Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月30日

看護実習が辛いときの対処法・辛い瞬間・辛い看護実習の特徴

看護実習を辛いと感じたことはありますか?看護師になるためには欠かすことができない看護実習は辛いと感じる人が多く、ここで挫折してしまう人も多いです。看護実習が辛い理由や対処法などを知って、上手に看護実習をやり遂げましょう。

看護実習が辛いときの対処法・辛い瞬間・辛い看護実習の特徴

看護実習が辛いときの対処法は?

看護実習が辛いときの対処法・辛い瞬間・辛い看護実習の特徴

看護師になるためには大学や専門学校などで勉強をし、すべての課程を修了して看護師の資格試験に合格しなければなりません。看護師になるための課程としては、看護実習というものがあり、現場に出て実践形式で実習を行っていきます。

看護の現場は大変なものですし、現役の看護師でさえ大変に感じていることは多いです。現役の看護師でも大変ですので、まだ資格を取得していない学生であればさらに大変に感じますし、辛いと感じてしまっても仕方ありません。

看護実習を辛いと感じてしまう人は多く、それは仕方ないことでもありますが、その気持ちに上手に対処していくことが大切です。看護実習が辛いと感じる場合は、どのような方法で対処していけばいいのでしょうか。

割り切る

看護実習が辛いと感じる場合は、看護師になるための試練の一つだと考えて割り切ることが大切です。看護実習の時点で辛いと感じたり、上手くできないことは当たり前であって、特別なことではありません。

誰しもできなくて当然ですし、できないことがあるからといって劣っているわけではありませんし、気に病む必要はありません。また看護実習の段階で辛いと感じていて、看護師になってやっていけるだろうかと心配する人も多いですが、その心配もありません。

現役の看護師でも辛いと感じながら仕事をしている場合もありますし、慣れさえすれば誰でも看護師の仕事を続けることはできます。看護実習は大変なものですので、試練の一つとして割り切って対処していきましょう。

看護実習が辛いと感じる瞬間は?

看護実習が辛いときの対処法・辛い瞬間・辛い看護実習の特徴

看護実習は大変なものですし、辛いと感じる人は多いです。人によって辛いと感じる理由や原因などは違いますが、辛いと感じる瞬間は共通していることが多いです。看護実習を乗り切るためには、どんな瞬間に辛いと感じるのかを知っておくことも大切です。

辛いと感じる瞬間を知っておけば、仮にそのタイミングが訪れた場合でも、対処することができますし、辛い気持ちを軽減することができます。先に辛い瞬間を知っておけば、割り切って考えることもできますし、辛い瞬間を知っておき、それに備えておくことが大切です。

看護実習は大変ですが、備えがあれば乗り切れないものではありません。看護実習が辛いと感じる瞬間を知っておき、その瞬間にしっかりと備えておきましょう。

できることがない

看護実習が辛いと感じる瞬間としては、できることが何もないときが挙げられます。看護実習は忙しいことも多いですし、さまざまな業務を任されて大変な思いをすることもありますが、できることがたくさんあるうちは疲労は感じても、辛いと感じることはあまりありません。

むしろ疲労が心地良い充実感に変わる場合もありますし、できることが多い分には特に問題がない場合も多いです。しかし仮に任されている仕事内容が少なく、仕事量としては楽な場合でもできることがほとんどないと、辛いと感じてしまう人は多いです。

看護実習の段階ではまだ正式な看護師ではありませんので、できないことがあって当然ですが、あまりのできなさに無力感を感じ、辛いと感じてしまう人は多いです。

辛い看護実習の特徴は?

