Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月31日

看護師の簡単なまとめ髪のやり方|クリップ/おだんご/シュシュ

看護師として勤務をしていると、身だしなみに注意をしなければなりません。身だしなみを整えていなければ不潔な印象を患者さんに与えてしまいますし、ケアや処置をするときに邪魔になりますよね。看護師の髪型のポイントについて紹介しますので、参考にしてくださいね。

看護師の簡単なまとめ髪のやり方|クリップ/おだんご/シュシュ

看護師の簡単なまとめ髪の方法

看護師の簡単なまとめ髪のやり方|クリップ/おだんご/シュシュ

最初に、看護師におすすめのまとめ髪の方法について紹介します。髪の毛をまとめることが苦手な方や「朝時間がなくて、髪の毛をまとめることができない」という方は、一度試してみてください。

クリップ

髪の毛の長さがセミロングよりも長い場合、クリップを使用すると誰でも簡単にまとめ髪を作ることができます。例えば、雑貨屋さんや100円ショップなどで簡単に購入できる夜会巻き専用コームを使用すると、簡単にきれいな夜会巻きが完成します。慣れてくると30秒もあればまとめ髪を作ることができるため、非常に簡単でオススメです。

また、あらかじめゴムで髪の毛を後ろで一つにまとめておくと、バンスクリップやバナナクリップでまとめ髪を作ることができます。ゴムで髪の毛をくくって、クリップで髪の毛を挟むだけですので、短時間でまとめ髪を作ることができます。時間のないときにでも簡単にできますので、ゴムとクリップを用意しておくと安心でしょう。

おだんご

看護師のまとめ髪と聞いてまず思いつくのが、おだんごでしょう。おだんごを作る方法は、簡単に分けると2種類あります。

まず、ゴムとヘアピンを使用する方法です。耳の後ろ程度の高さで一つにゴムで結び、その後、毛先をねじりながら時計回りにゴムに巻き付けていきます。巻き終わりをピンでゴムの根元に止めることで完成します。

髪の量が多い方や長い方は、耳の後ろで一つにくくる際毛先を完全に抜き切らずに少し引き抜くだけにしましょう。その部分に毛先を巻き付けると、簡単におだんごを作ることができます。

「ゴムとヘアピンだけでは、きれいなおだんごができない」という方は、ネットを使用しましょう。耳の後ろ程度の高さで一つにくくり、毛先をネットに押し込むだけです。その後、
ネットが外れないようにピンで固定すれば完成します。

きれいなおだんごのまとめ髪を作るには、練習と慣れが必要です。次第にきれいに素早く作ることができるようになります。

シュシュ

最近は、看護師の方もよくシュシュを使用してまとめ髪を作っています。一つにくくるだけでも少し華やかな印象になりますし、ゴムと同じように簡単にまとめ髪を作ることができます。また、シュシュを利用するとおだんごも簡単です。

しかし、病院によってはシュシュが禁止となっている場合もあります。また、シュシュは非常にかわいらしいデザインのものが多いので、仕事中に使用するのであれば黒・紺・茶色で、アクセサリーなどがついていないシンプルなデザインのものを使用してまとめ髪を作るようにしましょう。

長さ別看護師のまとめ髪

看護師の簡単なまとめ髪のやり方|クリップ/おだんご/シュシュ

看護師として働きながらも、おしゃれな髪形を楽しみたいです。そのため、普段は髪型をアレンジしている方も多いでしょう。しかし、看護師として勤務している間は、仕事の邪魔にならない髪型でなければなりません。髪の長さ別のまとめ髪の工夫について紹介します。参考にしてください。

ロングヘア

ロングヘアの方は、できればおだんごを作るようにしましょう。ゴムで一つにくくるだけでもいいですが、下を向いたときに毛先が患者さんにかかってしまうことがあります。

また、おむつ交換や創傷の処置を行う際に一つにくくっているだけだと、毛先が汚染されることもあります。すぐに洗い流すことはできませんので、不潔な状態のままで看護師としての仕事を行わなければなりません。

ロングヘアの方は、耳の後ろよりも下の位置でおだんごを作るようにしましょう。患者さんからの印象もよくなります。

ミディアムヘア

ミディアムヘアの場合、おだんごを作ることは難しいでしょう。そのため、耳の後ろくらいの位置で一つにくくるだけでも大丈夫です。一つにくくるだけだとゴムの色が見えますので、シュシュと同様で黒や紺・茶色などでアクセサリーのついていないシンプルなデザインのものを使用するようにしましょう。

もし、ミディアムヘアであってもおだんごを作ることができれば、おだんごヘアにしましょう。一つにくくるだけよりもおだんごヘアの方が、患者さんからの印象が良くなります。

