってしまう可能性があります。

常に命の現場で働き、ミスが許されない環境で仕事をしていますので、自然に仕事に対する姿勢も真剣になります。仕事では結果が全てであり、特に看護師の場合はその傾向が顕著です。結果を追い求めれば真剣になり、真剣になれば言葉遣いを気にしている余裕や態度を気にする余裕などもありません。

美しい言葉遣い、優しい態度で接したからといって患者が良くなるわけではありません。仕事に真剣に取り組むあまり、きつい性格だと思われてしまうことが多いです。

看護師になると性格が変わると言われる?

看護師によくある性格の特徴や看護師はきつい性格が多いということを紹介しましたが、それまではそれらの性格に当てはまらない人でも看護師として働いているうちに性格が変わってしまう場合もあります。

看護師になると性格が変わるというのはよく言われていることです。しかし実際に性格が変わることはあるのでしょうか。小さな頃であれば環境や出来事などにより性格が変わることも考えられますが、大人になってから性格が変わるということはほとんどありません。性格はそれまでの積み重ねであり、年を重ねれば重ねるほどに性格を変えるのは難しくあります。

しかし看護師として働くことで性格は変わると言われています。看護師になると性格が変わるのは本当のことなのでしょうか。

激務のため

看護師になると性格が変わってしまうことはあります。それは看護師の仕事が激務である場合に性格が変わってしまうと考えられます。実際に看護師は激務であることも多く、とにかくたくさんの業務を素早くこなしていかなければなりません。

しかし仕事を素早くこなす一方で決してミスが許されない仕事でもあります。スピード感を持って仕事に取り組みながらも、一つ一つの仕事に責任感や正義感を持って行わなければなりません。看護師の仕事は強い緊張感を伴うことも多く、激務の場合は考える暇もないほどに仕事に振り回されます。

常に緊張を強いられ、責任感や正義感を求められた場で働き続ければそれらの習慣が身に付いてしまうことは多く、結果的に性格が変わってしまう場合も多いです。

場所による看護師の性格の特徴は?

看護師と言ってもその職種は広く、病院に勤務するだけでも様々な部署があります。一般病棟での勤務の場合もあればオペ室の担当になる場合もありますし、救急救命などで働く場合もあります。

また一般病棟であっても様々な部署があり、それぞれの部署ごとの違いもあります。小児科と整形外科では行う業務内容も異なりますし、患者の年齢層なども異なる場合が多いです。看護師は人に接する仕事ですので、それぞれに合った性格である必要があります。また病院外でも保育士の仕事もあります。

看護師の仕事は非常に幅広く、どこで働いているかによって性格にも特徴があります。場所によって看護師の性格の特徴は違いますので、それぞれについて紹介していきます。

保育士

保育士に多い性格としては子供好き、責任感が強いなどが挙げられます。保育士は主に子供に関わって仕事をしますので、子供が好きでなければ大変な仕事です。また全ての子供が言う事を聞くとは限りません。中には言う事を聞かずに危ないことをしてしまう子供もいます。

保育士は親から子供を預かっている立場ですので、万が一にも子供が怪我をするようなことがあってはなりません。子供が危ないことをしないように時には厳しく言い聞かせ、そして怪我をしないよう、危ないことをしないようにしっかりと見張っていなければなりません。

保育士は子供が好きで、子供を甘やかしているだけでは出来ない仕事であり、強い責任感を持っている性格の人が多いです。

小児科

小児科も保育士と同じように子供に関わる仕事ではありますが、相手は小さな子供ばかりではありません。保育園に通う小さな子供の場合もあれば小学生である場合もあります。どちらの場合でも子供たちを看護する、あるいは医者の診療のサポートをする必要があります。

子供の場合は病院を怖がることも多く、実際に怖がって診療がスムーズに進まない場合があります。そこで子供の心を開き、落ち着かせるのが看護師の役目です。看護師は子供に対して安心感を与える必要がありますので、優しい性格、穏やかな性格であることが多いです。どれだけ忙しくても子供に優しく接することが出来る心の大きな人が多いです。

救急救命

救急救命は一刻一秒を争う仕事場ですので、テキパキとした人、サバサバとした性格の人が多いです。また一瞬の判断ミスが患者の命に大きく関わりますので、強い責任感とどれだけ忙しくても冷静に物事を判断出来る人も多いです。

救急救命はいつ患者が来るか分かりませんし、場合によっては同時に複数の患者が運び込まれる場合もあります。どれも命に関わる怪我や病気ですので、常に緊張感を持って仕事に取り組まなければなりません。精神力の強い性格の人も多いですが、同時に体力のある人も多いです。

整形外科

整形外科では患者とコミュニケーションを取りながら仕事をすることも多く、コミュニケーション能力が高く、明るい性格の人が多いです。他の部署と違い、基本的には怪我の診療になりますので、命に関わるようなことも少なく、比較的穏やかな性格の人が多いです。整形外科は子供から大人まで幅広い年代の人を相手にしますので、物腰が柔らかな人も多いです。誰に対しても優しく接し、温和な性格の人も多いです。

看護師には責任感が必要

看護師に向いてる性格・向いてない性格や看護師の性格によくある特徴、看護師の性格がきついと言われる理由や場所による看護師の性格の特徴などを紹介しましたが、どの病院、どの部署で働く場合でも看護師には責任感を欠かすことは出来ません。

患者の生死に関わる場合は特にそうですし、生死に関わらない場合でも責任感を持って患者の面倒を見ることが大切です。看護師は業務をこなすことも大変ですが、資格を取得し、看護師として働くことも大変です。大変な勉強をして看護師になったという自覚を持ち、責任感を持って看護師の仕事を行いましょう。

今の職場は自分に合っていますか?

看護師に憧れて就職してみたけど、
看護師を辞めたくてしょうがない...
なんでかわからないけど、今の仕事が辛い...
と、思い悩んでいませんか?

ナースミルにも、仕事がつらいという悩み人間関係についての相談の声がよく寄せられてきます。

いまのままでいいのかな...?
みなさん、不安を抱えながら働いているようです。。

もし「辞めたい」とお考えの方がいましたら、相談するのに最適な看護師専門の転職エージェントを下記にご紹介します。まずは、あなたの状況を相談してみて、転職するかどうか決めてみましょう。

当然ですが、利用は完全無料です。もちろん、転職エージェントに登録したからといって必ず転職する義務はないので安心してくださいね。

Related