Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月06日

看護師の国家試験の体験談|辛い・楽しい体験談

現在看護師を目指している方や、看護学生の方は、看護師の仕事にどのようなイメージを持ちますか。華やかな印象のある看護師の仕事ですが、実はうれしいこともつらいこともたくさん体験します。看護師の様々な体験談を紹介しますので、看護師の仕事をイメージしてみましょう。

看護師の国家試験の体験談|辛い・楽しい体験談

看護師のあるある体験談

看護師の国家試験の体験談|辛い・楽しい体験談

現在看護学生の方や、今後看護学校を受験しようと考えている方にとって、看護師の仕事はどのようなイメージがありますか。「毎日忙しそう」や「やりがいがある仕事」という漠然としたイメージしかわかないというかたが多いでしょう。

看護師になるには、まずは国家試験をクリアしなくてはなりません。多くの看護師が経験する国家試験の体験談や、看護師として過ごしている中で得られる楽しい体験談やつらい体験談などをご紹介します。

看護師の仕事に興味のある方は、ぜひ見てみてください。看護師の仕事に対するイメージがつきます。

看護師が経験した国家試験の体験談

まずは、国家試験の体験談を紹介します。国家試験を控えている方は、失敗体験とならないように注意をしましょう。

失敗体験

紹介する失敗の体験談は、あなたも同じ失敗をしてしまう可能性がゼロではありません。「自分には関係のない体験談」と思わず、注意するようにしましょう。

①試験勉強が間に合わなかった

看護師の合格率をご存知ですか。平成29年に行われた第106回看護師国家試験の合格率は、88.5%です。非常に高いです。学校によっては、毎年合格率が100%というところもあります。

非常に高い合格率ですし、先輩の中には「国家試験間際に追い込めば大丈夫」というアドバイスをしてくる人もいます。そのため「まだ勉強を始めなくても大丈夫」と安心してしまう受験生も多いです。

しかし、国家試験の範囲はとてつもなく広いです。そのため、先輩の言葉を信じて勉強が遅れた学生の中には、国家試験に不合格となってしまう方もいます。取り返しのつかない体験談です。

国家試験対策は短期間では絶対にできません。できるだけ早い段階で対策をはじめ、国家試験間際は、知識の確認が出きるようにスケジュールを立てましょう。

②天候不良で会場に到着できない

国家試験は、毎年2月に行われます。そのため、雪の多い地域では、交通機関が大幅に乱れてしまうことも多いです。しかし、原則として国家試験は遅刻をすると受験をすることができなくなります。

「遅刻なんて絶対にしないから大丈夫」と安心している方はいませんか。当日、天候不良や事故などで交通機関が大幅に乱れてしまうことも考えておきましょう。受験会場が遠い方は、前日から受験会場近くのホテルに宿泊するということも検討してください。

③トイレに行きたくなって試験に集中できない

国家試験は非常に緊張します。緊張を和らげるために、コーヒーを飲んだりお茶をいつもより多めにとってしまう方もいるでしょう。しかし、冬に試験が行われますし、会場がっ冷えていること多いです。そのため、トイレが普段以上に近くなってしまうことが考えられます。

また、看護師の国家試験ですので、女子トイレは非常に混みます。水分は普段より控え、試験開始前にや休憩中には必ずトイレに行くようにしましょう。

成功体験

失敗の体験談を紹介しましたが、もちろん成功の体験談もあります。どのような体験談が多いのか見ていきましょう。

①入学当初から国家試験を見据えて学習をした

看護学校では、最終学年に時宗が詰め込まれています。そのため、実習がすべて終了して実習記録を完成させなければ、国家試験の対策をすることはできません。

入学当初から国家試験を見据えて学習をすることで、焦らずに国家試験に臨むことができます。

②事前に会場の下見をした

国家試験に遅刻すると、受験をすることができなくなってしまいます。道に迷ったり受験会場がわからなくなってしまうことを避けるために、事前に会場の下見をすることで安心して当日を迎えることができます。

看護師が経験するつらい体験談

看護師の国家試験の体験談|辛い・楽しい体験談

国家試験に無事に合格をすると、晴れて看護師として活躍することができます。しかし、実際に看護師としての仕事が開始となると、つらい体験をすることもよくあります。

多くの看護師が経験するつらい体験談を見ていきましょう。

患者さんの死

どんなに一生懸命看護をしていたとしても、患者さんがなくなってしまうことがあります。診療科によって頻度は異なりますが、看護師として病院に勤務をしているのであれば、避けて通ることはできません。