ボブ

髪の毛がボブの長さだと、まとめ髪を作ることは難しいです。一つにくくることすら難しいという場合もあるでしょう。

ボブの長さでくくることが難しければ、無理にくくる必要はありません。しかし、髪の毛がぼさぼさだったり毛先が顔にかかると、患者さんから不潔な印象を持たれてしまいます。不潔な印象を持たれないように工夫してください。

毛先が邪魔と感じるのであれば、耳の後ろより上の髪の毛をハーフアップにしてゴムやクリップでとめましょう。

ショートヘア

ショートヘアの方は、特にまとめ髪を作る必要はありません。長さが短いため、特に何もしなくても患者さんから不潔な印象を持たれることはありませんし、処置やケアをする際に邪魔になることもないでしょう。ヘアピンなどを使用する際は、シンプルなデザインのものを使用するようにしてください。

看護師の仕事はまとめ髪必須?

「看護師の仕事は、なんでまとめ髪が必須なの」と感じることはありませんか。まとめ髪を作るのは面倒ですし、看護師として働いているときもおしゃれな髪形を楽しみたいでしょう。

しかし、まとめ髪を作らなければ、先ほども紹介してるように患者さんに不潔な印象を持たれてしまいます。また、処置やケアをするときに清潔操作が必要な場面が多々あります。しかし、下を向いたときなどに髪の毛が顔にかかると邪魔になりますし、清潔操作中のため手で髪の毛をのけることもできません。

看護師として働いている時間は、髪の毛が長ければまとめ髪を作るようにしましょう。

髪をまとめる際のポイント

看護師の簡単なまとめ髪のやり方|クリップ/おだんご/シュシュ

最後に、まとめ髪を作る際のポイントを紹介します。看護師の皆さんは参考にしてください。

前髪は目にかからないようにする

前髪の長さが長い場合、前髪が目にかからないようにしましょう。前髪が目にかかっていると、患者さんからの印象が悪くなりますし、仕事中に邪魔になってしまいます。また、清潔操作が必要な場面では、前髪が落ちてしまうと不潔になるため特に注意が必要です。

前髪の長さが目にかかってしまう場合、ヘアピンで目にかからないように固定をしたり、前髪を後ろの髪と一緒にまとめてしまうようにしましょう。

ヘアピンの本数を決めておく

皆さんは、まとめ髪を作る際に使用するヘアピンの本数を決めていますか。多くの看護師は、特にヘアピンの本数に注意をしていないでしょう。

小児科や新生児科、精神科などに勤務をしている看護師の皆さんは、特にヘアピンの本数を決めておくようにしてください。万が一落としてしまった場合、患者さんが誤飲をしてしまう可能性があります。

ヘアピンの本数を決めておき、休憩時間や勤務終了時には、使用していたヘアピンがきちんとあるか確認する容認しましょう。

予備のヘアピンを持っておく

勤務を開始する前はきれいなまとめ髪だったとしても、看護師の仕事は非常にハードですので、すぐに崩れてしまいます。また、まとめ髪を直す際にヘアピンを紛失してしまうこともあるでしょう。

できれば、仕事をする際は予備のヘアピンを用意しておいてください。予備のヘアピンがあれば、いつでもきれいなまとめ髪を直すことができます。

崩れないように工夫を

先ほども書きましたが、看護師の仕事はとてもハードです。そのため、看護師として勤務をしていると、すぐにまとめ髪が崩れてしまうでしょう。ワックスやスプレーなどを使用し、まとめ髪が崩れないように工夫をしてください。特に、雨紛的に短い髪の毛がある方は、ワックスやスプレーを使用することで崩れにくくなります。

休憩中にさっと治すことができるよう、持ち運びのできるサイズのものも用意しておくといいでしょう。

看護師としてふさわしい髪型を心がけましょう

看護師の簡単なまとめ髪のやり方|クリップ/おだんご/シュシュ

最近は、おしゃれな髪形を楽しんでいる方が多いでしょう。しかし、看護師として働くには清潔感のある髪型が大切です。髪の毛の長い看護師の皆さんは、後ろでまとめたりおだんごを作り、清潔感のある看護師らしいまとめ髪を作るようにしましょう。

今の職場は自分に合っていますか?

看護師に憧れて就職してみたけど、
看護師を辞めたくてしょうがない...
なんでかわからないけど、今の仕事が辛い...
と、思い悩んでいませんか?

ナースミルにも、仕事がつらいという悩み人間関係についての相談の声がよく寄せられてきます。

いまのままでいいのかな...?
みなさん、不安を抱えながら働いているようです。。

もし「辞めたい」とお考えの方がいましたら、相談するのに最適な看護師専門の転職エージェントを下記にご紹介します。まずは、あなたの状況を相談してみて、転職するかどうか決めてみましょう。

当然ですが、利用は完全無料です。もちろん、転職エージェントに登録したからといって必ず転職する義務はないので安心してくださいね。

Related