看護実習が辛いときの対処法・辛い瞬間・辛い看護実習の特徴

看護実習を辛いと感じる人は多く、ここで挫折してしまう人も多いです。しかし看護実習すべてが辛いわけではありません。辛いと感じる実習もあれば、それほど辛いと感じることはなく、むしろ楽しく終えることができたという場合もあります。

看護実習自体が辛いわけではなく、その環境や実習の内容などによって辛いかどうかが決定することが多いです。辛い看護実習には特徴があり、それに当てはまっている場合は辛さを感じやすいので注意が必要です。

看護実習は実習先は決められていますし、本人にはどうしようもないことも多いですが、心構え一つで感じ方は違ってきます。辛い看護実習の特徴を知っておき、自身が臨むものがそれに当てはまっていないかどうかを確認しておきましょう。

激務

辛い看護実習の特徴としては、激務であることが挙げられます。看護実習では現場の職業体験ととおして看護師としてのスキルを身に付けるというものであり、基本的には勉強の一環として考えられています。

実習生ではそれほど戦力にはなりませんし、基本的には職業体験として考えられていますが、病院によっては実習でもやらなければならない業務が多く、激務である場合もあります。看護師は人手不足の業界ですし、病院によっては実習生の手を借りたいほどに忙しい場合もあります。

忙しい病院にあたってしまうと、こなさなければならない業務が大量にあり、辛いと感じてしまいます。また業務量が多い上に求められる能力なども高い場合も多いので、しっかりと気を引き締めてから臨まなければなりません。

看護実習はみんな辛いと感じている?

看護実習が辛いときの対処法・辛い瞬間・辛い看護実習の特徴

看護実習は大変なものですし、辛いと感じてしまうことも多いです。しかしこれは誰しも感じていることであり、辛いと感じるのはおかしなことではありません。看護実習は現場での仕事をとおして看護師としてのスキルを身に付ける一方で、看護師の仕事の厳しさを味わうためのものでもあります。

看護師は患者の命を預かっている仕事ですし、ミスは許されない厳しい仕事です。患者によっても特徴や性格は違いますし、すべてが教科書どおりにいくわけではありません。不測の事態にも対応しなければなりませんし、臨機応変な対応力や体力、精神力なども求められます。

看護実習では看護師の厳しさを知る目的もありますので、辛いと感じたからといって、それだけで看護師になるのを諦めないようにしましょう。

看護実習が辛い・辞めたいと感じたときの対処法は?

看護実習が辛いときの対処法・辛い瞬間・辛い看護実習の特徴

看護実習は大変なものであり、そのあまりの大変さに辛いだけではなく辞めたいと感じてしまう場合もあります。辞めたくなるほどに大変なものではありますが、ここで辞めてしまっては今までの努力がすべて無駄になってしまいます。

看護師になるためには、さまざまな勉強をしなければなりませんし、長い期間勉強をしなければなりません。ここで辞めてしまうと長期間した勉強も無駄になりますし、学費なども無駄になってしまいます。

辞めたいと感じたからといって、すぐに諦めるのではなく、その気持ちにも上手に対処していくことが大切です。看護実習を辞めたいと感じた場合も上手に対処して、看護師になる夢を諦めないようにしましょう。

誰でも最初は初心者

看護実習が辛く、辞めたいと感じた場合は誰もが最初は初心者であることを思い出しましょう。看護実習で上手くいかないと将来やっていけるのか不安になってしまう人も多いですが、初めからすべて上手くできる人などいません。

看護師の資格を取得して、病院で働き始めても最初は上手くいきませんし、資格者であっても上手くできないことが、無資格の実習生で上手くできるはずもありません。看護実習で上手くできないのは当たり前のことですし、これからスキルを伸ばしていけばいいだけの話です。

できないからといって、落ち込む必要はありません。最初は誰でも初心者ですので、初心者としてできることから考えていきましょう。

看護実習を乗り越えて看護師を目指そう

看護実習が辛いときの対処法・辛い瞬間・辛い看護実習の特徴

看護実習を辛いと感じる理由やその対処法を紹介しましたが、看護実習は大変なものであり、辛いと感じても仕方ありません。しかしこれを乗り越えないことには看護師になることはできません。

辛いからといって投げ出すのではなく、それに向けて努力し、乗り越えていくことが大切です。看護実習は努力次第で乗り切ることができますし、事前の準備次第でも大変さを軽減させることができます。しっかりと備えて、辛い看護実習も上手に乗り越えていきましょう。

Related