Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月20日

すぐできて効果絶大!仕事中にお腹を鳴らなくする方法|お腹がならない方法をマスターしよう!

静かな教室、真剣な雰囲気の会議室、そんな中で思いもよらずお腹が鳴ってしまったという恥ずかしい経験は誰でも1度はあるでしょう。これは生理現象なのでどうしようもないですが、やはり防ぎたいと誰もが考えます。今回はお腹が鳴らない方法をいくつかご紹介していきましょう。

すぐできて効果絶大!仕事中にお腹を鳴らなくする方法|お腹がならない方法をマスターしよう!

絶対にお腹がならない方法

授業中の静かな教室や、大事な会議の途中で空腹に耐えきれず思わずお腹がなってしまった、という経験は誰でも絶対1度はあるでしょう。抑えたいけれど、身体の自然な現象なのでどうすることもできずいつも困ります。

絶対にお腹がならない方法、と言い切ることのできる方法は正直まだ見つかっていません。しかしいくつか方法はあります。今回はなぜお腹がなるのかというメカニズムから対策まで細かく見ていきましょう。

お腹はどうして鳴るの?

おなかが鳴るときの音は、胃や腸の中にある空気や、ガスが胃の壁や腸の壁の筋肉の運動で動かされて出る音だという考えが一般的です。

物を食べると胃や腸の中は食べ物の塊でいっぱいになり、これは胃の中でだいたい3時間から4時間で絶対全てからっぽになります。からっぽになったところを、壁の筋肉がゆり動かすことで音が出るという仕組みです。絶対にお腹がならないためにはお腹をからっぽにしないようにする必要があります。

お腹が鳴らないように対策しよう!

お腹がならないようにするためにはいくつか対処法があります。主流なのは背筋を伸ばす、という方法です。先ほどご紹介したようにお腹が鳴るのは空気が原因になります。

そこで背筋を伸ばすことで胃腸の圧迫を防いで空気の移動を防ぎ絶対お腹が鳴らなくなる、というメカニズムです。胃腸が圧迫されてしまうと、その中の空気が外に出ようとして移動するため音がなります。絶対にお腹がならないためには何か食べ物を食べましょう。

それでもお腹が鳴りそうになったときは?

それでもお腹がなりそうな時は仕方ありません。何か食べ物を食べてお腹を満たしましょう。また、何か飲み物を飲んでおくと良いという方法もあります。ただし、炭酸飲料はお腹に気泡を貯めるで絶対に飲まないようにしましょう。

しかし、絶対食べ物を食べることができないという状況もあるでしょう。そんな時は腹筋に力を入れてお腹が鳴るのを防ぎます。音が出るお腹の部分を止めれば良いので、腹式呼吸を意識するようにしましょう。

腹式呼吸とは

「腹式呼吸」という言葉を最近よく聞きますが、実際のやり方をご存じですか。まず、イスに腰掛けたら頭を下に下げて上半身を折り曲げます。そして、肩や首の力を抜き、手はダランと下に下げ、そのままゆっくり息を吸ったり吐いたりしてみましょう。

呼吸するたびに、胸よりお腹が膨らみます。これが腹式呼吸をした時のお腹の動きです。この「腹式呼吸」をすることでお腹の中の空気の移動を防ぎ、お腹がならないようにしてくれます。

絶対にお腹が鳴らない方法とは?

絶対にお腹がならない方法、は今でもまだ研究が続けられています。ここではお腹のなる音に合わせて、絶対にお腹がならない方法を見ていきましょう。

お腹のなる音は時と場合によってさまざまです。いわゆる空腹の時に聞こえる「ぐ〜」という音や、お腹を壊した時のような「ギュルル」という音などがあります。

これらの音は原因が違うので聞こえる音も変わることをご存じですか。それぞれの原因に合わせた対処法を見てみましょう。

「ぐ〜」っが鳴らない方法

お腹がなる、というのは今まで見てきたとおり生理現象なのでどうしようもありません。しかし、絶対にお腹がならない方法、というのもあります。しかしそのためにはいくつか自分で工夫しなければなりません。

楽をしてお腹がならない、ということは絶対にありません。いろいろな方法を試して自分に合ったやり方を見つけてみましょう。そうすれば絶対にお腹がならない方法が、きっと見つかるはずです。

空腹を抑えるツボ

お腹から「ぐ〜」という音が鳴るときは、空腹なときです。まずはお腹が鳴らないようにお腹を満たしておく必要があります。それでも音がなってしまうときは、お腹に力を入れましょう。