患者さんの死と向き合うことは非常につらく、特に新人看護師の中にはバーンアウトを起こしてしまう人もいるほどです。経験年数が長くなっても、なかなか慣れることはできません。患者さんの死は、非常につらい体験談ということができるでしょう。

モンスターペイシェント

モンスターペイシェントに関する体験談は非常に多いです。特に看護師に落ち度がないのに急に大きな声で暴言を吐いたり、理不尽なことで怒られたり、中には暴力をふるってくる患者さんもいます。

そんな患者さんでも「患者さん」には変わりありませんので、強制退院とならない限り看護を提供する必要があります。ほかの患者さんの看護と並行してモンスターペイシェントの対応もしなければなりませんので、本当に大変です。

特に新人看護師にとっては、慣れるまでは非常につらく、怖い体験談となってしまうでしょう。

看護師が経験するうれしい体験談

看護師の国家試験の体験談|辛い・楽しい体験談

もちろん、面体験談ばかりではありません。うれしい体験談もたくさんあります。たくさんあるうれしい体験談の中から、いくつか見てみましょう。

患者さんからお礼を言われた時

看護ですので、患者さんに看護を提供することは当たり前です。しかし、退院するときなどに患者さんから「ありがとう」の一言を言ってもらえるだけで、非常にうれしく「看護師をしていてよかった」と思うことができます。

特に患者さんが退院した後、お礼状が届くと非常にうれしく、やりがいを感じることにつながります。多くの看護師がうれしい気持ちになることができる体験談ということができるでしょう。

医師や先輩看護師からの差し入れ

毎日大変な思いをして働いている中で、たまに医師や先輩看護師から差し入れをもらうことがあります。差し入れがあると仕事に対してやる気がさらに上がりますし、みんなで差し入れをいただいているときは楽しい時間を過ごすことができます。

特に、年末年始や祝日、夜勤中などに差し入れをいただくことが多いです。非常にうれしく、ありがたい出来事ということができるでしょう。

派遣を経験した看護師の体験談

看護師の国家試験の体験談|辛い・楽しい体験談

病院やクリニッなどで勤務する場合は一定の場所で勤務をしますが、派遣で働く場合は様々な場所で勤務を行います。派遣として働く看護師ならではの体験談を見ていきましょう。

働く場所によって忙しさが全然違う

派遣として色んな職場での仕事を経験する場合、働く場所によって忙しさや仕事内容が全然違うということを実感するでしょう。医療施設によっては、派遣看護師には責任の重い仕事はさせないと決まっているところもあります。

しかし、本当に看護師が不足している医療施設の場合、患者さんの情報を満足に知らないまま、責任重大な仕事を任されることもあるのです。

毎回違った仕事や役割を経験することができますが、慣れるまでは非常に大変な思いをするでしょう。

苦手なケアや技術があるときつい

派遣看護師を募集している職場は「看護師が不足している状態」の職場ばかりです。そのため、派遣されていきなり「○○さんに△△をしてほしい」など、依頼をされることも多いです。

しかし、苦手なケアや未経験の看護技術があると、依頼されたときに非常に困ります。また、ほかのスタッフからは「なんで派遣としてうちの職場に来たの」と、迷惑に思われてしまうことも多いです。

新人看護師では派遣として働くことは難しいです。病棟で看護師として3年以上の経験があったほうがいいでしょう。

看護師は毎日いろんな経験をします

看護師の国家試験の体験談|辛い・楽しい体験談

看護師として働いていると、毎日たくさんの体験をします。楽しい体験もあればつらい体験もあり、時には「看護師を辞めたい」と感じるような体験談もあるでしょう。

しかし、このような体験を繰り返すことで、看護師として大きく成長をすることができます。あなたも看護師として、様々な体験をしてみませんか。

今の職場は自分に合っていますか?

看護師に憧れて就職してみたけど、
看護師を辞めたくてしょうがない...
なんでかわからないけど、今の仕事が辛い...
と、思い悩んでいませんか?

ナースミルにも、仕事がつらいという悩み人間関係についての相談の声がよく寄せられてきます。

いまのままでいいのかな...?
みなさん、不安を抱えながら働いているようです。。

もし「辞めたい」とお考えの方がいましたら、相談するのに最適な看護師専門の転職エージェントを下記にご紹介します。まずは、あなたの状況を相談してみて、転職するかどうか決めてみましょう。

当然ですが、利用は完全無料です。もちろん、転職エージェントに登録したからといって必ず転職する義務はないので安心してくださいね。

Related