腹筋に力を入れることで、お腹の空気のとおり道が狭くなり、音が鳴るのを防いでくれるという方法です。絶対にお腹がならないようしたいけれどお腹がなりそうになったときだけ力を入れれば良いのでそこまで疲れません。ぜひ実践してみましょう。

「ギュルル」が鳴らない方法

お腹から「ギュルル」という音が鳴るときは、空腹の場合よりも胃腸を壊してしまった場合の方が多いです。これを鳴らないようにするには、まず胃腸がびっくりしてしまうような油ものや糖質を絶対摂りすぎないようにしましょう。

しかしどうしても食べすぎてしまうときもあるので、そんなときはツボを押します。手の甲の人差し指と親指の付け根の間にある「合谷」と呼ばれるツボが、身体の不調に全体的に効くのでぜひ活用しましょう。

「ぶお〜」が鳴らない方法

お腹から「ぶお〜」という音が聞こえるときは少し危険なサインの可能性があります。「腸閉塞」という病気になっていることがあります。「腸閉塞」とは癒着などで狭くなった腸に食べ物が詰まっている状態のことです。

これを防ぐためには食生活に気をつけてください。また「腸閉塞」になってしまったら絶対すぐに病院へ行ってお医者さんの指示を仰ぎましょう。

絶対にお腹がならない方法をマスターしよう!

ここまでたくさんの絶対にお腹がならない方法をご紹介してきました。どれも簡単ですぐに実践できる方法ばかりでしょう。ぜひ、電車の中やオフィスや教室などで一度試してみてください。

ご自分のパターンや状況によってお腹のなり方は異なります。そのときどきに合わせた方法をマスターしてみましょう。絶対にならない方法がきっと1つは見つかるのでぜひ試してみてください。

お腹がなりそうなときにおすすめな食べ物

お腹がなるときは多くの場合、お腹が減っているときです。お腹がならないようにするためにおすすめの食べ物をいくつかご紹介していきます。

身近な食べ物ばかりなので積極的に摂取して、お腹がならないようにしてみましょう。

1.良く噛んで食べるもの

空腹でお腹がならないようにするためには、空腹感を紛らわすことができる、良く噛んで食べるものが良いです。たとえば、スルメイカやおしゃぶりこんぶなどのおつまみがおすすめです。

ゆっくり口の中で噛み締めることができて、アミノ酸が気持ちを和らげる効果を持つからです。油脂を含まずに炭水化物量の少ない低エネルギー食品が多いので、安心して食べることができます。

2.重量があるもの

ある程度の重さのものが胃袋に入ると、食欲が満たされます。量がありカロリーの低い食べ物がおすすめです。例えば、低カロリーゼリー類など甘味料でカロリーを抑えたものや、飲むタイプなど手軽なものがたくさんあります。

これらをパッと摂ることで満腹感が得られ、空腹によってお腹がならないようになる、という仕組みです。

3.水分が多いもの

お腹がなりそうになったらまずは水分を摂りましょう。飲み物も良いですが、コンビニなどで多く揃っているインスタントスープは少量で満足感があるのでおすすめです。暖かい水分を少しづづ摂ると、空腹は和らぐといわれています。

お湯で溶くだけのコンスメスープやコーンスープなどを常備しておくと便利です。ここで、野菜やビタミンが豊富な種類のスープをセレクトすれば、同時に栄養も摂取できるので一石二鳥です。

4.ナッツ類

すぐできて効果絶大!仕事中にお腹を鳴らなくする方法|お腹がならない方法をマスターしよう!

ナッツそのものはカロリーが高めですが、少量を良く噛んで食べると一時的な空腹はおさまります。ナッツは糖質が少ない食材ですので、少量を良く噛んで食べると体脂肪の原因になりにくく、ビタミンミネラルの補給ができるのでおすすめです。

たとえばアーモンドであれば上限10粒程度が目安となります。

お腹の音は絶対まわりにひびくのか?

いかがでしたか。ここまで絶対にお腹が鳴らない方法をいくつかご紹介してきましたが、お腹がなるというのは生理現象なのでどうしてもなってしまうこともあります。

しかし、実際にお腹がなる音についてしっかりと考えたことはありますか。よほど静まりかえった中でない限りお腹の音は絶対にそこまで響きません。また、親密な中であればお腹がなった音を会話のネタにして盛り上がるのも良いです。

臨機応変に対応していきましょう。

Related